卒園 保護者(親)や子供から先生へのメッセージ例文集

卒園するときに、先生に向けたメッセージ、どんな風に書いたらいいのかどんな文章だと先生は喜んでくれるのか、悩んでしまいますよね。ここでは卒園するお子さんや保護者からの嬉しい卒園メッセージのちょっとしたアイデアをお伝えします。

あわせて読みたい

私は保育園、幼稚園と勤務してきましたが、いざ、自分の息子が卒園する時とても悩みました。そこで、先生が喜ぶ、卒園児さんからのメッセージ保護者の方からのメッセージをご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク


【スポンサーリンク】

卒園メッセージのポイント


まずは、お子さんが入園した時の事、行事のことなど思い出してみましょう。写真や連絡ノートなど見て見ると当時の記憶が蘇ってきて
「あー入園した時はこんな事ができなかったな」
「この行事では先生にお世話になったな」

など思い出せて具体例が出てきやすいですよね。

また、園で大好きだった遊びや、保護者の方から見て成長できた点などもメッセージに入れると先生の心にグッときます。

私が担任を受け持っていた時に頂いた卒園児からのメッセージの中に
「先生が担任の先生でうれしかった!」
「先生と一緒に粘土遊びをしたことが凄く楽しかったよ」
「先生と遊んだ鬼ごっこ、とっても早い先生が面白かった」

などありましたが、思い出を言ってくれたり、具体例を挙げてもらえると私も思い出して涙が止まりませんでした。

保護者の方からのメッセージでは
「子どもが毎日楽しく園生活を送れたのも、先生のおかげです」
「苦手だった平仮名の書き方も、先生が一緒に楽しくできるように考えて頂いて、子どもも平仮名が書けるようになりました」

など出来なかったけど、出来るようになった事などメッセージに入れていくと保護者の方の気持ちも聞けて嬉しくなります。
【スポンサーリンク】

未来に向けたメッセージ

卒園メッセージには
「小学生になったら頑張りたいこと」
「やってみたいこと」

など加えてみましょう。



保護者の方からは、小学校で頑張ってほしいことや希望など加えてみるといいと思います。

小学生になって頑張りたいことなどは、難しく考えなくて大丈夫です。
「あいさつを元気にします」
「お友達をいっぱいつくりたい」
「勉強を頑張る」

など、小学校生活の楽しみなことを伝えていただけるといいと思います。

保護者の方からの希望も、お子さんができる事を書いてみてください。
「元気いっぱい遊んでね」
「お友達と仲良くしょうね」

など子どもにもわかりやすい言葉だといいと思います。

先生へのメッセージに未来に向けた言葉を入れると先生もさらに応援したい気持ちになります。ありきたりかな?と思う言葉でも、ぜひ子どもたちが頑張りたいことなど伝えていきましょう。

スポンサーリンク


【スポンサーリンク】

書くことが決まったら文章にしていく

入園してからの思い出や、出来るようになった事、先生との思い出、楽しかったことなど書くことが決まったら文章にしていきましょう。

みんなの前で読むから。文集にするから。と、「ですます調」になりがちですがそこは先生へのメッセージ。子どもたちの普段の先生への話言葉保護者の方から子どもたちへの話言葉で書いてみてください。

渡された先生も子どもたち、保護者の方が一生懸命書いてくれたメッセージだと伝わっています。
いつも通りの言葉が先生も一番だと思います。
【スポンサーリンク】

先生に渡すメッセージ。どんな風にかけばいい?


文集にしたり、先生に渡すとき、シンプルなのがいいのか可愛く、かっこよくしてもいいものなのか迷いますよね。
子どもたちは文字を書くのは苦手な子もいます。

そんな時、先生の似顔絵があったり
お気に入りのシールで可愛くしたり
色鉛筆でカラフルに
してみるのもいいと思います。

その子の個性も出ますし、先生も見ていて楽しくなります。

また、まだまだ、文字も上手に書けないので、鉛筆で書くお子さんが多いです。何度書き直しても、ちょっぴり下手かな?と思ってもお子さんにいつも通り書かせてあげてください。

「もっときれいに書いて」
「こんなに絵をかいたらわからないよ」

と思ってしまうかもしれませんが、それが子どもたちからの先生へのメッセージでもあります。

ただ、シールが多すぎたり、文字が見えなくなる程の絵の量だった場合
「上手にかけたね。でもこれだと先生読めなくなっちゃうかもしれないからここだけに書こうね」
など言葉がけをしてアドバイスをしてあげるといいと思います。
【スポンサーリンク】

まとめ

幼稚園、保育園は保護者の方と同じように先生も子どもたちと長い時間一緒に過ごします。
何度も卒園式を経験している先生ですが、その年、その年で子どもたちは変わりますし、思い出もたくさんあります。

やはり、何度経験しても子どもたちや保護者の方からのメッセージはとても嬉しいものです。
どんな短い文章でも、どんなデザインでも一生懸命なメッセージはとても心に残ります。

保護者の方も思い出していくうちに書きたいことがいっぱいになるかもしれませんが特に印象に残っていることや、先生との思い出をピックアップして、子どもたちにわかりやすい文章にしてみてください。

保護者の方からの言葉、子どもたちの言葉ありのままが、先生は一番嬉しいし、宝物です。
スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント