赤ちゃんが高熱なのに手足が冷たいのはどうして?その原因と対処法


小さい赤ちゃん高熱を出すと慌ててしまいますよね。体温計で熱を測ると高熱熱なのに手足は冷たいなんて経験ありませんか?赤ちゃんが高熱なのに手足が冷たいのはどうしてなのか?またその原因と対処法をしらべてみました。


スポンサーリンク



【スポンサーリンク】

熱が出たら・・・

赤ちゃんに病気はつきもの。体温調節機能が発達しきっていないので急な発熱で39℃以上出すことも珍しくありません。

症状が熱だけで顔色も悪くなければまずは安静、そのまま様子を見ましょう。

顔色が悪くて寒がるようなら部屋を暖めて布団を増やします。熱が上がりきると顔が赤くなり汗をかき始めるので、布団を減らして手足を外に出して熱を体の外へ逃がします。

肌着はこまめに取り換え、可能であれば蒸しタオルなどで体を拭いてあげましょう。汗で濡れたままの服を着ているとせっかく下がった熱がまたぶり返して上がってしまいます。

汗が出始めたら水分を少量に分けて与え、熱冷ましをします。熱を出すとおでこを冷やしてあげたくなりますが、赤ちゃんは嫌がるしあまり効果は高くありません。

39℃を超える高熱の場合は濡れたタオルで首の付け根やリンパ、わきの下を冷やしてあげると効果的です。冷やしすぎると急に体温が下がることもあるので様子を見ながらにしましょう。


スポンサーリンク



【スポンサーリンク】

手足が冷たいのは大事なサイン

高熱を出しているのに反比例して手足が冷たく、体が震えていることも。

これは、まだこれから熱が上がるというサインです。すなわち、まだ体を冷やしたり解熱剤を入れる時ではないという事です。毛布などで体を温めて靴下を履かせるなどしましょう。

温めて手足も熱くなれば熱が出きった証拠。熱冷ましを始めます。

状態はまめにみて、手足の温度の変化で体を温めるのか冷やすのかを判断しましょう。
【スポンサーリンク】

病院へ連れて行くタイミング

「熱の高さと上がり下がり」「他の症状を伴うか」「水分や食事をとって、おしっこをしているか」の3つが重要です。

体温のボーダーラインは37.5℃。ぐったりして何も食べない・飲まない、数時間おしっこが出ない、呼吸を全身でしている、急に熱が39℃に上がった、熱が上がったり下がったりを1日繰り返した場合などは病院を受診しましょう。熱の高さよりも上がり下がりが重要と言われているので、受診する場合にはどのように上がり下がりしているのか経過を記録していくとお医者さんが診断しやすくなります。

37.5℃以下の熱でも、吐いたり顔色が青ざめていたり、震えている、呼吸が早い、反応が鈍いなどの症状がある場合には病気のサインの可能性もありますのですぐに病院を受診しましょう。

38℃くらいの熱でも元気で母乳やミルクを飲める場合は緊急度は高くありません。赤ちゃんは脱水症状を起こしやすいので注意してください。

熱を出してもすぐに下がる事もあるので判断が難しいですが、心配であれば病院や自治体の小児救急電話相談(#8000)に連絡をすれば安心です。


スポンサーリンク



【スポンサーリンク】

ママに出来ること

体調不良を訴えているときに一番安心するのはやはりママの存在。
高熱が出ている時は非常に体力を消耗します。なので睡眠がかなり大切になってきます。食欲が落ちて食べ物が通らなくとも、睡眠だけでもとれれば早い回復へとつながります。

熱が上昇中で手足が冷たいときは寒さを訴えているときなので、ママのだっこにより体温のあたたかさで安心して眠りにつくこともあります。

熱が下がってきて暑がるようならば、ママの腕に氷枕を抱え、赤ちゃんの頭をその上にのせて寝かしつけると安心できます。
【スポンサーリンク】

慌てず、騒がず・・・

我が子の急な発熱や苦しむ姿に、慌てて騒いでしまうのが親の心情というものです。が、慌てると病院を受診する時に必要な母子手帳や保険証を忘れたり、注意散漫で移動時の事故も起こしかねません。

騒ぐと普段と違う親の態度を赤ちゃんは感じ取り不安になってしまうので、冷静になって赤ちゃんを助けてあげましょう。

こういう時こそママの存在が大事。ママも看病大変ですが我が子の元気な笑顔のために親子で乗り切りましょう。

コメント