毎年多くの人で賑わう内海中日花火大会。今回は内海中日花火大会の2018年の開催日程や、穴場スポット駐車場情報について調べてみたので、紹介致します。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


内海中日花火大会の2018年開催日程は?


内海中日花火大会2018年の開催日程は8月17日(金)19:00~20:30と予定されています。

打ち上げ数は2017年度は約1000発で、約5万人の来場者で賑わったようですね。

場所取り合戦で激しく場所を探す花火大会に比べ、ビーチにゴザを敷いてごろんと寝そべりながらゆったりと花火大会を楽しむことができることが特徴です。

家族で寝そべって花火を楽しむことができるので、お子さんとゴロゴロじゃれあいながら花火を楽しむことも可能ですよ。

打ち上げ会場が、内海海水浴場ということで場所取りできるスペースが他の花火大会に比べ広く、そこまで混雑していない穴場の花火大会のようです。



内海中日花火大会は雨天の場合、小雨決行、荒天の場合は中止となり、順延の予定はありません。当日が雨にならないように祈るばかりですね。


夕日に海に花火に、とても贅沢な景色が楽しめそうです。


水中スターマインは内海中日花火大会の名物なのですね。海と花火のコラボレーションはとても大迫力で圧巻です。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

穴場スポットを紹介!



内海中日花火大会の穴場スポットですが、先程も少し紹介しましたが、ビーチで開催される花火大会のため、人混みの混雑をあまり感じないとの情報がありました。

どうやらこの内海中日花火大会自体が穴場の花火大会となっているみたいです。

花火大会当日はお昼前には会場に到着し、海水浴を楽しんだあとに花火大会をのんびりと楽しむ方も多いようなので、当日は存分に海水浴を楽しみに行くのもいいですね。


会場の様子がわかるツイートがありました。みなさん砂浜に座ってのんびり花火を楽しんでいますね。

砂浜に座ったり、寝そべったりする場合はレジャーシートゴザがないと砂まみれになってしまうので注意してくださいね。

駐車場はあるの?


内海中日花火大会ですが、内海海岸周辺に約30ヶ所駐車場があり、合計で約5000台分の駐車スペースがあります利用料金は1500円前後とのことでした。

例年の来場者数は約5万人とのことなので、内海中日花火大会に車で行こうと計画している場合はお昼前には会場に到着したいところですね。

当日は18:00~21:30まで会場周辺の交通規制があるので、花火大会ギリギリの時間に会場入りすることは難しいと思うので注意してくださいね。

そして、会場の内海海水浴場にたどり着くには、道路はほぼ一本道との情報がありました。そのため、行きは問題なくたどり着くことができると思いますが、花火大会終了後は大渋滞になるため、渋滞が嫌いな方は車での会場入りは避けたほうが良さそうです。

どうしても車で会場まで行きたい場合は、帰宅時間を少しずらすことをおすすめします。花火大会終了後にすぐに帰ろうとはせずに、しばらく花火大会後の内海海水浴場を眺めながら余韻に浸るのも素敵な思い出になると思いますよ。

渋滞も、帰りの時間をずらすのも無理という方は、会場まで最寄り駅の名鉄知多新線内海駅」から徒歩15分程なので、電車を利用することも検討してみてください。

徒歩15分程なら雑談しながら歩いていると意外とすぐに到着できると思いますよ。

最後に

内海中日花火大会について開催日程や駐車場情報、穴場情報を紹介しましたが、いかがでしたか?

内海中日花火大会自体が穴場的な花火大会のため、おすすめの鑑賞スポットを紹介できませんでしたが、広い海水浴場のため混雑は控えめのようなので、のんびり楽しむことができると思いますよ。最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">