「お食い初め」という言葉を子供を産んでから初めて聞いた方も多いかもしれません。「お食い初め」って何のこと?何をすればいいの?ここでは正式なやり方や簡単なお祝いの方法などを紹介します。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


お食い初めとは?

赤ちゃんが生まれてから100日目に行われるお祝いの儀式です。
「百日祝い(ももかいわい)」「お食い初め(おくいぞめ)」などと呼ばれ、「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて赤ちゃんに食事をする真似をさせます。

正式な器と献立

地域によって風習は異なりますが、伝統的な「お食い初め」は一汁三菜の祝い膳が用意されます。
食器は漆器で高足のお膳にしつらえます。
男児は内外ともに赤色、女児は黒色で内側が赤色を使用します。
献立は、鯛などの尾頭付きの魚・赤飯・焚き物・香の物・吸い物のほか、歯が丈夫になるようにと歯固め石が用意されます。これはお宮参りの際に神社からもらうのが一般的です。更に、お祝いものとして紅白餅、しわが増えるまで長生きできるように梅干しが添えられます。

祝い箸

箸は、両端が細くなっている「祝い箸」を使います。これは両側とも使える仕様になっており、片方は神様が食べることを意味しています。反対側で取り箸として使用してはいけません。
箸売り場や赤ちゃん用品店で売られていたり、お正月準備の時期にはスーパーにも売られています。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


養い親とは?

「お食い初め」は父母両方の両親、祖父母など親族を招いてみんなで祝います。その中の年長者に長寿をあやかりたいとして「養い親」となってもらいます。「養い親」は赤ちゃんに食べさせる真似を行う人です。

食べさせる順番

正式な順番は
①赤飯②吸い物③赤飯④お魚
⑤赤飯⑥吸い物⑦赤飯⑧煮物
⑨赤飯⑩吸い物⑪赤飯⑫香の物
⑬赤飯⑭吸い物⑮赤飯⑯歯固め石「歯固めの儀式」
⑰赤飯⑱吸い物⑲赤飯
です。ややこしく感じるかもしれないですが、赤飯と吸物の間に一品ずつ食べさせていくような感じですね。
「歯固めの儀式」は、歯固めの石にお箸をあててから、お箸を赤ちゃんの歯茎にやさしく当ててあげます。使用した石は神社の境内へ感謝の気持ちを込めてお返しします。


正式にやるには、準備もそれなりに必要ですが、「お食い初め」ができるホテルや日本料理店もあります。
また、お正月のおせち料理のように通信販売や仕出しでセットを購入することもできます。

本格的ではなくても自宅で手軽に行う方も近年多くいらっしゃいますよ。
簡単なやり方を続いて紹介していきます。

自宅で手軽に行う「お食い初め」

食器は離乳食で使えるベビー食器でも構いません。何皿か用意しましょう。箸は通常のものを代用される方も多いようです。
ご飯は赤飯を炊くか、白ご飯でも良いです。
お魚は小ぶりでもいいのでやはり鯛がいいでしょう。塩焼きにされるのが一般的です。
煮物は野菜類であればいいので、南瓜の煮物や炊き合わせなどを用意しましょう。
香の物・酢の物に紅白なますやたこ、お吸い物には蛤を入れると豪華ですがなくても大丈夫です。
梅干し・小石を添えて完了です。
実際に赤ちゃんが食べるわけではないので、パパママが食べられるもので結構ですよ。
地域によって準備されるメニューは変わると思いますので、祖父母が参加される場合は聞いてみましょう。
使われる食材やメニューも色んな意味があるので、参考にしてみてください。

使用食材やメニューに込められた意味



赤飯・・・邪気を払う。
鯛・・・赤い色がめでたいとされ、福をもたらすといわれる。七福神の恵比寿様も釣っている魚。
吸物・・・吸う力が強くなるように。
はまぐり・・・良い伴侶に巡り会えますように。
たこ・・・「多幸」という語呂合わせから。
人参と大根のなます・・・紅白がめでたいとされる。
蓮根・・・先を見通せる力がつくように。
里芋・・・子宝に恵まれるように。
筍・・・真っ直ぐすくすく育つように。
紅白餅・・・「長持ちする」という言葉にかけられている。
梅干し・・・しわが増えるまで長生きできるように。
これらは一部ですが、それぞれに意味が込められています。

「お食い初め」は赤ちゃんが誕生して100日~120日に行うのが一般的ですが、赤ちゃんの体調状態や親族の予定を見て計画しましょう。
産後3ヶ月あまりで、まだまだお母さんは時間が十分にとれない時期だと思います。頑張りすぎず、それぞれにあったスタイルで赤ちゃんの成長を願って祝ってあげてくださいね。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">