木星、土星の最接近に続き、2018年7月31日火星が大接近するということで注目されています。

スポンサーリンク


今回は2018年7月31日に火星が見える方角や、時間帯を調べてみたので紹介します。


火星の見える方角は?


火星の見える方角ですが、東の空から昇り、ほぼ真南(南中)にくるようです。その後西の空に沈んでいくとのことなので、火星がよく見られる方角は南の空になりますね。

火星は他の星とは違い、赤色に輝いているので、天体関係の知識があまりなくても観察しやすいと思いますよ。

太陽系の並びで見ると、地球の隣に位置している惑星が火星です。隣の惑星ということで、火星に関心がある方も多いのではないでしょうか。他の惑星に比べ距離が近いこともあり、最接近する2018年7月31日以外の日にも火星を肉眼で見ることが可能なんですよ。

ふと思い出したときにでも南の空を眺めてみると、火星が輝いているなんてこともあるかもしせんよ。

スポンサーリンク



火星の見える時間帯はいつ?


火星の見える方角に続き、今度は2018年7月31日の火星が見える時間帯を紹介しますね。

先程火星は東の空から昇ってくると紹介しましたが、火星が昇ってくる時間は18時51分頃と予想されています。この時期だと日の入り時刻よりも少し早いぐらいでしょうか?

早ければ、まだ空が明るいうちに火星を確認することができるかもしれませんね。

そして、一番観察しやすい火星が南中に到達すると予想されているのが23時32分頃になります。お子さんと一緒に観察したい場合は少し遅い時間になりますね。

まだまだ夏休みということで、この日だけでもお子さんの夜更かしを許してしまうのもいいのではないでしょうか。

日付は変わり、8月1日の午前4時18分頃に火星は西の空に沈んでいきます。日の出よりも少し早めに火星は沈んでいくみたいですね。7月31日は10時間近く火星を観察することができそうです。

一番火星を観察しやすい時間帯は22時~24時頃なので、少し夜更かしをして火星観察を楽しめるといいですね。

ちなみに、こちらで紹介した時間帯は東京を基準に紹介しているため、東京よりも北にある地域の方は大体30分ほど早めに、南の地域の方は紹介した時間よりも少し遅めになると思います。

スポンサーリンク



火星は既に観測することができる?


火星は2018年7月31日に地球に最接近しますが、2018年6月下旬ごろから9月上旬頃にかけて火星を観測することが可能なんです。夏休みの間観察が可能なので、お子さんの夏休みの自由研究の題材に火星の観察をすることができますね。

火星の最接近する日以外も火星を観察することができたら、2018年7月31日の火星の見え方がどれぐらい違うのかがわかると思うので、より一層火星の大接近を楽しむことができると思いますよ。

火星の大接近は2003年以来15年ぶりということなので、今年はたっぷり火星の観察を楽しみたいですね。火星の他に2018年は木星と土星も最接近しているので、運が良ければ3惑星を同じ日に観測することができるかもしれません。

とても珍しい現象なので、自宅のベランダでもいいですが、天体ショーイベントに足を運んでみるのもいいかもしれませんよ。普段見ている夜空の世界とは違い、もっと綺麗に星空を観察することができそうですね。

最後に

火星の最接近について見える方角、時間帯などを紹介しましたが、いかがでしたか?

木星、土星、そして火星の最接近と2018年は3つの惑星が地球に最接近するというとても珍しい年ですね。家族や恋人など、大切な人と一緒に素敵な天文ショーを楽しみたいですね。

私も普段あまり空を見上げることはありませんが、今年の夏は3惑星の最接近を楽しみたいと思います。最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク