妊婦になってから引っ越しをする場合、引越しの準備ってどんなことをすればいいのか、また現在使用している母子手帳や補助券はどうすればいいのか、わからないことが沢山ありますよね。今回は妊婦でもバタバタしない引っ越し準備のポイントを体験記を踏まえていくつか紹介します。

スポンサーリンク



荷造りは断拾離も兼ね、毎日少しずつ

妊娠中は体力の消耗も激しく、少しの作業でもすぐに疲れてしまうことがあります。一日の作業時間を決めて、毎日少しずつ引っ越し準備をしていきましょう。

また、出産準備やベビーグッズなどでこれから物が増えるので、思い切って断拾離をしてみるのもいいですね。引っ越しの荷物も減るし、改めて自分に必要な物の見直しができるので一石二鳥です。

私は引っ越しを機にタンスの奥に眠っていた衣類を大量に処分しました。産後は動きやすさ重視の服装に変わっていったので、処分をしてよかったと思っています。

荷造りをするときに、母子手帳や出産前後に必要になるもの、入院グッズはすぐに取り出せるようにしておくと急な体調不良にもすぐに対応することができます。荷物も大きな箱にまとめてしまうと重たくなり、妊娠中の体にはとても負担になるので、荷物の詰め過ぎには注意が必要です。

引っ越し業者に頼む前段階、ネットで簡単に予約できる家事代行サービスを利用してみるのも一つの手ではないでしょうか↓↓↓
【CaSy】忙しいあなたも、Webからいつでも簡単予約

引っ越し準備はパパとしっかり段取りを話し合っておく

ご主人と引っ越しの段取りをしっかりとしておくことも引っ越し準備では重要な項目の一つです。同一県内や近い距離での引っ越しでも、妊娠中はいつ体調が悪くなってもおかしくないので、引っ越しは業者に頼むことも検討してみて下さい。

荷造りは自分たちでやるけど、重たい家具や家電は業者に任せることで、少しでも体の負担を減らしましょう。荷造りも業者にお任せできるプランもあるので、妊娠中の引っ越しは多少の出費も元気な赤ちゃんを産むための必要経費だと割り切って利用してみるのはどうでしょうか。

私は同一県内の引っ越しだったので業者を使わずに引っ越しをしましたが、家具や家電の搬出、搬入は主人と友人に協力をしてもらいました。荷造りだけでもお腹が張ったりするときが何度かあったので、あの時は無理をしないで業者に頼めばよかったと少し後悔しています。

引っ越し準備の段階で、協力してくれる人を先に探しておくと段取りを決めやすいですよ。もし、頼れる人が近くにいない場合は、家事代行 サービスなど、時間単位でお願いできるサービスもあります。思いのほか手軽に依頼できるので試してみてはいかがでしょうか?

引っ越しの当日は、重たい荷物の搬出や搬入のときはなるべく別室で待機をさせてもらい、作業者の方や家具にぶつかったりすることの無いように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク



母子手帳と補助券はどうすればいいのか

妊娠中の引っ越し準備では、現在使用している母子手帳と妊婦健診の補助券はどうすればいいのかが気になりますよね。

引っ越しをしても母子手帳は交換の必要はなく、現在使用しているものを継続して使用しますが、転居先が同一市区町村でない場合は転居先の自治体で未使用分の補助券を再発行してもらわなくてはなりません。

引っ越し前の補助券は住民票を移した日以降は使用できなくなるので、引っ越しをしたらなるべく早く補助券の再発行手続きをしましょう。転入届を提出するときに一緒に手続きを済ませてしまえば手間が省けます。補助券の再発行をするときには母子手帳と印鑑、未使用分の補助券も忘れずに持って行って下さいね。

引っ越し準備をしているときに転居前後にする手続きや、必要な書類をメモしてまとめておくと手続きのし忘れなどでバタバタすることを防ぐことができます。

引っ越し準備は時間にゆとりを持ってのんびりと

まだあまりお腹が大きくなっていない妊娠中のの引っ越し準備では、重たいものを持ったり、高い所に手を伸ばしたりと無理をしてしまいがちです。

高い所や、重たいものはご主人にお任せして、引っ越し準備中に少しでも疲れたと思ったらすぐに無理をしないで休んでください。急な引っ越しで時間があまりない場合は業者を利用するなどして、妊娠中の体に無理のない引っ越しをしましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク