フォローアップミルクの飲ませ方は?コップか哺乳瓶どちらを使う?


離乳食期の赤ちゃんに必要な栄養素が含まれているフォローアップミルク。

フォローアップミルクという名前は知っていても、タイミングや飲ませ方が分からなくて実際に飲ませるところまで踏み切れなかった!というパパママは多いかもしれませんね。

今回はフォローアップミルクの役割、普通のミルクとの違い、どんな赤ちゃんにおすすめ?などについて触れていきます。

全く知らなかった~!という方も、こちらを参考にフォローアップミルクを活用してみてくださいね。

フォローアップミルクとは?

フォローアップミルクとは粉ミルクの一種で、離乳食で不足する栄養を補うためのミルクです。

具体的に、離乳食で不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラルなどを強化した栄養分が豊富に含まれています。

どんな場合におすすめ?

フォローアップミルクは全ての赤ちゃんに必要というわけではありません。以下の項目にあてはまった場合は使用を検討してみると良いでしょう。

フォローアップミルクはこんなときにおすすめ!

・赤ちゃんが離乳食の好き嫌いが多い
・離乳食と並行して母乳を与えているが、だんだん母乳の出が悪くなってきた
・離乳食は3回食になったが、食べさせていない食材や食べられない食材が多い
・1歳未満で牛乳がまだ飲めないが、ミルクの卒業を考えている

 
あわせて読みたい

フォローアップミルクと普通のミルクの栄養価の違い


成分表を見比べると基本的な栄養はほぼ同じです。

育児用のミルクは、それだけで体に必要な栄養分が完全に摂取できるもので、「完全栄養食品」と呼ばれます。

成長に必要な栄養素がバランスよく配合されていて、母乳の代わりに生後すぐに飲んでも赤ちゃんがしっかりと育つような栄養が含まれています。

 

それに対して、フォローアップミルクは、離乳食だけでは十分に摂れない栄養を「補う」ことを目的に作られています。

月齢が低いころは、成長に必要な栄養を離乳食からすべて摂るのは難しいので、フォローアップミルクで鉄分やカルシウムなどの栄養素を補います。

普通のミルクよりは消化は悪いので、お腹をこわす子もいるそうです。

また、ミルクは人肌に温めますが、フォローアップミルクは常温または少し冷ためでもOK。

 

フォローアップミルクの量は?

離乳食が3回食になった9~11ヶ月の赤ちゃんなら、一日トータル600ml前後が目安です。

メーカーによっては多少の違いがある事があるので、説明書をしっかりと読みましょう。

フォローアップミルクはいつまで?

牛乳は1歳を過ぎると飲めるようになるので、ミルクアレルギーがなく、離乳食も順調に進んでいるならこのあたりでフォローアップから牛乳へ切り替えます。

1歳になるまでは牛乳でおなかを壊したり、アレルギーを起こしたりする可能性があるので、1歳までは我慢しましょう。

胃腸が弱い子はもう少し遅らせたほうがいいかもしれません。牛乳は安くて作る手間がいらないので、1歳で切り替えるママが多いです。

粉ミルクを与えている場合は、粉ミルクに2~3割くらい牛乳を混ぜてアレルギーなどは大丈夫か確認し、少しずつ割合を増やして牛乳に移行するといいと思います。

どうやって飲ませるの?哺乳瓶は使う?

今まで母乳のみ与えていた赤ちゃんは、いきなり哺乳瓶を出しても恐らく飲んでくれないでしょう。

必ずしも哺乳瓶で飲む必要はありませんので、ストローやマグが使えるようになっていれば、ストロー、コップ、マグなどに挑戦して飲ませてあげてもよいでしょう。

最初は拒否していても、飲ませ方を変えると飲んでくれることがあります。コップの練習を兼ねてコップで飲ませてあげても良いかもしれませんね。

フォローアップミルクでアレルギーはでない?

普通の粉ミルクやフォローアップミルクには牛乳成分が含まれているので、牛乳アレルギーのお子さんに与えてはいけません。もし与える場合は、特殊なアレルギー用ミルクにします。

フォローアップミルクにはアレルギー対応のフォローアップミルクが販売されていません。

既に1歳を過ぎている場合だと断乳する時期ですので、離乳食が順調に進んでいる場合は必ずしもミルクは必要ではありませんが、牛乳アレルギーがある場合は、かかりつけの病院の先生に相談しながら進めていくことをおススメします。

まとめ

フォローアップミルクは、あくまで離乳食からは十分に摂取できない栄養素を補うものです。ですので、赤ちゃんの離乳食の進み具合をみて、必要かどうか決めてもいいと思います。

ちなみに我が子の場合母乳育児でしたが、離乳食も食べてくれるほうだったし、母乳も断乳するまで問題なく出ていましたので、フォローアップミルクは与えませんでした。牛乳アレルギーでもあったので「まぁいいか。」とあまり深くは考えず。

成長盛りの赤ちゃんはいろんな栄養素をまんべんなく、バランスよく摂ることが大切です。

考えすぎると毎日の離乳食づくりが大変になってしましますが、栄養素が偏らないかぎりの食事内容にしてあげたいですね。

離乳食が3回しっかりと食べられるようになるまでの少しの時期ですので、お子さんの様子をみてゆっくりと進めていってくださいね。

 

コメント