毎年7月に横浜市で開催される横浜花火大会スパークリングトワイライトをご存知の方は多いのではないでしょうか?

今回はスパークリングトワイライトの2018年の開催日程穴場スポットを調べてみたので、紹介致します。

スポンサーリンク



スパークリングトワイライト2018年の開催日程は?


毎年7月になると開催される恒例行事「横浜スパークリングトワイライト」毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

2018年の開催日程は2018年7月14日(土)15日(日)となっています。会場は山下公園とその周辺で、花火以外にも様々なパフォーマンスが見られるようです。



花火の打ち上げ時間は19:30~20:00と花火大会にしては少し短めな印象を受けますね。花火の打ち上げ時間は約30分と短めですが、2日間花火大会を楽しめるのは嬉しいですよね。

スパークリングトワイライトは花火以外にも楽しみが沢山!


横浜スパークリングトワイライトでは横浜の夜景と花火大会の絶景を楽しむことはもちろん、花火以外でも楽しめるイベントが沢山予定されています。

2日間違った内容で楽しむことのできる「シップパレード」では、横浜港で働く船や、シーカヤックのパレードを楽しむことができます。

横浜海上保安部と、横浜市消防局による海上レスキューのデモンストレーションも見ることができるんです。こちらはヘリコプターでの救助活動や消防船による放水の様子など、普段見ることのできない貴重な日頃の訓練の様子を披露してくれるようですね。

家族で行ったらお子さんは大興奮間違いなしではないでしょうか。

花火大会前後の時間帯に行なわれるトワイライトジュエリーポートでは綺麗にイルミネーションでライトアップされた船を楽しむことができたり、横浜税関音楽隊、赤い靴合唱団などによるスパークリングステージライブなど、見て楽しむイベントが沢山予定されていますよ。

パレードやショーの他には、食事をすることができるレストランやバー、体験活動をすることができるPR・ファミリーコーナーなど、一日たっぷり楽しめるイベントとなっています。体験活動では、お子さんに貴重な体験をさせてあげることができるので、いい思い出になりそうですね。

スポンサーリンク



穴場スポットを紹介!


横浜スパークリングトワイライトを更に楽しむために、穴場スポットがないか調べてみました。
    • みなとの見える丘公園
少し小高い丘になっていて、展望台もある穴場スポットです。花火は綺麗に花火を見ることができますが、虫よけ対策は必須のようなので注意してくださいね。



    • 赤レンガ倉庫
観光スポットとしても有名な赤レンガ倉庫。こちらは芝生広場があり、寝転がって花火を楽しむことができますよ。ゆったりと花火を楽しみたい方におすすめですね。



    • 臨港パーク
会場からは少し離れますが、こちらもゆったり花火を楽しむことができる穴場スポットになります。芝生広場の競争率は高めですが、そこを除けばあまり混雑はしていないようななのでおすすめですよ。




    • 山下埠頭
こちらは唯一カメラの三脚が使用できるとの情報がありました。本格的に撮影をしたい方にはオススメのスポットだと思いますよ。




  • ハーバービューレストラン、ヨットハーバー付近
こちらは会場の山下公園から離れてしまいますが、全く混雑していないということなので、人混みが苦手だけど、のんびり花火を楽しみたい方にはおすすめの場所です。


最後に

横浜市で開催される花火大会「横浜スパークリングトワイライト」について紹介しましたが、いかがでしたか?

花火以外にも家族や恋人、友人と楽しめるイベントが盛り沢山の2日間なので、ぜひ足を運んでみたいイベントですね。

ショーも楽しみ、飲食も楽しんだ後は花火大会で最高に盛り上がりたいですね。最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク