名前 生後3か月の赤ちゃんはまだまだ授乳回数も頻回でなかなか寝てくれず、つい赤ちゃんについイライラしたり‥なんてことがありますよね。今回はなかなか寝てくれない赤ちゃんを寝かしつけるおすすめ方法を紹介したいと思います。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


生後3か月の赤ちゃんとは


●生まれた時の2倍の大きさに
だんだんと体重が増え赤ちゃんらしいふっくらとした体形になっていきます。

●首が座る
個人差はありますが縦抱っこをすると左右にグラグラせずしっかりと座り首の動きがコントロール出来ます。

●昼夜の区別がつき、夜まとめて寝てくれるようになる
一般的な睡眠時間は13時間~17時間で昼と夜の区別がつき、夜もまとめて寝てくれるようになります。
個人差はあるので何回か起きてしまう赤ちゃんもいます。

●「なんご」が増えてくる
「アー」や「ウー」など「なんご」をよく発するようになり、声を出しながら笑ったり時には自分の声にビックリするなんてことも。
表情も豊かになり見ているこちらも赤ちゃんが楽しませてくれたり、パパ、ママも楽しみが増えてきますね。

●「ハンドリガード」が始まる
だいたい生後3、4か月からハンドリガードと呼ばれる新たな発達のステップがみられます。
ハンドリガードとは自分の手をジーッと眺めたり、両手を合わせるしぐさやお口に手を入れてみたりするしぐさのことを
ハンドリガードといいます。新生児の頃に比べ視力が発達すること、自分の意志で手を動かすことができるようになった成長のサインでもあります。

その他はパパやママの呼びかけに反応する、指しゃぶりを始めるなどの様々な変化が見られる時期ですね。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


そもそもどうして赤ちゃんは寝てれないのでしょう?

tung256 / Pixabay


●部屋が暑いor寒い「部屋を快適な温度に」
大人と同じく赤ちゃんも快適な温度でないと気持ちよく眠る事が出来ません。
汗はかいてないか、手足が冷えていないかなど赤ちゃんの体を触りチェックしてみましょう。

●おなかが減っている「お腹を満たしてあげよう」
さっき授乳したからお腹は減ってないはず・・・と思うお母さんも多いのでは??
その時は飲まなくてもたった15分30分してから、やっぱりお腹がすいた!と泣く赤ちゃんも多いと思います。
さっき飲ませたから・・・と与えずにいると泣き続ける・・・なんてことも。

●おむつが濡れている「おむつをチェック」
さっき変えたから・・・と思っていてもチェックしてみるとまたまたおしっこやうんちをしていることも。
またおむつが締め付けてないかサイズが合っているかもみてみましょう。

●テレビや電気がつけっぱなし「寝る環境を整えてあげよう」
朝はカーテンを開け光を浴び、夜は早めに電気とテレビを消して朝と夜の区別をつけてあげましょう。
テレビの音や光は赤ちゃんの脳を興奮させる原因となってしまいます。

●鼻水や便秘などの体調不良「体調は悪くないですか??」
便秘などでお腹が張っている、鼻水が出ている、どこか痛いところはないか?かゆかったり湿疹ができていないか?など
体調不良が原因で寝られない赤ちゃんもいます。

●意外な盲点・・・・「かゆい」「襟付きの服が嫌だ」「服のタグがチクチクする」 

「かゆい」
赤ちゃんはかゆくても自分でかくことが出来ません。背中や膝の裏など気づきにくい所に湿疹が出来ている場合も。
筆者の娘の場合、全身をさすってあげると泣き止み寝てくれたことがありました。

「襟付きの服が嫌だ」
上記の事を全て試してみても泣き止まず寝てくれない。なんと原因は初めて着る襟付きの服。
娘の場合は襟が気になり眠れなかったようです。

「服のタグがチクチクする」
襟付きの服を嫌がったように衣類にストレスを感じ眠れない赤ちゃんも。大人でもタグのチクチクはストレスになりますよね。
初めて着させる服のタグが内側についてチクチクしていないかチェックしてみましょう。



まとめ


寝不足になるとついついイライラしてしまいますよね。そんな気持ちが赤ちゃんにも伝わってしまい余計に寝てくれない・・・なんてことも。
自分1人で頑張り過ぎずお母さんがゆったりとした気持ちで赤ちゃんと過ごせるように思い切って周りにも沢山頼ってみましょう。
どうして寝てくれないの?と沢山お母さんが赤ちゃんの為に工夫し努力していることはきっと赤ちゃんにも伝わっていると思いますよ。



スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">