産後のお腹のたるみはいつ戻るのだろうと気になりますよね。産後の体調が落ち着いたら、スクワットを始めてみてはいかがでしょうか?
アメリカを中心に「30日スクワットチャレンジ」というエクササイズ法が話題になり、日本でも知る人が増えています。
休養日を入れながら30日間スクワットを続けるだけで産後のお腹のたるみにも効果があると人気のエクササイズです。特別な道具は何一つ必要ありません。
今回は、驚きの効果で話題「30日スクワットチャレンジ」についてまとめていきます。
スポンサーリンク


30日スクワットチャレンジとは


「30日スクワットチャレンジ」とは、スクワットだけでウエストを絞り、太腿を引き締め、ヒップアップさせるというエクササイズ法です。短期間でスクワットだけに絞っていることが特徴です。

30日という短い期間ながら高い効果が得られることが人気の理由のようです。
スクワットは道具もいりませんし、広い場所も必要ありません。少しの時間と続ける意思があればいいだけです。

 
あわせて読みたい

スクワットだけで効果はあるの?

スクワットは、下半身の筋肉を総合的に鍛えることの出来る合理的なメニューです。
大臀筋、大腿四頭筋といった人体の中でも大きな筋肉をトレーニングすることで、基礎代謝が上がりやすくなり、素早く痩せやすい体質になるのです。

お尻の筋肉とウエストの筋肉には密接な関係があります。スクワットすると、お尻の筋肉と同時にウエストの筋肉も鍛えられます。

一説によればスクワットは、腹筋の数倍の運動効果があるそうです。
シンプルな方法で日数をかけずにシェイプアップすることができます。

ビフォーアフター画像もインスタグラムなどで多数あげられています。

「30日スクワットチャレンジ」は、世界一の美尻をもつ一般人が考案!


30日スクワットチャレンジを世界に広めたのはジェン・セルターさん。インスタグラムのフォロワー数は約480万人というSNSのカリスマです。「世界一の美尻の持ち主」とも呼ばれています。

ジェンさんがインスタグラムにアップした画像が「美尻」と注目され、一般人にも関わらず大ブレイクしました。彼女が特に力を入れていたメニューがスクワット。筋トレの定番だったスクワットが、ジェンさんによって改めて脚光を浴びることになりました。


産後のお腹のたるみを改善したい人にもおすすめ

出産直後にお腹がたるむのは仕方がないことです。それにたるみは年齢とともに少しずつ増していくので、妊娠前の体型に戻すことはなかなか難しいもの。
ただ、エクササイズなどを継続的に行えば、ある程度引き締めることは可能です。家事や育児の合間に運動するのを習慣にしていきましょう。
無理は禁物ですので、自分の体を第一に考えて十分に休養しすることも大切です。
体を動かす産後ダイエットの開始時期は、一般的に産後3ヶ月くらいから始める人が多いようです。

スポンサーリンク


30日スクワットチャレンジのやり方


30日スクワットチャレンジは、日によってこなすべきスクワットの回数が決められています。
初日に30回または50回スクワットをします。
いきなり50回は多いと思うかも知れませんが、続けてやらなくても大丈夫。1日のうちにこの回数をやりきればOKです。朝10回・昼20回・夜20回というふうに分けて行ってもいいんです。
スクワットの回数を徐々に増やしていき、30日目には250回のスクワットをするというトレーニングです。

1日目:一日合計50回スクワット
2日目:一日合計55回スクワット
3日目:一日合計60回スクワット
4日目:休息日
5日目:一日合計70回スクワット
6日目:一日合計75回スクワット
7日目:一日合計80回スクワット
8日目:休息日

このように、3日スクワットをしたら1日休み、スクワット数は徐々に増やしていって、30日目に250回のスクワットをします。

基本的にはいつ行ってもよいですが、満腹時は充分な筋トレ効果を得られないため避けましょう。

正しいスクワットのやり方


スクワットは正しいやり方で行わないと腰やひざを痛めることがあります。無理せず正しく行うことが大切です。
「しゃがむときに息を吐く」「立つときに息を吐く」「腹筋に力を入れる」という3つのポイントを守るようにしてください。

基本となるスクワット
やり方:
①足を肩幅程度に広げて立ちます。つま先は真正面を向くようにします。
②胸を広げて背筋を伸ばします。
③背筋を伸ばしたまま、膝をつま先より前に出さず、お尻を突き出すような格好でしゃがみます。
太腿が床と平行になるくらいまでしゃがみます。(できるひとは1~3秒そのままキープ)
④息を吸いながらできるだけゆっくり②の状態に戻します。

腕は前に突き出すか、頭の後ろで組みましょう。後ろから前へ降り出す動きはしないでください。反動が付いて楽になる反面、筋トレ効果が下がってしまいます。

まとめ

「今日からトレーニングしよう」と決意しても、続けられずに終わってしまうことが多いですよね。30日スクワットチャレンジを成功させるために、30日スクワットチャレンジの専用スマホアプリもあります。カレンダーを利用したり、アプリをインストールすることもオススメです。
回数を聞くと、とても多く感じるかも知れませんが、分けてやってみると比較的簡単に達成できます。ぜひ頑張って達成してみてください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク