山梨県の山高神代桜は日本で最古・最大級の桜として知られています。今年2018年の開花状況はどうなっているでしょうか?またアクセスの仕方や駐車場の混雑状況など調べてみました。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

山高神代桜開花時期


山梨県の大武川の南岸にある実相寺の境内に神代桜はあります。その大きさは樹高は10.3m、根元・根回り11.8mもあり、日本で最も古く・最大級です。神代桜の樹齢は約2000年といわれており、古木にも関わらず4月上旬には美しい花を今なお咲かせ続け多くの人を魅了しています。桜の種類はエドヒガンザクラとなっています。

昨年の2017年は4月8日に満開宣言が出されていますので、その前後が2018年も見頃となるかと思います。満開期間は例年1週間~10日間程、その間雨風がなければいいですね。

長い年月、生き続けてきた証の太い幹には圧巻です。花だけではなく、たくましい、重厚な幹にも注目してください。大正11年に国の天然記念物に指定され、平成2年には新日本名木百選に選定され、まさに日本を代表する桜と言ってもいいでしょう。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

所在地・アクセス方法


所在地
〒408-0306  山梨県北杜市武川町山高2763 (標高:約550M)
ポイント!カーナビには「実相寺」を入力しましょう。経路が出てきますよ

アクセス方法
●JR中央本線「韮崎駅」からバスで30分(周遊バス:4/1~4/21までの期間運行)
●JR中央本線「日野春駅」からタクシーで15分 (約2000円)
●JR中央本線「日野春駅」から徒歩で60分
●中央自動車道「韮崎IC」から車で30分
●中央自動車道「須玉IC」から車で15分
※以前運行していた周遊バスは2013年に廃止されてしまったそうです。注意してください。

駐車場収容台数は?混雑は?

神代桜のある実相寺の境内すぐ南側に駐車場があります(境内まで徒歩1分、近!)
普通車:500円 約100台 バス 約10台

神代桜まつりが行われている期間4月1日~20日は、上記駐車場の他に各所に臨時駐車場が開設され、駐車場のスペースが拡大されます。
駐車料金⇒普通車:500円 中型バス:1,000円 大型バス:2,000円

臨時駐車場が開設されても、やはり混雑は避けれられないようです。駐車場の予約を取ることもできませんので、余裕をもってお出かけください。神代桜の周囲の道はあまり広くありませんので、混雑覚悟で行ってみてください。混雑で時間がかかっても見る価値がある素晴らしい景色が待っていますよ。

混雑を避けるには、朝早くまたは夕方と時間をずらし気味に行くのがいいかもしれません。

まとめ

神代桜の周囲にはソメイヨシノが30本、また、足元にはラッパすいせんが15万株うえられているので、視界全体が花であふれる景色を楽しむことができます。また、桜の後ろには南アルプスの山々が連なり、雄大な自然を感じることができる桜の名所となっています。是非訪れてみたいところの1つです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">