困りママ困りママ

抱っこ紐の2本目をさがしています。おすすめはありますか?


けんちゃんけんちゃん

僕が使っていたエルゴのバックル壊れたんだよね


べびちゃんべびちゃん

新しいの買ってよ~


毎日の育児で欠かせないのが抱っこ紐。お出かけをするにも、家事をするにも、寝かしつけにも大活躍してくれます。赤ちゃんがだいぶ大きくなってきて、そろそろ2本目購入を検討している方、洗い替えにもう1本欲しいと考えている方におすすめがあります。2人育児中の私の体験談を踏まえて紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

抱っこひも2本目はヒップシート

私が2本目につかっているヒップシートはこちらの商品です。
かなりおすすめです。


購入理由1 

エルゴのバックル破損
後ろの首のところのバックルが「パチン」と音を立てて壊れました。かなりの頻度でエルゴ抱っこひもを使用していたので、しょうがないかな~といった感じです。保証期間は過ぎていたし、市販のものでは合わないし、壊れたものを使用して万が一事故になっても困ります。第二子がうまれてから「もったいないから抱っこ紐は買い替えないぞ!」と宣言していたのですが、これはしょうがない事態です。
うちと同じく3歳差兄弟のお友達数名も第二子出産後にエルゴのバックルが破損したという事例が発覚。みんな同じような使用頻度なので、経年劣化ということでしょう。見ればエルゴちゃん、かなり色褪せ、ヨレヨレしています。お疲れ様でした。

あわせて読みたい

購入理由2 

肩こりがひどく頭痛に悩まされていました。
その大きな理由は、第二子がヘビー級だった為だと思われます。第一子(お兄ちゃん)は生まれてから2歳になる位まで元気でしたが体の小さい軽い子でした。エルゴを使っていて、長時間抱っこしていても大丈夫でした。
が、一転第二子(姫)は、生まれた時からヘビー級。その後も順調に大きくなり、重くなり大変でした。あまり肩こりなどなかった私が、エルゴ(破損前)でお出かけ後は必ずと言っていいほど肩こり、頭痛となってしまい、困っていました。

購入理由3 

アマゾンで買えて比較的安価
第一子、二子とも高齢出産だったため、もう3人目は考えておりません。なので2本目にあまり高価なものはいらないかな~と思っていたところ、とても手ごろな値段の抱っこ紐をアマゾンで発見。
【ベビーアムール 】Bebamour 多機能 抱っこひも ポリエステル 抱っこ紐 新生児 赤ちゃん ベビーキャリア 3 WAY 5通り おんぶ紐 ブルー
このくらいの価格なら、使い勝手が悪くても、まあいいか!と思えるので、気軽に購入しました。
また、私は平日は会社員として働いており、店頭に見に行くにも時間が取れないので、アマゾンで翌日届く手軽さもあり、実物も見ずに思い切って購入しました。

ヒップシートのメリット・デメリット

私があまりヒップシートの事を調べないで、アマゾンで購入してしまいましたが、ヒップシートは本当に購入してよかったと思っています。周りの第二子誕生したお母さん達も気になるようで、「使い心地はどう?」など良く聞かれます。
メリットばかりではなく、もちろん、デメリットもありますので、8か月間使用した今の感想を正直にお伝えします

ヒップシートのメリット
●腰で支えるので肩こり減少
→私の場合肩こりは各段に減りました!ただ、腰で支えるタイプなので、腰痛には注意したいです。腰痛持ちの私は今のところ大丈夫です。ウエストのベルトが骨盤ベルトのような役割をしてくれているのかな~?!と思うような安定感です。

●洗ってもすぐ乾く
→素材がメッシュタイプなので、洗濯後すぐに乾きます。今まで使っていたエルゴは乾きが悪かったので、この点もとても良かったです。安かったので洗濯後の型崩れが心配でしたが、問題ありませんでした。

●前向き抱っこも楽々
→前向きに座って歩くと、子供は景色が良く見えてご機嫌です。椅子に座っている感じなので、足をぶらぶらさせたりして対面抱きよりうちの子は心地いいようです。基本前向き抱っこで使用しています。

●歩き始めたときの外出時、ちょっと抱っこも楽々
→座面から肩紐をファスナーで簡単に取り外せるので、歩き始めた外出時などは、歩かせ、抱っこしての繰り返しの時にとても便利です。



デメリット
●とにかくかさばる
→私の購入したヒップシートは座面に発泡スチロールが内蔵されています。重さはエルゴより軽いのですが、「椅子付きベルト」といった感じなので、かさばります。

●ウエストが汗びっしょり
→ウエストベルトはかなり幅広く、しっかり固定されるので、夏場は汗びっしょりです。洋服の色がベルト着用の部分だけ汗で色が変わってしまうほどです。

●座りずらい 自転車、車ではは大股開き
→椅子に座ると、ヒップシートの座面が、ちょうど自分のおまたの所に来ます。そして座面がある分、子供の座高が高くなり、自分の顔のところに頭が来ます。それを回避するには自分が大股開きで座るしかありません。恥ずかしいですが、しょうがないです。


あわせて読みたい

私の抱っこひも遍歴

エルゴ

 第一子の出産お祝いでいただきました。今4歳になる第一子の生まれた頃は、みんなこのタイプのエルゴをしていました。街では、同じデザインの人を多くみかけ、お友達ともかぶる事が良くあるほどの人気だったと思います。


スリング

第一子はかなり小さい赤ちゃんでした。なので、エルゴを出産お祝いでいただいていたのですが、なかなか使えるサイズにならず、お尻の下にバスタオルを丸めていました。エルゴを使う前に、こちらのスリングを購入して、かなり使い勝手がよく愛用していました。


しかし、第二子(姫)がビックサイズでの誕生だったため、すぐにサイズアウト。さらに自分も大きくなっていたため、窮屈であまり使いませんでした。

昔ながらのおんぶ紐

第二子の首が座ってから、初めて昔ながらのおんぶ紐の良さを知ります。それまでは使い方がイマイチわからず使っていませんでしたが、子育て支援センターで大先輩ママ達に教えてもらいました。自分たちはこのおんぶ紐で育ってきているのでしょう。第二子(姫)はこのおんぶ紐に大満足。おんぶして少しするとすやすやと眠るようになりました。おんぶだと家事もぐんぐんはかどります。しかし、前の胸の位置でのばってんは外出もできない姿。家事をするときのみ使用。ヤマトさんなどの宅配が来たときは慌ててタオルを巻いてカバーしていました。

たどり着いたヒップシート

第一子の時は流行ってなかったと思います。ヒップシートという存在を今年になるまで知りませんでした。高齢のため第三子は考えておらず、このタイミングで改めてエルゴを再度購入するには高すぎもったいないな~とケチって、少し安価な抱っこひもを探していました。


まとめ

ママにとって抱っこひも無しでは生活が成り立たないですね。ヒップシートは子育てをしている中で、私的にはかなりのおすすめアイテムとなっています。私が実際に8か月間使ったレビューなので、今後も気が付いた点がありましたら、随時更新していく予定です。また、ヒップシートはいろいろな種類がありますので、比較して購入を検討してみてください。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">