義両親の孫フィーバー⁉ 困った時の対処法

赤ちゃんが産まれてママの体はまだ満身創痍の中、休む間もなく始まる育児。初めての育児の困惑しながらも、つらい体に鞭打って頑張っているママは多いと思います。しかし、どんなに育児がきつく感じても、可愛い我が子の笑顔には変えられないものです。

そんな可愛い赤ちゃんの誕生を両親の次に心待ちにしていたのは、おじいちゃん、おばあちゃんではないでしょうか?ましてや初孫だった場合、可愛がり方は度を越す事もあります。可愛い孫に会いたいがため、こちらの都合も気にせずに訪問してきたり、実家に遊びに行けば孫を一切さないなど、ママとしては少し困る事も。しかも、相手は夫の両親。あまり強く言って関係が崩れてしまうのも嫌ですよね。そこで今回は、義両親が孫フィーバーになってしまい困った時の穏便に解決する対処法を紹介します。


迷惑な孫フィーバーの対処法

赤ちゃんが産まれてから、義両親が少し鬱陶しく感じてしまった事のある人は少なくありません。ようやく昼寝してくれたと思った時に予告なしの突然の訪問や、必要のない服やおもちゃの差し入れ、一緒にいれば抱っこすらさせてもらえないような状況を作られるなどの孫フィーバーのお話をよく聞きます。産後で疲れ切っている体を休めたいのになかなか帰ってくれない義両親に、時にはイライラしてしまう事もあるのです。イライラしてしまう一方、義両親との関係は良好に保ちたい気持ちも。孫フィーバーに陥ってしまった義両親のさまざまなシーンでの対処法をみていきましょう。


突然の訪問にはどうすればいい?

突然予告もなしに家に訪問されるのはとても困りますよね。赤ちゃんが寝ている時もあれば、自分の身なりも十分に出来ていない時もあります。しかし、そんなのはお構いなしでやってくる義両親。どうすればいいのでしょうか?

一番の方法はもちろんはっきり伝える事です。注意すべきなのは言い方

「突然来られても迷惑です。」と言ってしまうのが失礼ですし、今後の関係悪化にも繋がりかねません。

「赤ちゃんの顔を見に来て下さるのは嬉しいのですが、ご連絡を頂かないと大したお構いも出来ないので来る際には一度ご連絡をいただけると助かります。」
と、やんわり伝えるようにしましょう。大抵の場合はこれで察してくれます。

しかし、中にはこれでは通じない事もあります。その場合は、
「赤ちゃんが寝ている時間もあります。お昼寝の時間だとせっかく会いに来て頂いたのに遊べないのは残念なので、起きている時間を伝えるためご連絡下さいね。」
とお伝えしましょう。

赤ちゃんの起きている時間に会いたいですよね?というニュアンスで伝えるのがポイントです。また、「来る事」が迷惑なのではなく「突然来る事」が困る事を伝えましょう。


服やおもちゃを大量に買ってくる

これは、有難いと言えば有難いかもしれませんが、度を超すと迷惑になりかねません。置く場所も困りますし、好みではない服を大量に貰っても着せる機会もなく、収納もかさばりますよね。しかし、これも「買って来ないでください」とは言いづらいものです。

そんな時にはまず感謝を伝える事です。

「いつも可愛いものをありがとうございます。次からは是非一緒に買い物に行かせてください。」
可愛いお嫁さんになりましょう。すると、自分の好みの服を選ぶ事が出来ます。

一緒に買い物に行くのも嫌という人は
「子供の服はすぐにサイズアウトしてしまい、せっかくの可愛い服も着せる機会がなくてもったいないので、子供服は今頂いてる分で十分です。」
と言うようにしましょう。義両親も良かれと思って買っているものなので、着せる機会がない事を伝えるようにして下さい。

また、おもちゃの場合は
「この前頂いたおもちゃを今気に入っていてずっと遊んでいるので、しばらくはこのおもちゃで遊ばせてあげたいと思います。」
とお気に入りが見つかったと伝えましょう。


赤ちゃんを抱っこしたまま離さない

義両親の実家に行くと、赤ちゃんを抱っこしたまま離してくれないというパターンが多いようです。孫が可愛い気持ちもわかりますが、おっぱいやお昼寝の時間で泣いているのにそのまま抱っこして離してくれないのは困りますよね。泣いている赤ちゃんを自分であやそうと必死になりママに返してくれないなどよく聞く話です。

そんな時には

「赤ちゃんがお腹空いているようなのでおっぱいあげますね。」
とはっきり言いましょう。赤ちゃんもお腹が空いて可哀相な状態なのです。

しかし、時には一筋縄ではいかない場合も。そんな時には、パパの出番!赤ちゃんを離さずに困ったという事が続けば、義実家に訪問する前に伝えるようにしましょう。
「赤ちゃんが泣いてしまったらママの所に来させるようにしておいて。それが出来ないなら赤ちゃんが可哀相だし、義実家には行かないから。」
くらいは言っておいて大丈夫です。義実家にいる時にどう立ち回れるかでパパさんの株は変わってきます。ママからすれば義実家は完全にアウェー。夫には常に味方でいてもらえるように事前に伝えておく事が大事になります。


なぜ孫フィーバーになってしまうの?

そもそもなぜ義両親は孫フィーバーに陥ってしまうのでしょうか?基本的に孫フィーバーになってしまうのは義母の事が多いのです。それは、大前提として息子が可愛いからというのが大きな理由になります。自分の可愛い息子の子供ともなれば離れたくなくなってしまう心境にも頷けます。

よく、子供は同性よりも異性の方が可愛く思えると言いますよね。義母からすれば異性の子供、所謂息子は小さな彼氏のような存在になるそうです。その子供は自分の子供と錯覚してしまうほど可愛がってしまうのです。

また、孫は子供と違って躾をする必要も、マナーを教える必要もありません。「親」という責任のない中、義両親は孫をひたすら可愛がるだけでいいのです。子供に対して可愛がるだけでなく、時に厳しく叱る事もあるのは「親」としての責任がそこにあるから。責任がなく可愛い赤ちゃんをただただ愛でるように可愛がればいいという立場は、時にママを困らせる存在になり得るのです。

“義両親”というママからすればとても気を使う相手に対して、「こうしてほしくないな」「あれはやめて欲しいな」という否定的な内容は言いづらいもの。これもまた孫フィーバーを加速させる要因になります。実際に、自分の親が孫フィーバーで困るという事はありませんよね。それは、「されて嫌な事は嫌」「やめて欲しい事はやめて」と言える関係だからです。

義両親ともそんな関係になれればいいのですが、嫁姑の関係がある以上一定の距離も必要になります。一定の距離を保ちつつも、自分の気持ちを言える関係を少しずつでも築いていく事も大事なのかもしれません。


まとめ:孫フィーバーも見方を変えれば

孫フィーバーにホトホト困り、義両親を嫌いになってしまうような心境に陥ってしまうママも少なくありません。しかし、義両親だって何もママを困らせたくてやっているわけではありません。孫と少しでも長い時間を過ごしたい、という気持ちが強いだけなのです。

中には、ママを少しでも楽にさせてあげようと優しさから取った行動もあるかもしれません。慣れない育児で疲れているママかもしれませんが、孫フィーバーになっている義両親と赤ちゃんの姿を一歩下がって見てみて下さい。そこには、自分の赤ちゃんが周りのみんなに愛されている姿が見えてきます。周り祝福され愛されている自分の子供を誇りに思いながら、いつまでも周りに愛される子供に育つように、ママも一息つきながら子育て頑張って下さいね。

コメント