突然、登園拒否して泣くように!?子供の気持ちと正しい対処法

子供が幼稚園に入園して、いざ幼稚園生活が始まる時、泣いてしまわないか?と心配するママは多いのではないでしょうか?

産まれてから長い時間、ママと離れた事のない子は、どんな心境、状態になるのかママは気が気じゃありません。しかし、ママの心配をよそに泣かずに「バイバイ」と言って幼稚園に行き、親の心子知らずとはよく言ったものです。

初めの頃は、幼稚園に行く時に泣く子、泣かない子さまざまです。どこに行くのかわからずママと離されてしまう不安は、子供にとってはつらいもの。しかし、入園してすぐの頃には泣いてなかった子が突然、行きたくないと泣き出すことが多々あります。今まで幼稚園に行く時に泣く事なんてなかったのに、いきなり泣いて拒否が始まると、ママは幼稚園で何か嫌な事があったのかと心配になるのが親心。今回は、そんな不安定な子供の気持ち泣いた時の対処法についてお話ししたいと思います。


登園時に泣く時の対処法

昨日までは元気に幼稚園の準備をしていたのに、朝起きてから何だか元気がなく、ウルウル状態になっていまい困った経験のあるママは少なくないはず。登園の時間も迫り、時間もない中泣いて拒否が始まると、ついつい怒ってしまう事も。

しかし、「幼稚園に行きたくない」と泣いている時には、決して怒ってはいけません。子供は、さまざまな感情が入り混じり、複雑な心境になっている状態です。そこで怒られてしまうと、子供はより不安になり登園拒否が長引いてしまいます。そこで、幼稚園に行く時に泣いてしまう子供への対処法を紹介していきましょう。


まずは子供の話を聞いてみよう

まずは、泣いた事には触れず、子供の話に耳を傾けてみましょう。幼稚園で嫌な事があったのか、少し寂しくなってしまったのか、子供の中にはいろいろな感情があって泣いているのです。

子供の話を聞く事でまずは子供がどう思っているのか感情を理解しましょう。意外なところに原因がある事もあります。原因がわかれば話をして解決する事もできるので、時間のない朝には大変かもせれませんが、子供に気持ちを吐き出させてあげましょうね。


泣いていても淡々と準備をする

親とは、子供の様子を見ればその時の気持ちがわかる時がありますよね。ただ何となくわがままで「行きたくなーい」と言っている場合も。そんな時に泣いている子供を心配して優しく声をかけ続けると「このままわがままを言えば幼稚園休めるぞ」と泣き続ける事があるのです。そうなっては困るので、泣いていても気にせずに淡々と準備をしましょう。そのうち子供も「泣いても無駄だな」と諦めます。

そして幼稚園から帰って来てから、タイミングを見計らいじっくりと話を聞いてあげて下さい。すると、子供も幼稚園に行って帰ってきた頃には、朝泣いていた事など忘れてケロッとしている事がほとんど。その場合は、気にしなくて大丈夫です。

ママが毅然とした態度を取っていれば子供もすぐに諦めて「幼稚園には行かなきゃいけないんだな」と泣かずに行くはずです。幼稚園から帰って来てからも元気がなく、しょんぼりしている時にはしっかりと帰って来てから理由を聞きだしてみましょう。気を付けなければいけないのは、無理に聞き出そうとしないこと。子供が自然と話せるように時間をかけて聞いてあげるようにしましょうね。


笑顔で見送ってサッと立ち去る

子供が自分を求めて泣いている姿を見てしまうと、ママはつらくなってしまい、つい送り出すときにママまで泣き出しような顔になってしまいます。泣いている我が子を見ていながら、その場を離れるのは後ろ髪を引かれる思いなのはわかります。しかしそれでは、子供はなおさら不安になります。

どんな時でもママは「がんばって行っておいで!」「ちゃんと後でお迎えに来るから!」と子供が安心できるように声をかけてあげて、笑顔で送り出してあげましょう。そしてすぐに立ち去ってください。

いつまでもママがそこにいては、子供も寂しい気持ちが増すばかりです。すぐに立ち去ってしまえば子供も諦め、幼稚園の先生が気持ちの切り替えをしてくれます。心苦しいとは思いますが、幼稚園に預ける以上は、先生に子供を託しママはサッと去るようにしましょう。


幼稚園に行く時に泣く時の子供の気持ちってどんな気持ち?

登園する時に泣いて嫌がる子供の心境とは、どういったものなのでしょうか?寂しい悲しい不安などさまざまな感情が入り混じっています。
どういった状況で、どんな気持ちになっているのでしょうか?いくつかのパターンを紹介します。


ママと離れるのが不安で寂しい

入園してすぐは新しい経験ばかりで刺激も多く、楽しく過ごしていた幼稚園生活も、少し経てば慣れてきて、ふいにママを思い出す瞬間があります。その場合は、幼稚園の中では泣かずに、帰って来てからも家で泣く事はありません。いざ登園する時に急に寂しさを感じてしまい、「ママと家にいたい」と涙が出てしまうのです。

ママ冥利に尽きますが、ママや家族と離れて幼稚園での集団生活は子供にとってとても大切な経験になります。出来る事なら笑顔でバイバイして幼稚園生活を楽しんでほしいですよね。「ママと離れたくない」と泣いてしまう時には、「必ず迎えに来るからね」と一言伝えてあげて、きちんと笑顔で送り出してあげる事で子供も安心できます。


幼稚園で友達とトラブルがあった

朝、幼稚園に行きたくないと泣く場合には、幼稚園で何らかの子供同士のトラブルがあった可能性もあります。幼稚園児同士では、喧嘩はあっても特定の子がいじめられるという事はないので、子供同士悪気のない事でも子供は傷ついてしまう事があるのです。それはとても些細な事でも。

例えば、

「おもちゃ貸してって言ったのに貸してくれなかった」
「鬼ごっこしたいって言ったのにしてくれなかった」

など理由はさまざまです。

今までは家の中にいて多くの子供と関わる機会のなかった子供は、まだ自己中心的にしか考える事の出来ない子供同士でぶつかってしまう事があります。あれがしたい、これがしたいなど、譲るということができない子供同士では、自分の意見を通すことができずに、その嫌な気持ちを引きずってしまうのです。

その場合には、子供の話をさえぎらずに最後まで聞きます。そして、子供の気持ちを否定せずに一旦受け止めてあげましょう

「そうだよね。○○ちゃんは、おままごとしたかったよね。楽しいもんね。
でも他のお友達はその時は違う事がしたかったんだと思うよ。
そんな時は、じゃあその次におままごとしようよ、って言ってごらん。」

と、初めは子供の気持ちを受け止めてから、お友達の子の気持ちを代弁するように、理解しやすいよう話をしてあげましょう。


先生に怒られた

子供は、親以外の大人に怒られるという経験はあまりありません。ママと子供の間には信頼関係があり、たとえ怒られたとしても、子供との関係がこじれる事はありません。

しかし、先生と子供ではまだ信頼関係も少なく、そんな中怒られてしまうと、子供は注意された程度でも萎縮してしまう事があります。もちろん先生も子供を注意しなくてはいけない存在なので、これは仕方ありません。なぜ先生に怒られてしまったのか? 子供に理解出来るように改めて話をしてあげて下さい。きちんと理由がわかれば、子供も先生との信頼関係が崩れる事はないのです。


幼稚園に通いだす頃の子供の気持ちは複雑

子供が真新しい制服を着て親元から離れ、自分だけの世界を作り出す幼稚園生活。そんな姿は、我が子の大きな成長を感じる時だと思います。しかし、子供自身は大きな生活と環境の変化に戸惑ってしまう時期でもあるのです。どんなにおしゃべりが上手になっていたとしてもまだ、自分の気持ちをはっきりとした言葉で表現する事が出来ずに、もどかしさを抱えているのかもしれません。そんなもどかしい気持ちを抱えている時期には、子供の気持ちも複雑に変化していきます。

少なからずストレスを感じている場合には、症状がおねしょで出ないとも限りません。おねしょをするようになったり、家の中でママにべったりくっついて離れなくなったり。子供なりに何か自分の気持ちの変化を違う形でママに伝えようとしているのです。子供の小さな変化に気付き、子供の不安を取り除き、楽しい幼稚園生活を送れるようにフォローしてあげましょうね。

コメント