毎年6~8月に子供がよくかかる感染症の1つが『手足口病』です。感染力が強いのが特徴で、それだけに間違った知識でトラブルになることもありますので今回は感染期間や症状、保育園の出席停止期間など、私の経験と小児医師から頂いたアドバイスも併せてご紹介させて頂きます。

手足口病の症状は?


手足口病は、子供がかかる夏風邪のひとつで非常に感染力が強いのが特徴です。
その名の通り、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出るウイルスの感染によって起こる感染症で、感染してから手足口病の潜伏期間は3日から5日と言われており発症後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。

乳児では足からおしりにかけて出来ることが多い様です。発疹の中心に水疱をもち、水疱の周囲が赤い発疹で、大きさは米粒程度です。痛み、かゆみはなく主な症状は•発熱•発疹•水疱の3つになります。(まれに熱が出ない人もいるようです)

小児科の医師によると、「発熱に関しては2~3日で治まる事が多く、発疹と水疱は1週間から10日ほどで消える事が多い」とのことです。

残念なことに手足口病には有効な治療薬はありません。対処療法で辛い症状を緩和しながら自然治癒を待つことになります

手足口病の感染期間は?(ウイルスが身体に残る期間)

手足口病は症状が治まるまでに発症から7日~10日程度かけて徐々に治っていきます。
しかし水泡、つば、唾液、鼻水からの直接感染リスクが最も高い期間は発症してから10日~2週間で、つまり発疹が消えてからも10日間は感染するということになります。

ただ排せつ物などには約1ヶ月程度感染ウイルスが含まれると言われています。つまり発疹が消えて元気になったとしても、完全にウイルスが体の中から消えるのは最長で1か月間かかり、その間は他の子供へうつしてしまう可能性があるということです。

手足口病だとお風呂やプールは禁止?


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


プールは熱が下がっていて、口内炎や水泡がなくなれば基本的には問題ありません。しかし、水を介してほかの人にうつる可能性は、低いながらゼロではないです。本人の体力を消耗しない意味でも、ほかの人にうつさないためにも、症状が出ている間はお風呂もプールも避けたほうが良いでしょう。

お風呂は家族への感染を避けるためにも湯船に浸かるのはやめてシャワーを使うのが良いでしょう。

いつから保育園に行ってもよいの?


手足口病は数年前、文部科学省発表の「出席停止感染症第3種」から外れたのもあり登園禁止、停止の病気ではありません。よって登園するにあたり医師の診断書も必要ありません。(ただし、園によっては診断書を出すルールになっているところもありますのそこは確認してみてくださいね。)

それもあり何日休むという明確なルールがないのがまた判断のむずかしいところです。
ではいつから登園できるのでしょうか。以下4点を参考に確認してみてください。



①子供の機嫌、調子、顔色はどうですか?ぐったりもせず普段の元気が戻りましたか?
咳や鼻水はでていないですか?これは親が一番よく分かることだと思います。

②熱が完全に下がっていますか?熱があると体力も下がり子ども自身もしんどいです。

③おなかの調子はどうでしょうか?下痢もおさまり、口内炎もなおり普通に食欲は戻っていますか?のどの奥などにまだ口内炎がある場合は子供は食事をとることが出来ません。下痢も脱水症状を起こしかねないので要注意です。

④発疹は目立たなくなりましたか?水疱は乾燥していますか?水泡が乾燥していそこから感染する危険がありますのでよく確認をしてください。


ここまでくればもう登園しても問題ないでしょう。子供が苦しいとき、みているしか出来ずかわいそうですが子供にとっては親がそばにいてくれるのが一番嬉しくて心強いものです。出来るだけ傍にいてあげて一緒に乗り切ってあげてください。早く元気になると良いですね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">