2016年にアニメ映画化され、話題になった「この世界の片隅に」が2018年7月に実写ドラマ化することが決定しましたね。
スポンサーリンク



今回は実写ドラマ「この世界の片隅に」について、ドラマ撮影のロケ地や気になるキャストについて紹介します。

「この世界の片隅に」基本情報


「この世界の片隅に」は、漫画が原作となっています。原作者はこうの史代さんで、双葉社から出版されている「漫画アクション」にて2007年1月23日号~2009年1月20日号まで連載されていました。

現在は単行本として出版されており、「上・中・下巻」、「前編・後編」の2つの形式で販売されています。原作が気になる方は、一度目を通してみるとドラマをより一層楽しめるのではないでしょうか。

舞台は太平洋戦争の真っ只中の日本で、その中で不安を抱えながらも前向きに懸命に生きるすずの日常生活を描いた作品です。今の日本では考えられないような、大切な人と一緒に暮らしている幸せに気付ける作品だと思います。

2011年には北川景子さんがヒロイン役で終戦記念のスペシャルドラマとして放送され、その後2016年にアニメ版映画が放映され話題になりましたね。
映画の方は日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、大変話題となったので、一度はタイトルを耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。映画を観に行った方もきっと大勢いますよね。

私はまだ子供が小さく、残念ながら映画の方を観に行くことができなかったため、DVDで予習をしようと思っています。

 
ドラマはTBSにて2018年7月~放送開始予定です。放送時間は毎週日曜日21:00~21:54の日曜劇場の枠で放送されます。

スポンサーリンク


「この世界の片隅に」のロケ地は?


実写ドラマ化ということで、実際にドラマ撮影をしているロケ地はどこなのか気になりますよね。

ロケ地を調べてみたところ、東京の緑山スタジオの方に古民家を移築したオープンセットが製作されたようですね。なので、古民家が写り込んでいる映像のロケ地は緑山スタジオになるのではないでしょうか。

広島県や岡山県での撮影も予定されているとのことでしたので、ロケ地の情報がないか少し調べてみました。残念ながら、はっきりとした情報がつかめなかったため、SNSの情報を参考にロケ地をチェックしてみましょう。


引用:Twitterより


引用:Twitterより

広島ロケは既に終了しているようですね。


引用:Twitterより

ロケ車らしき車に遭遇した方もいらっしゃいます。


呉でロケがあったという情報が多かったので、広島県でのロケ地はが有力ですね。



茨城県大子町でのエキストラ募集の情報もあったので、茨城県でも撮影がされていますね。



小金井市で大規模ロケがあるとの情報も。


エキストラ募集情報をチェックすると、どの辺でロケが行われるのかがわかりそうですね。

岡山県での撮影情報は見付けることができませんでしたが、ロケ地は

 

  • 広島県呉市
  • 茨城県大子町
  • 東京都小金井市
  • 神奈川県横浜市
  • 緑山スタジオ(オープンセット)
 

 

以上が現在(2018年6月上旬)では有力なロケ地だと思われます。

主要キャスト紹介


2018年7月から放送されるドラマなので、主要キャストの公開はすでにされていますね。

 
  • 北條すず役(旧姓:浦野):松本穂香
 

 

    • 引用:公式プロフィールより
主演はアニメ映画版で主人公の声優としてお仕事をされた「のん」さんが務めるのではないかと思われていましたが、主演は松本穂香さんに正式に決定しましたね。

3000人の中からオーディションを勝ち抜いたとても実力のある女優さんだと思います。

主演が決まってから、舞台となった広島県でヒロインすずが生きた場所で役作りに励みました。役作りでは大好きな洋菓子も我慢するという徹底ぶりだったようですよ。

 
    • 北條周作役(すずの夫):松坂桃李
引用:公式プロフィールより

主人公すずの夫役として決定したのは、爽やか系イケメン俳優の松坂桃李さん。旦那様がこんなにイケメンだなんて、とても羨ましいですね。

撮影現場では緊張気味の松本穂香さんに話しかけたり、緊張をほぐそうとほっこりするような場面があったようです。


 

    • 引用:Twitterより
その他の出演者の方も役名と一緒に簡単に紹介していきますね。

 
    • 黒村径子役(周作の姉):尾野真千子
引用:公式プロフィールより
    • 浦野すみ役(すずの妹): 久保田紗友
 



こちらの刈谷幸子はドラマのオリジナル人物となります。どんな役回りなのか気になりますね。

 

 

  • 水原哲役(すずの小学生時代の同級生): 村上虹郎
 

引用:公式プロフィールより

 
  • 白木リン役(遊女): 二階堂ふみ
 

引用:Twitterより

原作にはいないオリジナル人物も登場しているため、原作とは少し違ったドラマになるのでしょうか?

他にも出演者はまだまだいますので、公式サイトでチェックしてみるのもおすすめです。


スポンサーリンク


最後に

「この世界の片隅に」実写ドラマ化についてドラマ撮影のロケ地やキャストについて紹介しましたが、いかがでしたか?

アニメ版映画は日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞するほどの大ヒット作品となったので、実写ドラマ版も今からとても楽しみですね。

アニメ映画版を堪能した方はもちろん、残念ながら見逃してしまった方も、この夏は是非「この世界の片隅に」実写ドラマ版を楽しめるといいですね。最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク