アルカリ剤、いろいろあるけどどれが良いのかよく分からない・・・そんな方にまず試して欲しいのがセスキ炭酸ソーダ


セスキ炭酸ソーダを水で溶かした水溶液は、「セスキ水」と呼ばれ、住まいのお掃除に大活躍すると主婦を中心に人気が急上昇中です。
さらに、セスキ炭酸ソーダは、環境やお肌に優しい成分なので、子供がいても安心して使うことができます。
セスキ水は、重曹のように色々な箇所の掃除に使えますが、フローリングの拭き掃除に使うことはできるのでしょうか?
今回は、セスキ水を使ってフローリングの拭き掃除をすることについて、調べていきます。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

セスキ水とは?

冒頭で説明したとおり、粉末のセスキ炭酸ソーダを水で溶かした水溶液のことです。
この「セスキ水」をスプレー容器などに入れ、掃除したい部分に吹きかけて汚れを落としていきます。

セスキ炭酸ソーダってどんなもの?

ナチュラルクリーニング用のアルカリ剤としてすっかり有名になった重曹。
重曹と炭酸ソーダの中間のような物質で、洗浄力がしっかりあるのに、重曹よりも扱いやすく、使い道も多いアルカリ剤が、セスキ炭酸ソーダです。
家庭用洗剤や入浴剤の成分としてよく配合されています。
重曹よりも水に溶けやすいので、お洗濯、キッチンやお部屋のお掃除に幅広く使えます。

セスキ炭酸ソーダは安全で環境に優しい


セスキ炭酸ソーダは、重曹と同じく無機質なので、環境中に放出されても生分解の必要はなく、有機物である界面活性剤よりも環境に負担をかけにくいのです。
入浴剤にも使用できるほど肌に優しく、薄く希釈したセスキ湯は赤ちゃんの沐浴にも使用することができます。
安全な上、環境にも優しいのが魅力です。

基本の「セスキ水」の作り方

《用意する物》
水500㎖
セスキ炭酸ソーダ小さじ1
スプレー容器

《作り方》
スプレー容器に分量の水を入れ、セスキ炭酸ソーダを溶かします。
※濃度は、汚れの程度に合わせて加減してください。

セスキ水でどんな汚れが落ちるの?

セスキ水は、どんな汚れにも効くわけではなく、得意不得意があります。
その特徴をよく飲み込んで、適材適所で使いましょう。

セスキ炭酸ソーダが得意なことは、
「油脂をある程度乳化すること」
「タンパク質をある程度分解すること」
です。

汚れの例としては、皮脂やアカなど軽い汚れの洗濯や、ひどい油汚れの下処理、血液汚れ、台所汚れ、取っ手やスイッチなどの手垢汚れなどが、得意です。

反対に苦手なのは、アルカリ性の汚れです。同じアルカリ性のセスキ炭酸ソーダは反応しません。
そして、激しい泥汚れ、機械油や口紅などの頑固な油汚れ、衣類のシミなどは、落とすことが出来ません。

セスキ炭酸ソーダ「セスキ水」でフローリングの拭き掃除は出来る?


実は、フローリングにはセスキ炭酸ソーダや重曹を使わない方がいいといわれています。
ですが、正しい扱い方をすればフローリングもピカピカに掃除することが出来ます。

セスキ炭酸ソーダや重曹はアルカリ性が強いという特徴があります。
特にセスキ炭酸ソーダのアルカリ濃度は、重曹の10倍のアルカリ濃度といわれています。
このアルカリ性が、フローリングのワックスをはがしてしまう可能性が大きく、シミが出来ることがあるので扱いには注意が必要です。

フローリング拭き掃除をする場合は、「セスキ水を通常より薄めに作る」「フローリング掃除後に水拭きをする」ということを必ず守ることで、セスキ炭酸ソーダでも掃除をすることが出来ます。

ただし、フローリングの素材が「白木」の場合は、絶対に使わないでください。白木などのワックス加工がされていない木は、セスキ水で汚れを浮かしても、そのまま木材の中へ染み込んでしまいます。シミになってしまうので使用しないでください。

フローリング拭き掃除の仕方

①二つバケツを用意します。
一つはセスキ水用、もう一つは、水ふき用の水を入れます。
②セスキ水を作ります。
バケツに水5リットルを入れ、セスキ炭酸ソーダを大さじ1杯入れて混ぜます。
③セスキ水を雑巾に含ませ、床を拭きます。
食べこぼしや皮脂汚れが目立つところは入念に拭いてください。
④セスキ水で拭いた後、すぐに水拭きをします。

これで完了です。
水拭きは必ず行うようにしてください。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

使用時の注意点は?

・アルカリはタンパク質を溶かすので、手荒れしやすい人はゴム手袋をして作業してください。
・セスキ炭酸ソーダは、湿気を吸うと固まることがあるので、きちんと蓋の出来る容器で保管してください。
・セスキ水の長期保存はせず、直射日光や高温を避け常温で2ヶ月くらいの保存期間を目安にしてください。
・粉や水溶液が目や口に入ったら、水で充分にすすぎ流し、痛みなどが残る場合は、医療機関に相談してください。

セスキを使ったフローリング用の市販品


「激落ちくん」の相性で有名な商品シリーズの中に「セスキの激落ちくんシート フローリング用」という物があります。
自身でセスキ水を使って掃除するのが不安な方は、こちらの商品を使用すると安心です。

床の素材を知っておこう!

床の素材によってはセスキ水が心配なく使えます。
キッチンにビニールクロス・ピータイルを使っている所は、セスキ水で掃除することができます。
また、賃貸物件では、木目調のクッションフロアを使用しているところがあります。そこではセスキ水での掃除が出来ます。素材が分からない場合は、管理会社に問い合わせてみましょう。

まとめ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性なので、フローリングのワックスが剥がれてべたついてしまう可能性があります。
セスキ水でフローリング掃除をする場合は、セスキ水を薄く作り、掃除した後は必ず水拭きすることを守ってくださいね。
また、セスキ炭酸ソーダはアルミ製品に使用すると黒ずんでしまうという点もあります。
掃除の際は、アルミ製品に付いてしまわないように注意してください。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">