寝かしつけ 寝かしつけの時間、大好きな本を読んで穏やかな時間を過ごします。しかしここで疑問に思うのは電気はつけたまま?暗い方が良いの?電気スタンドや間接照明の使用は?などと気になりますよね。
今回は寝かしつけ絵本の時の電気はどうすればよいのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


夜眠る前、寝かしつけの時間は赤ちゃんとの絵本タイムは大切なスキンシップの一つですね。赤ちゃんもお母さんに絵本を読んでもらうのがきっと大好きなはず。入眠儀式として親子のスキンシップとして、そして赤ちゃんの想像力を培う為にも寝かしつけ絵本は習慣づけていきたいですね。

絵本を読むことで赤ちゃんは眠る時間だと気づくことができて、また忙しい一日の中親子でゆっくりと過ごすかけがえのない時間になります。
読み聞かせをしているうちに赤ちゃんと一緒に寝てしまった・・・なんてことも。とてもリラックス出来る時間ですね。
毎日欠かさず行う事で入眠儀式にもなり生活リズムをつけるのにもおススメ。
赤ちゃんも精神的に安定し、安心して眠りにつくことが出来ます。


●電気はつけたまま?消した方が良い?
●電球の種類や色
●電気スタンド
について紹介していきます。

明るいままでいいのか、真っ暗にしても良いのか?


寝かしつけ絵本には赤ちゃんの心を落ち着かせ、眠りへと誘う効果があります。沢山遊んだ一日の最後に赤ちゃんと絵本をゆっくりと楽しむのは
とても素敵な時間。お母さんの優しい声で赤ちゃんも落ち着きリラックスできますね。
しかし電気が明るいままだと脳が昼間だと錯覚したり、
興奮状態になって寝かしづけるどころかなかなか寝付けず眠りを妨げることも。せっかくの寝かしつけ絵本、赤ちゃんにもグッスリ眠ってもらいたいですよね。
大人でも明るい電気の下ですとリラックスよりも目が冴えてしまいます。ぼんやりとした照明のもとで読書をしていたらついウトウト・・・なんて経験がある方も多いのでは??
大人と同じく赤ちゃんもやはり暗めの照明の方が眠りへとつきやすいです。照明の目安ですが、照明は本の絵が見えるくらいの明かりにしましょう。
あまりハッキリと絵が見えなくても赤ちゃんはお母さんの声で十分安心感を感じリラックスすることができます。
夜の寝かしつけ絵本は絵を楽しむというより、優しいお母さんの声で赤ちゃんを落ち着かせる事へと重きをおいてみましょう。

どんな電球が良いの?


部屋をハッキリと照らす白色蛍光灯は、勉強する時や日中など起きていなければいけない時にはおすすめですが、寝かしつけ絵本にはおススメしません。眠るどころか目が冴えてリラックス出来ませんね。
寝かしつけの時は暖かみが感じられるオレンジ色の照明やぼんやりと照らしてくれる間接照明などを利用してみましょう。
明かりの強いものはオススメしません。先ほど紹介したように絵が見えるくらいの明かりにしましょう。
オレンジ色の暖色は眠りを誘ったり、夜のリラックスタイムにとてもピッタリです。
電球を変えるのは難しいという場合はお手頃な価格で販売しているので代わりに間接照明を置いてみましょう。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

電気スタンドは使用しても良いの?


先ほど間接照明をオススメしましたが、白色蛍光灯の電気スタンドは使用しないようにしましょう。
とても強い光なので目が冴えてしまいます。
暗い部屋の中でスマートフォンを使っているのと同じで、ブルーライトを浴びてしまい脳が興奮して赤ちゃんにもお母さんにもよくありません。
電気スタンドを使用する場合は電球の色に注意し、足元から照らすなどして直接顔の方にライトが当たらないようにライトを置く場所にも注意しましょう。

まとめ


赤ちゃんにとって、とてもリラックス出来る寝かしつけ絵本の時間。
赤ちゃんの為にも、そして寝かしつけ絵本の効果を最大限にする為にも正しい照明を選んであげてくださいね。
グッスリと眠ることで赤ちゃんの心も安定し成長を促してくれます。
ぜひ寝かしつけ絵本で眠る前の親子のリラックスタイムを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">