保育園に入園し、夏になると始まるプール遊び。子供達も大好きな遊びの一つで、たくさん遊ぶ姿が見られます。夏が近づいてくると、保育園からもお便りで、プール道具準備のお知らせや、プールを始めるお知らせが届きます。でも、保育園児のプール道具って何を揃えたらいいの?どんなものをみんな持ってきているの?と持ち物に悩んだり、低月齢のお子さんになると、プール遊びってどんな事をするんだろうと疑問に思う事もありますよね。今回は、私が保育園で働いていた時のプール遊びや持ち物をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



プールパンツはどんな物を選べばいいの?

まず最初に準備をするのが、やっぱり、プールパンツですよね。保育園によってこれを準備してくださいと細かく指定する園もあれば、自由にしていいですよと言う園もありますので、まずは園のお便りを確認してくださいね。

自由に準備をしていい場合、オムツが外れていない未満児クラスの子供達は、水遊び用オムツを持ってきている方が多かったです。でも、普通のオムツを持ってきているお家もありますので、忘れてしまった場合でもプールに入れるので、安心してください。

未満児さんは長くプール遊びをする事がないので、水遊び用のオムツだけでも大丈夫です。もっと遊びたい!と着替えを嫌がるお子さんも多いので、オムツの上に水着を着せる事は園の決まりがない限りしないので、準備物に水着が無ければ、水遊び用のオムツで十分です。

オムツが取れる年少さんからは、水着になりますが、一番大事なのは「お子さんが簡単に着替えが出来るか」です。よく女の子の水着で背中がクロス紐になっている可愛い水着を持ってくるお子さんがいましたが、腕をどこに通したらいいのか混乱してしまう姿もありました。

また、ビキニタイプはおススメできません。一人で着たり脱いだりする事が、子供には本当に難しいので、出来るだけ避けましょう。

男の子は今、膝丈まであるタイプの水着もありますよね。でも、膝丈までの水着って子供は履きにくいんです。なので、デザイン重視ではなく、着やすさ、履きやすさを重視して選びましょう

プールパンツ以外の準備は何をすればいい?

プールパンツ以外に必要な持ち物は、バスタオル、フェイスタオル、替えの下着、年少さん以上のクラスだとプールキャップも必要になってきます。また、プール道具を入れるための、耐水性のカバンも準備する必要があります。

バスタオルや、フェイスタオルは濡れてしまったり、未満児クラスの子供達は下着を着てプールに入ります。なので、濡れた下着も一緒に入れるので、布製のカバンではなく、ビニール製のカバンを準備すると安心ですね。

替えの下着が必要なのは未満児クラスのお子さんです。プール遊びの時はタープを張ったりして日光が直接当たる事は無いようにしていますが、未満児さんは下着を着用して入る事が多いです。

スポンサーリンク



未満児クラスのプール遊びはどんなことをしているの?

未満児クラスのプール遊びは、まだ立てないお子さん、つかまり立ちをするお子さん用の浅いプール、立って遊べるお子さん用に広めの浅いプールを準備して、月齢に合ったプールで遊びます。水の量もお子さんの膝より少ないくらいの量になっています。

未満児クラスのプール遊びは基本的に、水遊びをして水に慣れさせたり、暑さを和らげるために行っています。保育士がじょうろでシャワーを見せてあげたり、ペットボトルや空の容器を使って水に親しむ事をしています。怖がるお子さんもいますが、そんな時は無理に入る事はせず、保育士の側でお子さんと一緒にバケツに汲んだプールの水で遊んでいます。

少しずつ慣れさせるために、身体が暑くならない為に、少量の水をお子さんたちにかける事もします。保育士も一緒にプールに入って、こんな事もできるんだよー!と一緒に遊び、子供達に水遊びを教えています。必ず、クラス担任が付きます。未満児クラスは複数担任なので、一人でお子さんを見る事はないので安心してください。

年少さんからのプール遊びはどんなことをしているの?

年少さん以降になると、水の量も増え、保育士も一緒に入り、水に慣れる事をしていきます。スイミングに通っているお子さんもいるので、顔を付けたりする事も始まってきます。顔を付ける事が怖くて出来ないお子さんもいますが、自分専用のペットボトルシャワーを使ってお友達と水のかけっこをしたり、ワニさんの泳ぎなど身体を使って水遊びをするので、少しずつ顔に少量の水がかかっても平気になってきます。保育士もクラス担任とフリー保育士がいます。また、プールの当番になっている職員もついていますので、安心してくださいね。

おすすめプールパンツ

BABY SWIM PANTS

これは私が保育士をしていた時に「今ってこんなパンツがあるの⁉」とビックリしたプールパンツです。日本製で、防水になっており、水遊びをしても、オムツと違って膨れる事がないタイプです。未満児さんは長く水遊びをしないのですが、やっぱりオムツだとパンパンになってしまいますよね。でもこのパンツはおススメです!そして何回も洗って使える所が凄く経済的で魅力の一つだと思います!

 

オムツパンツ

こちらも先程と一緒で何度も洗って使用できるパンツです。こちらは、トランクスタイプになっていますが、二重股立体ギャザーが中についていますので、赤ちゃんにもフィットして漏れも防げます。

 

【定番!】スイミングパンツ

やはりこの商品を使っている方が多かったです。着替えも凄く楽なパンツです。サイドを破ってすぐに着替えることができるので、泣いて中々パンツが脱げない!と言う事も無く、スムーズに着替える事が出来ますよ。最近のスイミングパンツは改良されて、こんなに膨らんだら動きにくいだろうな…と言うほどではなくなったと思います。

 

【女の子におススメの水着の形!】AMPERSAND(アンパサンド)

背中がクロスの紐タイプになっていなく、着やすく、脱ぎやすいタイプの水着です。

 

【男の子に多い水着の形!】ボクサー水着

やはり履きやすく、動きやすく、脱ぎやすい!このボクサータイプの水着が一番多かったです。定番の水着ですね。

 

【まとめ】

保育園のプール遊びと言っても月齢によって遊び方も大きく変わってきます。月齢に合った水着を選んでくださいね。最近は水着の柄も可愛い物から、かっこいいものと種類が多くなってきました!園で指定がないならば、お子さんと一緒に選ぶのも楽しいと思います。楽しいプール遊びになるように、プールパンツはしっかり選びましょうね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク