いよいよ話題のS2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL JAPANが近づいてきました。今回が日本初上陸ということで持ち物や気になる服装など準備品おすすめを紹介したいと思います。大量の水に備えて持ち物も準備していきましょう!

スポンサーリンク



S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL とは

アジア最大級の水と音楽のフェスティバルとして有名なイベントが今年2018年日本に上陸です!2015年、タイの旧正月に行われる伝統的な行事「水かけ祭り=ソンクラーン」の時期にスタートしたイベントです。水かけ祭り×音楽の融合させたダンスミュージックフェスです。世界的に有名なイベントで本国タイでの動員数は3日間でトータル5.5万人を動員したそうです。タイで開催されますが世界各国から来場者が訪れるほど注目のイベントなのです。

そもそもSONGKRAN(ソンクラーン)って何?
タイ王国の正月にあたり、太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝うもの。もともとソンクラーンには仏像や仏塔へ、さらに家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習があり、近年はそれが転じて街の往来で通行人同士が水を掛け合って楽しむ”水掛け祭り”として知られるようになりました。現在は毎年4月13,14,15日の3日間に行うものとされており、タイ王国の祝日にも定められています。バンコクでは地方から働きに出ている人々が一斉に帰省するため、この時期街は閑散としますが、王宮周辺を中心にさまざまな催しが行われています。ワット・ポーではタイ北部・東北部・中央部・南部それぞれのソンクラーンの祝い方がデモンストレーションされるほか、バックパッカーの拠点として世界的に有名なカオサン通りで行われる、大規模な水掛け合いが有名です。

持ち物は?

通常の野外フェスだと、「雨対策」としてレインコートなどがマストアイテムとなっていますが、この『S2O』に関しては水かけ祭りです。ずぶ濡れ前提でグッズを準備しましょう。

持ち物は防水対策マスト!
世界一ずぶ濡れになる音楽フェス『S2O Japan』に行くのですから、濡れてしまうのではなく、あえて濡れに行くという意気込みですべて準備しましょう。生活防水程度では役に立ちません!

見出しタイトル

バック

今年日本で初開催となるので、会場の設備などの詳細があまりよくわかりません。念のためにすべてのものを防水でそろえて持っていくのがベストだと思います。余分な荷物は持参しないほうがいいでしょう。

携帯電話対策

スマホは肌身離さず持っていたいものです。カメラ機能もあり、ライブ中の様子など友達とのショットを記念に撮影したいですよね。スマホが水に濡れてしまったら大変な事です。生活防水機能のものも対応できないほどの水がかかることが予想されます。スマホに関しては完璧に防水対策をとっておきましょう。

ケースに入れた状態でも撮影可能なもの、首から下げられるものがおすすめです。

セルフィースティック(自撮り棒)は持ち込み禁止となっていますのでご注意を!

水に濡れ、さらに音楽に合わせて踊ることを考えると、普通のスニーカーだとびしょびしょで気持ち悪いですね。ビーチサンダルよりウォーターシューズのほうが個人的にはおすすめです。女性の方、可愛くおしゃれに見せるためにヒールのあるサンダルなどを履いていくと、水がかかり転倒してしまうおそれがありますので、ずぶ濡れ・音楽・ダンスをめいいっぱい楽しむのでしたら、安定した靴を選んでくださいね!

洋服

言うまでもなく、濡れても大丈夫なもの、水着を下着代わりに着けておきましょう。

他の人からさらに目立つためには、ネオンを取り入れた服装が人気!

アクセサリー

光るブレスレットを付けているだけで、かなり目立ちます。

女性陣お化粧対策も忘れずに!

眉毛が水や汗で落ちてしまったら「誰?」って言われないように、ウォータープルーフのものを使用しましょうね!帰りの電車の中で悲惨な状態にだけはならないように!

ゴーグル

放水直撃の時に目守ったり、女性の方はお化粧崩れのカモフラージュにゴーグルやサングラスを着けてみるのもいいかもしれませんね。顔より大き目で破損の恐れもありますので、あまり高価なものを使用するのはリスクが高いと思います。スポーツタイプのものを選ぶと軽量で、いいのではないでしょうか。
こちらは光るサングラス。暗くなってきてからの会場で目立つ事間違いなし!!防水ではないので水にかかったらどうなるか・・・自己判断でご使用してみてください。
大量の水に向かっていきたい人は、作業用ゴーグルだったり、シュノーケルやスノボ用ゴーグルを準備してもいいかもしれませんね。どんどん水を浴びちゃって下さい!

帰宅時用着替え一式

こちらはマストアイテムとなっています。主催者側の注意事項にこうあります。

イベントに参加後、全身が濡れた状態での退場は、周辺施設へのご迷惑になりますので、一切禁止とさせて頂きます。
必ず更衣室等にて、身体を拭いて頂き、上着・ズボン等を着用した後にご退場ください。
お出口にて係員により確認させて頂きます。

そりゃそうだ!この場所からほとんどの人は、電車を乗り継いで帰宅しなければなりません。ずぶ濡れの恰好で電車に乗られたり、飲食店に入られたら大変です。お着替え一式+靴(サンダル)は必ず準備していきましょう!

タオル

イベント終了後、何はともあれ、拭くものがなければ着替えができません。タオル類は軽量で速乾のものを準備しましょう!

持ち運び更衣室

会場内には更衣室がありますが、収容人数にどれだけ対応しているのかわかりません。しかも水浸しになって不快な思いをする可能性もあります。お友達数人で行かれる方は持ち運び更衣室なんていかがでしょうか?場所も取らず、更衣室の順番待ちにも並ばずに済みます。かなり軽量でコンパクトになりますので検討してみる価値はあるのではないでしょうか?

最後に

今年日本で初開催となるS2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL JAPANですが、発祥の国タイでの様子を画像などで見てみると、かなり大胆な服装で皆さん参加されているようです。が、ここは日本。どこまで本場に近づけるかが楽しみですね。本国タイに負けない盛り上がりで楽しみましょう!

スポンサーリンク