毎年多くの人で賑わう岡崎の花火大会。愛知県内では有名で人気の花火大会のひとつなんですよ。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


今回は岡崎花火大会の日程と駐車場情報穴場スポットを調べてみたのでご紹介します。


岡崎花火大会2018年の日程は?


岡崎の花火大会とよく耳にしますが、正式名称は「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」というそうです。私も正式名称は知らなかったので、思ったより長い名前だったということを初めて知りました。

そんな岡崎花火大会の2018年の開催日程ですが、2018年8月4日(土)に開催されます。基本的に花火大会は少雨でも開催されますが、荒天の場合は、翌日の8月5日(日)に延期となるので注意してくださいね。

岡崎の花火大会は毎年8月の第1土曜日に開催されています。社会人でも次の日を気にしないで花火大会を楽しめる方が多いのではないでしょうか。土曜日にたっぷり花火大会を楽しんで、日曜日はしっかり身体を休めることができる、理想的な日程ですね。

花火の打ち上げ時間は18:50~21:00と、他の花火大会に比べ長い時間花火を楽しむことができます。

花火大会の会場は、乙川河畔矢作川河畔2ヶ所あります。

引用:Twitterより

こちらは乙川会場の方で撮影されたと思われます。すごく綺麗で大迫力です!

花火大会も大人気ですが、当日は100件以上の屋台が出店されるので、そちらもおすすめです。花火の場所取りをする前に、食料調達ができるように早めの時間に会場に到着しておきたいですね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


岡崎花火大会の穴場スポットを紹介!


岡崎の花火大会はとても人気な花火大会のため、花火大会当日の会場周辺は非常に混雑しています。

有料の観覧席も用意されていますが、グループではなく家族やデートなどの少人数で参加の場合は場所取りが必須になります。

花火は楽しみたいけど、少しでも混雑を避けたい方に穴場スポットを調べてみたので紹介しますね。

  • 岡崎中央総合公園

  • 花火大会会場から少し離れますが、大型の駐車場があるため車利用の方におすすめの穴場スポットになります。仕掛け花火を鑑賞することは難しいと思われますので、打ち上げ花火だけ楽しめればいいという方は岡崎中央公園がおすすめですよ。


    引用:Instagramより

    高台にあるため綺麗に花火を見ることができます。花火と夜景を一緒に楽しめるので、デートにもおすすめですよ。



  • 岡﨑シビコ

  • こちらは商業施設になりますが、屋上を無料開放してくれるとの情報がありました。周辺には有料ですが、いくつか駐車場もあるので、車でも利用しやすい場所だと思います。

    ただ、今年も無料開放されるかはわからないので、事前に確認が必要になりますね。

    東岡崎駅より徒歩15分ぐらいなので、電車利用でも行きやすい場所にありますよ。

    引用:Twitterより

    こんな感じで屋上から花火を楽しむことができるのでしょうね。



  • コムタウン

  • こちらも商業施設になりますが、定番の穴場スポットになります。コムタウンは21:00閉店なので、フィナーレまでのんびり鑑賞することは難しいですが、お子さんが急にトイレに行きたくなったときにも対応できるのでおすすめです。


    引用:Instagramより



  • 矢作川左岸(川の東側)八帖南町1丁目付近

  • こちらは2会場の中間に位置しているため、どちらの会場の花火もきれいに見ることができます。諏訪公園を目指していくとわかりやすいですよ。



  • 矢作川左岸(第10号渡橋河川緑地付近)

  • こちらは矢作川会場の南側にあり、矢作川会場の花火を存分にのんびりと楽しみたい方におすすめの穴場スポットになります。

    乙川会場からはだいぶ離れてしまうため、乙川会場の花火を楽しむことはできませんが、小さなお子さん連れで人混みに行くのはちょっと心配な方は、こちらでも十分打ち上げ花火を楽しむことができますよ。



矢作川の堤防付近はあまり混雑していないようなので、花火をのんびり見たい方にはおすすめの穴場スポットになりますね。

引用:Twitterより

2016年の情報ですが、花火大会のために屋上を開放してくれる商業施設がいくつかあるようなので、事前に情報をチェックしておくと便利ですね。

意外と近くに屋上が開放されている施設があるかもしれませんよ。

岡崎の花火大会では、開催場所が2会場ありますが、乙川河畔会場の方は大変混雑しています。矢作川河畔の会場の方は金魚花火や仕掛け花火を楽しむことはできませんが、乙川会場に比べ空いているので、人混みが苦手な方は矢作川会場での鑑賞がおすすめです。

仕掛け花火は見られなくても、スターマインなどの打ち上げ花火は存分に楽しむことができるので安心してくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


岡崎花火大会の駐車場情報


岡崎の花火大会には臨時駐車場を無料で開放してくれる施設がいくつかありました。どうしても車で岡崎の花火大会に行きたい場合はこちらを参考にしてみてください。

  • 市役所東駐車場・西駐車場

  • 岡崎市役所の駐車場が臨時で無料開放されるようです。駐車場の収容台数は東駐車場には約270台西駐車場には約250台と市役所だけで約520台も駐車することが可能です。

    ですが、花火大会の来場者数に比べたら全く少ないので、時間ギリギリではまず駐車はできませんので、遅くてもお昼過ぎには到着しておきたいですね。

    会場までは東駐車場からは徒歩約15~20分、西駐車場からは徒歩約15分西駐車場のほうが少しだけ会場に近い場所にありますね。

    東駐車場


    西駐車場


  • 明神橋公園駐車場

  • 収容台数は約350台岡崎公園までは徒歩約10分と会場から近い場所にあります。こちらの駐車場は毎年周辺道路の大渋滞に巻き込まれるとのことなので、渋滞を避けたい方にはあまりおすすめできません。

    渋滞なんて気にしないという方には会場から近く、おすすめの駐車場となります。



  • 岡崎中央総合公園

  • こちらは先程穴場スポットとしても紹介しましたね。花火大会当日は1500台の収容スペースを無料で開放されているため、少し遅い時間帯でも駐車できそうです。打ち上げ花火だけ楽しめればいい場合は岡崎中央総合公園でのんびり花火大会を楽しむのもありですね。地図は穴場スポットの方で紹介しているため、そちらを参考にしてみてください。

  • イオンモール岡崎

  • 駐車場の収容台数は4300台と断トツで、午前9:00~24:00まで無料で車を駐車しておくことが可能という情報がありました。会場からは離れてしまいますが、渋滞には巻き込まれにくいため、穴場の駐車場のようですね。




最後に

岡崎の花火大会「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」について紹介しましたが、いかがでしたか?

一度見るとまた来年も見に行きたいと思えるぐらい素敵な花火大会なので、ぜひ足を運んでみてはどうでしょうか。

毎年大混雑のお祭りなので、マナーを守って花火大会を楽しんでくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


スポンサーリンク