パパの協力があっても大変なお風呂の時間。パパが多忙で二人育児をワンオペ育児でこなさなくてはならないママ。お風呂の入れ方も試行錯誤して毎日がバタバタだと思います。毎日のお風呂の時間が少しでも楽になるように、今回は二人育児で私が実践していたお風呂の入れ方をご紹介します。

お風呂に入れる前の準備は念入りに!

ワンオペ育児でのお風呂の時間は子供が一人でもママが裸で走り回ったりすることも多く、一日の中でも体力勝負の時間です。それが二人育児となったらもう本当に大変!お風呂の入れ方を紹介する前に、少しでも二人育児でのお風呂の時間を楽にできるように、お風呂に入る前の準備はしっかりしておきましょう
まずは、お風呂から出てきたときに湯冷めして風邪を引いてしまわないようにお部屋の温度はしっかりと調節しておきましょう。特に冬場はお部屋だけではなく、廊下も暖めておくことができればお子様が裸で走り回っても安心ですね。

お風呂上りに着るパジャマも、上の子の着る順番と下の子の着る順番に並べておくことで少しでも着替えの時間を短縮してみましょう。ママの着替えは最後になると思うので、吸水性の良いサッと羽織れるものがあれば便利ですよ。
そして、二人育児でのお風呂の入れ方にはもう一つ準備があります。下の子の体を洗ったりしているときに上の子がヤキモチを妬かないように、お風呂でだけ遊べる特別なおもちゃを準備してあげましょう。私はこのおもちゃを準備したことでお風呂の時間に上の子が下の子にヤキモチを妬くことが少なくなったのでおすすめです。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

お風呂の時間は臨機応変に

二人育児でのお風呂の入れ方のコツは「二人一緒にお風呂に入れなきゃ!」と思わないことです。上の子がお昼寝しているうちに下の子をお風呂に入れたり、上の子をお風呂に入れる時は脱衣所にバウンサーを持ってきて下の子はバウンサーの上でしばらく待っていてもらうなど、二人を別々の時間にお風呂に入れられるとママ自身も少し楽になると思います。
夏場はシャワーで簡単に済ませたりするなど、ママも適度に手を抜いて頑張り過ぎないことも大事です。シャワーならママは服を脱がなくてもいいので、それだけでも大きく時間を短縮できたと思えますよね。下の子の生活リズムがまだできていない時には、上の子を寝かしつけた後にお風呂に入れることもありました。
「お風呂は○時!」よりも「今日は今からお風呂に入れちゃおうかな。」と考えるようにすれば二人育児でもママの気持ちに余裕が持てそうですね。
スポンサーリンク


二人育児だからこそ便利グッズを活用しましょう

別々の時間にお風呂に入れたくても、二人同時にお風呂に入れなくてはいけない日もありますよね。そんな時は役に立つ便利グッズを活用したお風呂の入れ方を紹介します。
一人目の時は使っていなかったのですが、二人育児になって使ってみたところ、一人目の時から使っていればよかったと思ったものがバスチェアーです。ワンオペで二人育児をしているママの体験談を見ていると、バスチェアーを活用しているママは多いですね。
新生児から使えるタイプのものもあり、赤ちゃんを座らせたまま体を洗うこともでき、上の子を洗っている時もバスチェアーに座らせておくことができるので、ママの負担がとても軽くなります。
下の子の相手をしているときは、上の子は浴槽の中でおもちゃで遊びながら待っててもらいましょう。今は100円ショップでもお風呂で遊べるおもちゃがたくさん売っているので、気軽に選ぶことができますね。
お風呂から出すときは赤ちゃん用のバスローブを使えば二人育児でバタバタでも湯冷めの防止はばっちりですね。

みんなが楽しめるお風呂タイムを

二人育児でのお風呂の入れ方をいくつか紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
お風呂の入れ方で悩んでいるママも多いかと思いますが、お風呂に入れる前の準備もしっかりできているか一度見直してみましょう。もしかしたら見落としていた事があるかもしれませんよ。
お風呂の時間はワンオペ育児では大仕事です。時にはママも手を抜いたり、便利グッズを活用しながらみんなが笑顔で楽しめるお風呂の入れ方を見つけてみて下さいね。
上の子が一人でお着替えができるようになると二人育児でもお風呂の時間がグッと楽になりますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク