今年も3月に日本最大級のパンフェス横浜(赤レンガ)2018春が開催されます。今回で4回目となりパン好きには欠かせないイベントになりました。前回は12万人を超える来場者が集まるなど、話題になりました。パンフェス横浜(赤レンガ)2018春の詳細情報をお届けします。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

パンフェス開催概要


正式名称⇒パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ

開催期間⇒2018年3月2日~4日の3日間開催

開催時間⇒2018年3月2日(金) 11:00~19:00/パン屋さんエリア 11:00~17:00
3月3日(土) 11:00~19:00/パン屋さんエリア 11:00~17:00
3月4日(日) 11:00~17:00/パン屋さんエリア 11:00~17:00

会場⇒横浜赤レンガ倉庫イベント広場

住所⇒神奈川県横浜市中区新港 1-1


入場料⇒イベントエリア 無料/パン屋さんエリアの先行入場 11:00~14:30 400円、一般入場 15:00~17:00 無料


先行入場

パン屋さんエリアには先行入場ができる時間帯が設けられています。上にも書きましたが、11:00~14:30 入場料は400円です。販売するパンには限りがあります。必ずお目当てのパンをゲットしたい!という場合は先行入場をおすすめします。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

お目当てのお店のパンをゲットするための対策

●先行入場をする
●朝一番に入場する
●数人で行き分担して並び複数のお店の品をゲットする
●子連れの場合ベビーカーはなるべくやめておく
●飲み物は持参する(飲み物を買うのも並びます)
●ペットはエリア外で待っててね
●トイレは早めに済ませる
●屋外、海の側なので防寒対策を


パン好きの達人は、旅行用のトランクを持参で来場していました。購入したパンの形状が崩れないように持ち帰る為です。それぐらい力をいれて来場する方も多数いらっしゃいます~持ち帰りの方法も工夫されたほうがいいかもしれませんね。

前回のパンフェス横浜記事

混雑予想

前回は2017年9月に開催されました。台風直撃の直後にもかかわらず、やはり多くのお客さんが訪れたようです。公式発表によりますと、前回は12万人、前々回は14万人とものすごい人数です。パン好きの人はこの混雑を覚悟でパンフェス横浜(赤レンガ)2018春に挑みましょう!


混雑にもめげず、美味しいパンをゲットできた時の喜び、美味しさは格別でしょうね。混雑はするものの、会場は海に面しており開放感があります。パンを購入するのに、長い行列は覚悟しておいてくださいね。

あわせて読みたい

まとめ

年に2回開催されるパンフェス横浜(赤レンガ)は全国の有名パン屋さんが集まり、そのパンを購入できる事で大人気のイベントです。是非先行入場をして、お目当てのお店のパンを味わってみてください。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク