子育ては毎日毎日めまぐるし過ぎていきますよね。育児は24時間365日休みなし、お疲れ様です。ストレスが溜まってしまいついついイライラして怒鳴ってしまうことも。子供と一緒だと楽しさや喜びももちろん感じられますが、焦りや不安、イライラしてしまったりするものです。育児漫画を読んで育児のイライラを軽減、怒鳴ってしまう前に是非読んでください。
「私ってダメな母親だよなぁ」「もっと素敵なお母さんになりたいのに」「うちの子って普通じゃないのかも」「いっそ逃げ出したい!」そんな悩めるママ達におススメの育児漫画を5作品ご紹介していきます。
笑ったり泣いたり、心がやわらいで少しでも日々の活力が沸いてもらえると嬉しいです。

あわせて読みたい
スポンサーリンク


あの菅野美穂さんも育児にもがいている

毎日の育児は本当に休む間もなく、子供は自分の思った通りに動いてくれずストレスが溜まります。先日、女優の菅野美穂さんも子育ての大変さを語っていました。
出産する前は「この仕事を20年くらいやってて、タフになったし色々経験したし。お母さんになってもどんとこいだろう。いつかいいお母さんになるために、今まで仕事してきたんじゃないか」と思うほどに自信があったそうです。しかしプライベートで実際に母親になった菅野さんは「チャンネルが違うというか、全然歯が立たない。仕事してて『キー!』ってなることないのに、子育てしてると余裕がなさすぎて『ハァ』ってなっちゃう」とあの大女優さんも悪戦苦闘の毎日を送っているそうです。
育児にイライラしているのは自分だけじゃないんだ~と思えれば、少しは気が楽になるかもしれません。

育児書もいいけど漫画もおススメ

イライラして怒鳴ってはいけないと思いながらも、大きな声で怒鳴ってしまう、そして「ああ、なんてかわいそうなことをしてしまったのか~」自己嫌悪、の繰り返しの毎日です。怒鳴らないで育児ができるようにと、様々な育児書も購入しているのですが、イライラしているとその本で読んだことなんか忘れてしまうのが現実ではないでしょうか。
そんな時は、育児書をいったん手放し爆笑育児漫画で笑ってリフレッシュをするのも一つの手ではないでしょうか。
以下に紹介する漫画は、子育ての指南書というよりは、同じ立場のママの育児あるある~が書かれているので、共感度100%です。「ママはテンパリスト」の東村アキコ先生は自身の漫画について「育児の役には全く立ちません」と言っておりますが私はこの漫画にかなり助けられました。笑ってストレス発散をしてみてはいかがでしょう。


「ママはテンパリスト」東村アキコ(全4巻)

テンパる=焦る、いっぱいいっぱいになる、慌てて動揺するとして、29歳で出産し、日々の育児の大変さにテンパりながらも日々を送る同著者の漫画家とその息子ごっちゃんの記録です。
出産・断乳・トイレトレーニング・寝かしつけなど誰しもが通る苦労がもりだくさんで、笑いと共感の嵐!特に息子のごっちゃんが魅力的です。想像もつかない行動や態度で小憎たらしいやら可愛いやら、本当やみつきになります。大笑いしてストレス解消したい方におススメです。
私は全巻購入、ママ友と回し読みしています。特に男子のママには読んでもらいたい作品です。
原作の東村アキコ先生の作品として有名なのは、少し前にテレビでドラマ化された「東京タラレバ娘」。母となった今では、「東京タラレバ娘」よりも「ママはテンパリスト」のほうが、断然共感できます。
あわせて読みたい

「私たちは繁殖している」内田春菊(全15巻)

出産前の話から息子(第一子)が大学生になるまでの長いお話ですが、4コマ&エッセイなので読みやすいです。出産・育児以外に描かれる、結婚・離婚のエピソードから舅姑・交友関係の悪口(笑)とバラエティに富んだ内容です。フィクションとされているようですが、ほとんど実話なのでは、と読者の中で言われているほど現実感のある作品です。
現在は出産・育児本が多く出ていますが、いち早く出版されたこの作品は、多くの方に影響を与えたようです。

「おにぎり通信~ダメママ日記~」二ノ宮知子(全3巻)

著者である二ノ宮知子さんが主人公の漫画です。妻が漫画の仕事で家庭の収入を得て、夫は「専業主夫」で家事育児全般を引き受けるという一家。著者自身のダメママっぷりに焦点をあてて、ハチャメチャな毎日をたっぷり笑わせてくれる作品です。二ノ宮さんは「のだめカンタービレ」の著者としても有名ですが、実は2児のお母さんだそうです。のだめちゃんのモデルは自分なのでは?と思うほど主人公のぶっ飛びぶりが面白いです。

「カンナさーん!」深谷かほる(全13巻)

パワフルで豪快、スーパーポジティブな働くママが主人公。イケメンの夫・礼と4歳の一人息子と持ち前の明るさで楽しく暮らしていましたが、自由奔放な夫はカンナを裏切り浮気してしまいます。そんなゲス夫に別れをつげシングルマザーとなったカンナに姑の来襲、保育園の問題、大量の仕事・・・数々の困難に立ち向かいながらも真っ直ぐに突き進んでいくハートフルな作品です。
働いているゆえにおこる問題・シングルマザーの苦労など色々な逆境が描かれています。正直に生きるカンナに憧れさえもちますが、同じ状況にはとてもじゃないけど陥りたくない(笑)すがすがしいほど真っ直ぐで豪快な主人公に元気をもらえると思います。
こちらは渡辺直美さん主演でドラマ化された人気作です。キャストが原作にぴったりと話題にもなりました。ドラマをご覧になって、元気になった方も多いかと思います。

スポンサーリンク


「だいすき!!~ゆずの子育て日記」(全17巻)

主人公は軽度の知的障害のある26歳の柚子(ゆず)。大好きだった作業所仲間の草介が事故で亡くなった日、柚子は妊娠していることが分かります。周囲は柚子の出産に猛反対しますが、産みたい意思の強さと情熱に負け、柚子の母親は一緒に子育てすることを決心。しかし、赤ちゃんのお世話は困難を極め、保育センターから色々指摘されてしまいます。障害支援センターのスタッフ、両親や兄に支えられながら少しずつ子育ての力をつけていく感動ストーリーです。
ママは決して独りではないということ、たくさんの人に支えられているということを感じさせてくれる作品です。

まとめ

以上、おススメする育児漫画を5作品紹介させて頂きました。
育児漫画は共感できるだけでなく、子育てのヒントになったりストレス軽減にもなりますよ。
ハマりすぎて寝不足にならない程度に、ぜひ息抜きに読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク