株主優待で初心者主婦におすすめNISA特定口座って?

ママの事いろいろ


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4619230423"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">

株主優待で初心者主婦におすすめなのは、NISA特定口座です。株を買うことで得られる株主優待がどれほどお得なのか別記事でご紹介しましたが、さらにお得になる制度NISAをご存知ですか?テレビCMでも流れているので、聞いたことはあると思いますが、いったいどんな制度なのか分からない方も多いかと思います。NISAという制度と特定口座についてもご紹介いたします。


スポンサーリンク



NISAって何?

NISAというのは「少額投資非課税制度」の愛称です。
2014年からスタートし2023年まで(口座開設)の制度となっています。本来株や投資信託などの配当金や、売却した時に得られる譲渡益(値上がり益)については20.315%という税金がかかります。

NISAという制度であれば、この税金がかからないのです。もちろん少額投資非課税制度という名前の通り、投資限度額があります。2014年と2015年は投資金上限100万円でしたが、2016年から120万円までに拡大しました。そして非課税での運用期間は5年間です。

(出典:金融庁HPより)

毎年120万円の非課税の枠がありますが5年間までとなるので、
非課税で最大運用できる投資金は600万円となります。

私の家庭には600万円なんて資本はありません。
毎年120万円投資に回せるお金があればいいのに・・・

NISA口座の開設は?

NISA口座は証券会社と銀行で開設できますが、銀行でNISA口座を開設した場合、投資信託しか購入できません。NISA口座は証券会社で開設しましょう。また証券会社でNISA口座を開設する場合は、証券総合取引口座(総合口座)を開設することになります。

口座の種類

総合口座は株や投資信託等を売り買いするための口座です。

この総合口座ですが、NISA口座のほかに一般口座、特定口座(源泉徴収あり)特定口座(源泉徴収なし)があります。NISA口座は口座という名前を使っているので、少し分かりつらいですが、「非課税枠」と認識したほうが分かりやすいです。

例えば1000万円総合口座に預けたとします。120万円分NISAで株を買ったとします。利益が出たので半年で値上がりし150万円で売ります。またすぐに良い株が見つかったのでNISAで買おうと思っても、NISAという非課税枠では買えませんが、特定口座で購入可能です。

その場合はもちろん配当金や譲渡益に税金がかかってしますのです。できればすぐに売ってしまわずに、5年間保有し配当や値上がりを期待したほうがお得です。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="3271435916"
data-ad-format="rectangle">


非課税期間が終わったら?

5年間という非課税期間が終わったらどうするか?ということですが、売却するか、特定口座に移すことができますが、
「ロールオーバー」という方法があります。

例えば2016年に120万円で購入した株が、2020年末には150万円になっていたとします。株主優待や長期保有優待などあれば売らずに持っておきたいです。というわけで「ロールオーバー」を選択します。その場合2021年から5年間非課税で運用可能です。しかし2021年の120万円というNISA枠は使ったことになり、新たに買い増しする事はできません。

そのかわり特定口座なら新たに株や投資信託を買うことはできます。もちろん課税されますが、投資に回せるお金があるなら特定口座で資産運用したほうが良いでしょう。

特定口座(源泉徴収あり・なし)どっちが良い?

確定申告の時に源泉徴収ありだと証券会社が代わりに納税などしてくれます。
しかし、株などの儲けは年間20万円まで申告不要です。つまりめんどくさいから源泉徴収ありにしておくと、払わなくてよい税金をわざわざ納めることになるので注意です。

NISAにも種類がある

2013年にNISAが始まり、2016年からジュニアNISA、そして2018年には積立NISAが始まりました。
ちなみにNISA口座は一人1口座のみで、積立NISAとNISAどちらかになります。積立NISAに関しては株ではなく投資信託になりますので株主優待はありません。

ジュニアNISAに関しては株も投資信託も可能です。株主優待も貰えます。
ただし、株主優待でおすすめのイオンのオーナーズカードですが、未成年(18歳以下)は使えないとのことでした。
できればジュニアNISAでイオン株を買っておいて、子供名義のオーナーズカードを手に入れてあげようと思ったのですが・・・それとジュニアNISAは18歳未満での払い出しは不可です。長期かつ株主優待などもらえる銘柄の株がおすすめです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="3271435916"
data-ad-format="rectangle">


まとめ

株主優待や配当金を貰ってお得に生活したいですよね。NISAであれば譲渡益や配当金も非課税で運用できるのでとってもお得です。それにNISAを機に資産運用について考えるきっかけになるかもしれません。

日本人は投資というとリスクやギャンブルといったイメージが先行して、資産運用など「金持ちだけがやるもの」という固定観念にとらわれているように思います。お金がないからこそ、資産運用し株主優待などを貰って、お得に生活してお金を増やしていきましょう。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="3271435916"
data-ad-format="rectangle">

スポンサーリンク

コメント