みなさん、土橋真さんをご存知でしょうか?5月8日にマツコの知らない世界に出演が予想される方なのですが、駄菓子屋ハンターと言う駄菓子をオススメしている方だそうで、気になったので調べてみました。今回は土橋真さんのご紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク



土橋真さんってどんな人

引用:Instagramより 手前左土橋真さん

土橋真(とばしまこと)さんは駄菓子屋ハンターをお仕事にしているのではなく、サラリーマンとして働いています。現在30代で、ご結婚もされており、お子さんが2人いらっしゃいます。メディアにも結構出ている方で、テレビだけでなく、雑誌や新聞にも出た事のある方です。

7年前に、一度仕事を辞めて、平日の昼間が見えるようになり、駄菓子屋さんのおばあちゃんと、子供達のやり取りを見て、「駄菓子屋って凄い場所なんだな」と思ったことが、駄菓子屋ハンターのきっかけだそうです。

駄菓子屋をパソコンで検索しても中々見つからなく、歩いて探しているどうです。東京だけでなく、色々な県の駄菓子屋さんを探しています。歩いて探しているので一日5時間かかっちゃう事もあるんだとか。そんな土橋真さんには土橋さんなりの駄菓子屋の3つの定義があるそうで

・住んでる場所とお店が一致してる
・いつ行っても同じ人がいる
・子供たちがそこを駄菓子屋と認めてる


この3つの条件を満たしている所が駄菓子屋さんで、ショッピングモールなどにある駄菓子屋さんは、駄菓子ショップと呼んでいるそうです。

気になる年収は?お仕事は?

駄菓子屋ハンターの土橋さんのお仕事ですが、現在は、空調関係のメーカーで営業をされているそうです。また、気になる年収ですが、サラリーマンの平均的な年収で500万前後だと思います。メディアにも出ていますので、もっとあるかな?と思いますが、芸能人ではなく、サラリーマンなので、このくらいだと思います。

スポンサーリンク



駄菓子屋ハンターって何をしているの?

引用:Instagramより

あまり聞かない駄菓子屋ハンター。一体どんな事をしているの?と思いますよね。

土橋さんは、ブログやTwitter、Instagram、メディアを通して、駄菓子屋さんのお菓子を紹介しているのではなく、駄菓子屋さんそのものを、探して発信しているようです。菓子よりも、駄菓子屋さんの方が詳しいようです。ブログでは180件を超える駄菓子屋さんが紹介されています。自分で探して見つけたのは300件にも。凄いですよね。また、ブログで駄菓子屋さんを紹介していますが、お店の方が、年配の方なので、たまに、撮影やブログに載せる事を事を断られる事も…。

それでも、探して紹介し続けるのは、駄菓子屋のおじちゃんおばちゃんに「あなた達がやって来た事は、とても素晴らしいことなんですよ」と伝えること、新しくやる人たちを応援することを目的として発信しています。そして一番大きいのは、5年後、10年後、駄菓子屋さんが残っているように発信しているんですね。素敵な活動だと思います。

スポンサーリンク



駄菓子も大好き

引用:Instagramより

駄菓子屋を探している、土橋さんですが、駄菓子も大好きなようで、特に、「ビンラムネ」が大好きだそうで、駄菓子屋に行かなかった時期も、問屋で箱買いをするほどだそうです。平均1日1個は食べているそうで、出かけている日を除くと年間300個は食べていると。凄すぎます。

300個も食べていると、普通の人はむせてしまう、このビンラムネ。土橋さんはむせずに食べる事が出来るようです。小学1年生から食べていて、高校2年生から箱買いをし始め、土橋さんご自信も、6000個は食べているから、宇宙レベルですとおっしゃっています。確かに宇宙レベルくらい、食べてますね。

最後に

土橋真さんの紹介いかがでしたか?ネットでは検索できないから、自分で駄菓子屋さんを探す、土橋さん。改めて考えると、駄菓子屋さんは少ないなと私も思いました。私も小学生の息子と一緒に駄菓子屋さんを探して行きたくなりました。土橋さんのこれからの活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク