暑い日が続き、本格的な夏が近づいていてくると思い浮かぶのは、子供の夏休みの宿題。そんな中でも親も一緒になって悩むのが『自由研究』ではないでしょうか?小学生1年生・2年生だと簡単な工作などがおすすめです。今回は、小学校1・2年生向けの、自由研究・簡単工作をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



自由研究っていったい何をすればいいの!?


そもそも、自由研究っていったいどうすればいいの?目的は?と低学年だと、出来る事も限られてしまうし、親も悩んでしまいますよね。1・2年生だと、まだハッキリと自分がしたい事も分からない場合も多いですし、やりたい事が難しすぎて、断念してしまうパターンも多いです。

自由研究の定義はハッキリしていませんが
自由研究とは
好きな事を調べたり・作る
じっくりと調べたり・作る
自分の興味のある事を見つける
事をメインに考えていくといいです。私の息子が1年生の時に、友人の小学校の先生をしている方から聞きました。

今の時代、課題の解決力(問題解決力)や、創造力、理論的思考など、様々な力が必要なので、多くの学校で『総合学習』と言うものをしています。

この学校での総合学習が、夏休みの自由研究を通してお家での総合学習に繋がっているんです。と、聞き、小さい頃は苦痛で仕方なかった、自由研究が、親になり、説明を聞いたところ、凄く大切な宿題の一つと思えるようになりました。

ですが、まだ1・2年生なので、あまり難しく考えずに、簡単に出来て『自分でできた』と言う、達成感や、自信に繋げられる事が一番です。

最近の小学生は、学習のスピードも早く、自由研究も、学年ごとに、何が合っているのか、考えるのが難しいですよね。

ママやパパのお助けアイテムとして、売られていたり、小学校からお便りでもらってくる『自由研究キット』凄く便利で、助かるし、子供の興味をひくものがいっぱいですが…何と市販の自由研究キットは使用禁止と言う小学校も多いです。

私の息子の小学校も市販の自由研究キットは使用禁止で、毎年自分で考えなくてはいけません。

では、1・2年生はでのような工作が向いているのかご紹介してきたいと思います。ぜひ参考になれば嬉しいです。

思い出と一緒に工作をしてみる


夏休みと言う長期連休。家族そろって出掛ける事もあると思います。そんな出掛けた先での、思い出を作品にしてみると言うのは、思い出もいっぱい詰まった、オリジナルの物が完成しますよ。

貝殻のフォトフレーム


夏と言えば海!海に行く予定のある方は、ぜひ、貝殻をお子さんと一緒に拾ってみてください。家族で出掛けたと言う思い出、家族で拾ったと言う思い出、キレイな貝殻を見つけたと言う発見がいっぱいです。そんな思い出と発見が詰まった貝殻をフォトフレームにして写真を飾ると、夏休みが終わっても、使えて便利ですよね。

材料
100均などで売っている市販のフォトフレーム(シンプルな物)
紙粘土
貝殻や砂
作り方
①フォトフレームのふちに紙粘土を付ける
②紙粘土が乾かないうちに、砂や、貝殻を付ける
※取れそうな時はボンドを使用しましょう。ここはママやパパがしてあげましょう
③乾かす
完成です。もし、貝殻が少なかったり、ちょっとシンプルすぎるかな?と思ったら、紙粘土をこねる時に、絵の具を混ぜると、カラフルなフォトフレームが出来ますよ。

ネームプレート


部屋の扉などに飾れるネームプレートも夏の思い出で作る事ができます。海に行けない時は、公園や、離れているおじいちゃん、おばあちゃんの家に行った時に、見つけた、木の枝や、木の実、松ぼっくりなど様々な物が使えます。

材料
100均やホームセンターで売っている、何も書かれていないネームプレート
木製が一番いいです。
絵の具
ボンド
木の枝
木の実など
木の実あまりなくて、木の枝が多いと言う場合でも、Yの字の木の枝や、太かったり、細かったり、形が全て違うのでオススメです。プレートにどのようにくっつけようかと考えたりできるのでいいですし、完成したら、自分の部屋に飾るのも、オシャレですよね。

これも家族と出掛けたと言う思い出、一緒に探したと言う思い出、今の時期は、こんな木の実があるんだと言う発見もあっていいですよ。
作り方
①プレートに、どの位置に、どの枝や木の実を置くか決める
まだくっつけないでください
②市販のネームプレートに、絵の具で色を染めたり、絵を描く
③乾かす
④プレートの真ん中あたりに、自分の名前や○○へやなど書く
⑤乾かす
⑥ボンドで木の枝や木の実をくっつける
もし、ネームプレートが無かった場合、丁度いい大きさの木の板を買ってきて、危険が無いように、角や周りをお子さんと一緒にやすりで磨くのもいいですよ。ただし、その場合、プレートにする時の、紐を通す穴は、キリを使用しますので保護者の方がしましょうね。

思い出と一緒に作る工作は『夏休みの思い出+工作』と『リサイクル』と言うテーマがきちんと出来ているので、自由研究にはピッタリです。

スポンサーリンク



自分の周りにある物で作ってみよう

親はゴミだと思っていても、子供の手にかかれば、あっという間におもちゃに大変身です。子供の発想力は凄いですね。段ボールや、トイレットペーパーの芯、使い切ったガムテープなど様々な物を用意して、子供に自由に作らせてあげましょう。

ピタゴラ装置


これは、うちの息子が1年生の時に作成したものです!まだ、1年生の頃はNHKのピタゴラスイッチを見ていたので、自分でも作りたくなったようでした。

材料
大きめの段ボール
トイレットペーパーの芯
サランラップの芯
輪ゴム
ガムテープ
セロハンテープ
学校や家で余った丈夫な画用紙
クレヨン
ピンポン玉くらいの固さや大きさのボール
全て家にあったもので作成しました。
作り方
①大きな段ボールを土台にする
②ボールを落とす位置を決め、印をつける
③画用紙、トイレットペーパーの芯、サランラップの芯をレールにするために半分にする
※サランラップの芯は固いので保護者がしてあげましょう
④自由に角度を付けて、ボールが上から下に落ちるように、半分にした芯でレールをつくる
⑤位置が決まったら、一度セロハンテープで仮止めをする
⑥ボールが落ちないように、端には、画用紙を切ったものを、壁にする
⑦全ての位置が決まったら、レールをガムテープで貼る
※ノリでもいいですが、取れやすかったです。ボンドの場合はお家の方がしましょう
⑧ゴールの部分を箱型にした画用紙で作り、付ける
⑨自分の好きなように色を付けたり、文字を書く
※スタートやゴールなど
手順としては多く感じますが、お子さんが興味が持てば、集中して作るので、ママやパパはたまに、アドバイスをしたり、出来ない部分を手伝うだけでした。

飛び出すロケット

これは、息子が2年生の時に作りました。何だか1年生のときより簡単?と思いましたが、作り方が簡単なので、クラスで流行ったそうで、お友達も真似をして作ってきてくれ、クラスでロケット飛ばし大会をしたそうです。
材料
トイレットペーパーの芯3つ
未使用の割っていない割りばし1つ
折り紙
輪ゴム1つ
ストロー1つ
色鉛筆
のり
セロハンテープ
これも全て家にあったもので準備出来ました。
作り方
①トイレットペーパーの芯に折り紙を巻き付け、ノリではる
②違う色の折り紙を二枚三角に切ってロケットの羽を作り、ノリではる
③もう一つ三角に切った折り紙を、トイレットペーパーの芯の頭部分につけロケットの形にする
④丸く切った折り紙を、窓の形にして、中央に貼る
⑤乾かす
⑥割りばしの真ん中から輪ゴムを一番上まで通す。
※イメージとして、輪ゴムの輪っかに、割りばしがぶら下がっている感じです。
⑦トイレットペーパーの芯の穴より大きめにストローを切る
⑧割りばしを下にして、輪ゴムの上の方に、ストローを付ける
※ストローの真ん中辺りに輪ゴムをセロハンテープでとめます
⑨乾いたロケットに、絵を描きます。窓の部分に人を書いたり、模様を書きます。
飛ばし方は、ストローを、ロケットの下に横にセットして、ストローがストッパーになるようにします。穴に割りばしを入れ、割りばしを引っ張ります。輪ゴムが伸びたら、手を離すとロケットが飛んでいきます。

作ってみると、割りばしや、ストローの調整が意外と難しかったので、2年生には合っているのかなと思いました。

家にある材料で作る工作は『リサイクル』と『工作』と言う点で、自由研究にピッタリです。

スポンサーリンク



親と一緒に作る

次にご紹介するのは、息子が2年生の時にお友達が作った自由研究の工作です。作り方を聞いたら、少々難しく、お家の方と一緒ではないと出来ない作品でしたが、女の子からは凄く評判が良かったです。

スノードーム


家にあるもので、出来るの!?と思いますが、卵の殻を細かくすると、雪のようになり、とてもキレイでした。キラキラ感を出したい時は、金や銀の折り紙を細かく切って混ぜるとキレイですよ。

材料
卵の殻
蓋が付いているビン
スポンジ
小さな人形(お菓子のおまけなど)
液体のり
瞬間接着剤
折り紙
瞬間接着剤を使用するので、お子さんが触らないように、十分注意しましょう。小さな人形は、ビンに入るものを。もし無い場合は、折り紙などで作るのもいいですよ。
作り方
①卵の殻を細かくする(雪)
※ビニール袋にいれて砕くと怪我もしませんよ
②瓶の口の大きさにスポンジを切り抜く
③ふたにスポンジ、人形をくっつける
④瓶の7分目まで水を入れる
⑤8分目~9分目くらいまで液体ノリを入れる
⑥のりが溶けるように全体をかきまわす
※泡立たないようにゆっくりとかき混ぜましょう
⑦卵の殻を入れてふたをして、15分くらい待つ
※キラキラ感を出したい時は、細かく切った折り紙を入れましょう
⑧スポンジに液体がしみ込んだら、蓋と本体を瞬間接着剤でしっかりとめて完成
スノードームも、工夫次第では、人形だけでなく、夏の思い出を人形の代わりに入れると、さらに夏の自由研究っぽくなりますよね。

最後に

自由研究と言うと毎年親も一緒に悩んでしまう宿題の一つですが、家庭での総合学習と言う事を頭に入れると、これも大事な宿題と思えますね。親がアレコレ口を出したくなりますが、お子さんと一緒に、何を作りたいか決めて、お子さん中心に作ってもらう事で学習になります。

自由研究で悩まないためにも、お子さんと話し合いをいっぱいして、お子さんの気持ちを優先してあげましょう。

今回は自由研究、簡単オススメ工作5選のご紹介でした。皆様のお役に少しでもたてたら幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク