お食い初め やり方は正式、簡単どちら?お祝い金相場は?

お食い初めとは、生後100日頃の赤ちゃんのお祝い行事のひとつです。赤ちゃんが一生食べることに困らないようにという願いが込められている行事です。生後100日前後で行われるので「百日祝い」とも呼ばれています。

そこで、正式なお食い初めのやり方と、時間があまり取れないという方のために簡単なやり方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="rectangle">

【スポンサーリンク】

正式なお食い初めのやり方


◆お食い初めの献立は?

まず、お食い初めは一汁三菜の「祝い膳」を用意するのが伝統的なやり方です。そしてそれぞれの献立には縁起の良い意味などが込められています。

・焼き魚(鯛)
主に鯛が使用されます。その理由としては「めでたい」という語呂合わせや、縁起の良い赤い色をしているからです。また、祝い事といえば鯛という昔から伝統もあるかもしれません。地域によっては鯛以外の魚を使うところもあるみたいですよ。

・赤飯
こちらも祝い事の定番メニューですね。災いごとや邪気を赤い色の力で祓うという意味があるそうです。また栄養価も高いたことから昔から祝い事の席で食べられています。

・お吸い物
お吸い物は名前の通り「吸う力が強くなりますように」という意味があります。おっぱいをたくさん飲んで欲しいという願いが込められているんですね。

・煮物
その時の旬の食材を使って作ります。飾り切りなどをして華やかに飾りつけます。

・香の物
季節の野菜を漬けたものを用意します。また「シワシワになるまで長生きできますように」と梅干しを添える場合もあります。


◆歯固め石
歯固め石とは、赤ちゃんに丈夫な歯が生えますようにという願いが込められています。歯固め石はお宮参りの際神社から受け取るか拾ってくるかします。
お食い初めをする際は歯固め石を綺麗に洗いましょう。お食い初めが終わったら歯固め石は元の神社に戻します。


◆お食い初めの食器
食器は本来は漆塗りのものを使います。男の子は朱塗りのものを、女の子は外側が黒塗りのもので内側が朱塗りのものを使います。漆塗りのものを用意していないという場合にはプラスチック製のものや木製のものでも代用してもいいと思います。

◆食べさせる順番は?
準備が整ったらお食い初めをはじめましょう。
お食い初めは赤ちゃんが本当に食事をするわけではなく食べるマネをするだけです。その場にいる年長者の人が食事をあげるマネをします。男の子であれば年長者の男性が。女の子であれば年長者の女性が食事をあげるマネをします。一番長寿の人があげることで赤ちゃんが長生きしますようにという意味が込められています。

また、あげる順番が決まっていて
赤飯→お吸い物→赤飯→焼き魚→赤飯→お吸い物
これを3回繰り返します。

食べさせるマネが終わったら、次に赤ちゃんに丈夫な歯が生えてきますようにという願いを込めて「歯固めの儀式」を行います。
歯固め石に箸先をちょんちょんとつけ、その箸を赤ちゃんの口先に当ててあげます。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="rectangle">


【スポンサーリンク】

簡単なお食い初めのやり方

日中はお母さん(もしくはお父さん)しか子どもの面倒を見ることができずお食い初めの準備をするのが大変という人たちも多くいると思います。せっかくのお祝いがお母さんお父さんの負担になってしまうのは残念ですよね。

◆食器などをレンタルして簡単に本格的

◆ネット宅配を利用する
今ではネット注文で宅配してくれるところもあります。金額が5,000円〜1,5000円程します。
高くて頼めないな〜という方は献立の一部をネット注文したりスーパーの惣菜で済ませたりするのも良いでしょう。魚の塩焼きはスーパーで焼いてくれるところもあるみたいなのです。事前に確認してみましょう。

◆お店を予約する
せっかくのお祝い事なので親戚を集めてお店でやるのもいいと思います。インターネットで調べると近くのお店でお食い初めをやってくれるところが結構あります。お店で用意してもらえば間違いなく美味しいものが食べられて片付けもする必要がないので楽チンですよね。

◆簡単な和装で華やかに
【スポンサーリンク】

お祝い金の相場

お食い初めでのお祝い金の相場は5,000円〜10,000円とされています。またお金ではなくものを贈る人も多いようです。


【スポンサーリンク】

最後に

お食い初めは赤ちゃんの一生のうちで一度きりのイベントなので形式にとらわれすぎず穏やかな雰囲気で行うのが一番だと思います。赤ちゃんが嫌がったり泣いてしまうようなら無理をしないで楽しくお祝いができるといいですね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="rectangle">


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="rectangle">

コメント