山形赤川花火大会は山形県の鶴岡市で開催されます。
今年で28回目と、比較的新しい花火大会ですが、毎年30万人の人が訪れる、人気の花火大会になっています。

今回は山形県の赤川花火大会の2018年の情報穴場5選みどころをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

赤川花火大会とは?みどころは?

引用:Twitterより
山形県鶴岡市で開催される赤川花火大会。28回目と比較的新しい花火大会ですが、何と、日本の花火100選でも、ベスト10入りするほどの人気の花火大会なんです。

なので、全国の花火大会の中でも屈指と評価され、毎年全国各地から多くの人々が訪れるほど人気ぶりなんです。

みどころは、全国の花火技師が技を競い合う「全国デザイン花火競技会」が注目です。毎年、様々なデザインの花火が、打ち上げられます。

そして、オープニングも会場が一体になるような工夫があり、カウントダウンもワクワクします。河川敷全部を使って行う花火大会は、見所満点です。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


2018年の赤川花火大会の情報



開催日:2018年8月18日(土)
※雨天決行、河川敷の増水時は翌日に順延
雨天決行ですが、河川雑炊の時は延期になるので、当日に確認が必要になります。
開催時間:19:15~21:00
開催会場:鶴岡市 赤川河畔 羽黒橋~三川橋
打ち上げ数:1万2000発
昨年の来場者数:33万人
所在地:鶴岡市伊勢原町8-5 赤川河川敷(羽黒橋~三川橋間)
問い合わせ先:0235-28-1873(赤川花火大会実行委員会)
駐車場:無料。有料は、1台1日2000円 
交通規制:9~23時 ※打揚げ場所・会場周辺車両通行止めあり

有料席はある?無料席は?

引用:Twitterより
有料席は全部で6種類あります。迫力のある花火大会を間近で見たい方にはおススメです。

●SA席:23,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)
敷物も用意されていて、最前列で見る事ができます。


●A席:17,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)
こちらも、敷物が用意されていて、仕切りのある席で見る事が可能です。

●SB席:15,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)
こちらは、レジャーシートが付いていますが、座る時が痛い場合もありますので
クッションなど持って行くのがおススメです。

●B席:10,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)

SB席と同じく、レジャーシート付となっています。

●C席:10,000円

(定員2名)

2名用の席となっているので、カップルの方におススメの席です。

●D席:8,000円

(最大定員6名のマス席※3歳以上の方を1名とする)
こちらは、土のグラウンドに、レジャーシートが付いていますので
クッションなど持って行くといいですよ。
申し込み先ですが、初めての方はローソンの一般販売を利用しましょう。
何度も買ったことがある方はIDを持っていて赤川花火大会公式オンラインショップでの先行販売で購入可能となっているので、初めての方は中々チケットが入手しにくいようです。

無料席は充分に広く、場所取りもしやすいです。
無料席エリアは南北に約1500mもあるので、夕方ごろに到着すれば普通にレジャーシートを敷く場所を確保できます。早目に行って、最前列の場所を確保する方もいますので、いい場所で見たい方は、早目に行ってみるのもいいですね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

赤川花火大会穴場5選!

引用:Twitterより

三川橋


三川橋は、そんなに混雑もする事なく、花火を邪魔する建物などもなく、花火を迫力満点で楽しむことができる場所です。ただ、花火鑑賞は横からになります。駐車スペースはないので、近くの宿泊施設から行く事をオススメします。

鶴岡東公園

駐車場もあり、広々としているので、ゆっくり観覧したい時にはおススメです。ただ、すぐ近くに民家がありますので、静かに観覧する必要があります。

羽黒橋

こちらも、花火を横からの観覧になってしまいますが、比較的混雑していなく、ゆっくり見る事ができます。駐車スペースはないので、近くの宿泊施設から行く事などがおススメです。

鶴岡市立朝暘第五小学校グラウンド

小学校のグラウンドで見れるの?と思われますが、何と、鶴岡市立朝暘第五小学校では、花火大会の日にグラウンドが解放されていて、花火を楽しむことができる穴場スポットなのです。駐車場は多くないですが、早く行くと停める場所もあり、グラウンドでゆっくり花火を楽しむことができますよ。

北日本羽黒食品付近

花火会場とは反対の場所にあるため、人通りは少ないですが、迫力のある花火を楽しむことができますよ。近くに駐車スペースがないので、宿泊施設から歩いて行きましょう。

最後に

山形県鶴岡市の赤川花火大会。全国でも有名な花火大会を間近でゆっくり見てみたいですね。

ぜひ、山形県鶴岡市に足を運んでみてください。素敵な花火大会が見られますよ。一度見ると感動して、毎年行きたくなる花火大会なので、おススメです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク