とうとう「スーパーサラリーマン左江内氏」の最終回が終わってしまいました。
毎週土曜日の夜のお楽しみとなっていたので、終わってしまうのはとてもさみしい限りです。最終回までつっこみどころ満載の内容でした。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="5983177139">



妻には弱いが 悪には強い堤真一さん(52)が演じるパッとしない中年サラリーマンが、笹野高史さん演じる 謎の男からスーパースーツを受け取ったことによって、しぶしぶ世界の平和を守ることになる~コメディー。脚本・演出を手がけるのは「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで注目を集める福田雄一氏。小泉今日子さん(50)が演じる鬼嫁ぶりが最後までちりばめられていました。鬼嫁からの愛も最終回で感じることができる内容でした。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="5983177139">

最終回で新キャラクター「キャプテンマン」登場

最終回にもなって、まさかの新キャラ「キャプテンマン」が登場してきました。 
スーパーサラリーマンを統括するのが佐藤二朗さんふん扮する「キャプテンマン」です。どこかで観たことのあるキャラクターですよね・・・・・

毎回“謎の男”とし登場する佐藤二朗さん。そのたびにいろいろなキャラになり「冴えない」サラリーマンである堤さんとのトークを繰り広げ話題になっていました。毎回、ただ面白いやり取りをして、軽く流しているだけかとおもいきや、その正体はなんと「キャプテンマン」だったとは、びっくりです。なるほど~そうだったのか。すべての回の「キャプテンマン」佐藤二朗さんのトークを改めて確認してみたくなりました。

キャプテンマンのモデルは、バードマン?!

佐藤二朗さん扮する「キャプテンマン」、どこかで観たことがあるような?!藤子不二雄さんの漫画「パーマン」に登場するバードマンに似ていますね。

そういえば、“パーマン”のコピーロボットも以前“サエナイ氏”に登場してきましたね。

最終回の個人的感想

福田監督、藤子不二雄さんの原作の作品がどのように仕上がるのか、毎回楽しみにしていました。最終回はやはり何か大きなメッセージが込められているところが、さすが!と思いました。ただ面白くてふざけているだけのドラマではなかったようです。藤子不二雄さんの漫画を観て育った世代の私にはとっても“ぐっと”くるものがありました。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="5983177139">


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="5983177139">