ヒップシートが人気!おすすめメーカーランキング


「ヒップシート」とは、腰ベルトに赤ちゃんが座れる椅子のような台座がついたものです。赤ちゃんを抱っこするときに、一般的な抱っこ紐よりも「ヒップシート」の方がママの肩や腰の負担を軽減すると人気が急上昇中。

日本製、外国製など様々なメーカーの製品がありますが、今回は中でも人気があるメーカーの“ヒップシートおすすめランキング”を紹介します。

【スポンサーリンク】

「ヒップシート」とは?

ヒップシートは、子供を座らせる椅子のような物で“パパママの腰にベビーチェアを装着して抱っこする”というイメージ。

一般的な抱っこ紐との大きな違いは、赤ちゃんのお尻をサポートするシート機能です。
ヒップシートがあることで、赤ちゃんが安定して座ることができ、とても軽く抱っこすることができます。

肩だけでなく、腰の部分でも赤ちゃんの体重を支えるので、力が分散され腕や肩への負担が大きく軽減されるのが特徴です。

何も装着しない状態での抱っこは、赤ちゃんの体重で背骨が曲がってしまったり、姿勢が悪くなりがちですが、真っ直ぐな姿勢をキープすることができます。。

【スポンサーリンク】

「ヒップシート」はいつから使えるの?

ヒップシートは、赤ちゃんがお座りの体勢で乗る形になっているので、生後7ヶ月頃のしっかりお座りが出来るようになってから使うことができます。

ヒップシート自体には、抱っこ紐のように背もたれや肩ベルトがありませんが、ヒップシートとセットで使える抱っこ紐も多く販売されています。

抱っこ紐を装着して使用する場合は、新生児や3ヶ月頃の赤ちゃんなど低月齢の赤ちゃんも使用することができます。
抱っこ紐 おすすめ2本目はこれ!優秀ヒップシートで肩こり回避
抱っこ紐の2本目をさがしています。おすすめはありますか? 一人目の時に使っていたバックルこわれちゃったんのよね~新しいの買わないとダメかしら・・・ 毎日の育児で欠か...

【スポンサーリンク】

ヒップシートのメリット・デメリットは?


ヒップシートを単体で使用する場合のメリット・デメリットをあげていきます。
《メリット》
・ベルトを外さなくても、抱っこしたり下ろしたり出来るので手間が省ける
・装着が簡単
・肩、腰が楽
・密着しないので、涼しい
・赤ちゃんの脚への負担が少ない
・取り付けたまま、前抱っこと背面抱っこを切り替えられる
・ポケットに小さな物を収納できる
・パパでも装着しやすい
・抱っこ紐とセットで使える物が多い
普通の抱っこ紐は赤ちゃんと、密着して夏場につけるとお互い暑いですよね。
ヒップシートなら、一般的な抱っこ紐ほど密着感もなく、体と体に若干の隙間ができるので夏でも快適です。

また、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこするときに気になるのが、足の開き方。大股に開くと、大丈夫か心配になりますよね。ヒップシートでは、座ったような状態になるので締め付け感がなく、赤ちゃんの足も自由に動くほど余裕があるので、足への負担も少なくなります。これらは大きなメリットだと思います。
《デメリット》
・ヒップシート単体で使うと、赤ちゃんをずっと手で支えなければならないので片手がふさがる
・台座の部分がかさばるので、コンパクトにならない
台座の部分は重たい物ではありませんが、どうしてもかさばってしまいます。

【スポンサーリンク】

「ヒップシート」おすすめメーカーランキング

1. BABY&Me(ベイビーアンドミー)


ヒップシートキャリアONE

ベイビーアンドミーのヒップシートキャリアは、日本人の赤ちゃんの体格に合わせて作られています。
なので、日本人の赤ちゃんの股幅に合わせた作りになっており、赤ちゃんの脚を開かせすぎず、一番自然にお座りできる姿勢を保つことができます。


長時間の抱っこならヒップシートキャリアとして使う、ちょっとした移動ならヒップシートだけで使うなど、成長に合わせてキャリアをつけたり外したり、6通りの抱っこが出来ます。
万が一の場合に備えた「落下防止安全ベルト」が付いているという点も魅力的です。

キャリアのカバーを丸めれば、通気性抜群のメッシュ地に切り替えが可能。
暑い夏は涼しいメッシュに、冬はカバーを装着して暖かく、オールシーズン使うことができます。
ウエストベルトは安定感抜群の極太ベルトで、太めのマジックテープ、バックル留めの二重ロック式で安心です。
ウエストポーチには小物を入れることができるので便利。
取り外し可能なスリーピングフードなど、汚れても付属品は全て洗濯機で洗えるので、お手入れも簡単です。
首が座った3ヶ月頃から36ヶ月頃まで使えます。

2.i-angel(アイエンジェル)


ヒップシートキャリア

アイエンジェルは抱っこ紐専門ブランドで、ベビーキャリアに関する様々な研究を積み重ねて、製品作りをしています。
アイエンジェルのヒップシートは大人気の商品。
ベビーカーなどにもある安全基準「SG認証」を受けており、日本国内における厳しい安全基準を満たしています。
アイエンジェルの抱っこ紐は日本人に合ったサイズ規格でデザインされています。
新生児用のパッドを使用すれば0ヶ月からでも使用することが出来ます。

前屈みになったときに赤ちゃんが転落する事故を防ぐ「安全ベルト」がついています。
背面カバーが取り外し可能で、取り外すとメッシュになり通気性アップ。
ファスナーポケット付きで、小物を収納でき便利です。
連結部分のチャックはファスナー最高水準のYKKのストップチャックを採用。数万回の開閉試験を経て、ファスナーが簡単に開く危険性はありません。
スリーピングフードは、取り外し可能でいつでも清潔に使えます。

ヒップシートには、赤ちゃんが座ったときに滑るのを防止するため、ノンスリップ処理が施されています。
ヒップシートの芯材は、命を守るヘルメットと同じ素材でできていて、体重70kgの男性が乗ってもつぶれません。

3.POLBAN(ポルバン)


ヒップシート ウエストポーチタイプ

ヨーロッパCE、ヨーロッパSGSに認定され、新しいヨーロッパの安全テストをクリアした安全性の高い製品です。

赤ちゃんがお座りする座面には滑り止め加工がされており、メッシュ素材を採用。そして、安全に抱っこができるように角度が付いています。

ヒップシートの内部は、無毒性ソフトフォームを使用しています。ほどよいクッション感と復元力、長年使っても半永久的に形が変わらない素材です。

ヒップシート自体の重さは420g。少しでも軽くなるようにパーツをこだわって選んでいます。


ヒップシートにダブルショルダーを取り付けることで、首が座った4ヶ月頃から使用することができます。シングルショルダーもあり、用途に合わせて使用できます。

両サイドのメッシュポケットには小物やおもちゃを入れられます。フロントのファスナーポケットはタオルなどを入れておくのに便利です。

マジックテープとバックルの二段階で装着する腰ベルトは、太さがあり、効率的に重さを分散、安定させます。

4.POGNAE(ポグネー)


POGNAE NO5ナンバーファイブ ヒップシートキャリア

防水コーティングされた生地がNO5には使われています。生活防水と防風機能で、一年中快適なつけ心地です。

汚れの吸収力が低いので、少々の汚れはウェットティッシュなどでさっと拭き取ることができます。

耐摩擦性があり、摩擦による損傷に強く、糸くずやシワも少ないので、管理しやすいのも特徴です。

NO5に使用されているメランジ素材は、2種類の糸を使用し、丁寧に細かく編まれた最高級の高密度生地です。

ポグネーは国際股関節協会(IHDI)から赤ちゃんの正しい成長発達を助けるベビーキャリアとして公式認定されています。ポグネーの人間工学に基づくデザインは、M字型姿勢で自然に足を横に広げ、90~120度まで動かすことができるよう設計されています。太もも全体に体重が掛かるので、安定した姿勢にしてくれます。

子供の足が擦れる部分にはクッション材を入れ、オーガニックコットンで仕上げています。敏感な赤ちゃんの肌にも安心です。

2種類のスリーピングフードがあり、お肌に優しいオーガニックコットン、暑い日や汗をかいているときに嬉しいメッシュフードタイプがあります。

サイドポケット、メッシュ背もたれ、二重ロック安全ベルトを採用。ヨーロッパの安全診断テストCE認証を取得しています。

日本向けアイテムとして、落下防止ベビーベルトも販売されています。
【スポンサーリンク】

まとめ

子育て用品は、日々進化していますね。より赤ちゃんに安全で安心なものを選びたいところです。
ヒップシートは、見た目こそ重量感がありますが、ヒップシート自体は軽いですよ。
パパママの体だけでなく、赤ちゃんの体にも良いものですから、抱っこ紐の購入を検討されている方はおすすめです。
人気メーカーのヒップシートはどこも機能性・安全性に長けていました。デザインや価格など、あなたに合ったヒップシートを探してみてください。

コメント