オキシクリーンは、アメリカ発の漂白洗剤。世界中で支持されている万能クリーナーで、日本ではコストコで安く購入できると話題になり、人気がでました。
家事えもんでおなじみの家事芸人・松橋周太呂さんも一押ししている商品です。
インスタグラムでは#オキシ漬けのタグ付けも主婦を中心に流行しました。
お風呂場もオキシクリーンを使って床までピカピカに!残り湯も有効活用できます。
今回は、オキシクリーンの使い方や、お風呂の掃除の仕方(浴槽、残り湯の使用方法、床掃除の仕方)などをまとめます。

オキシクリーンってどんな洗剤なの?

塩素や蛍光剤を使用しない酵素系漂白剤で、衣類やキッチン、浴槽などの掃除に活躍するアイテムです。
お洗濯からキッチンのお掃除まで色々なにおい、汚れを丸ごと洗浄してくれます。
塩素系漂白剤とは違い、ツンとした刺激臭もなく色柄ものにも使用できます。
自然に戻りにくい塩素や蛍光剤を使用せず、自然界に存在する生分解性の高い成分で構成されているので、どこでも気軽に使えます

あわせて読みたい

オキシクリーンはどこで買えるの?


オキシクリーンはコストコで購入するのが一番安く買えるようです。
コストコ会員ではない方は、楽天やAmazonなどの通販でも販売されています。近頃は、一般スーパーでも手に入るようになってきたようです。
あわせて読みたい
オキシクリーンはアメリカ製と日本版(生産国は中国)の2種類あります。
アメリカ製は、界面活性剤が入っており泡立つのが特徴です。
日本製は、界面活性剤が入っておらず、肌と環境に優しい仕様になっています。
洗浄力に大差はありません。
泡立つことで、洗う楽しさを実感したい方はアメリカ製を、界面活性剤を使うことに抵抗があったり赤ちゃんがいる方は日本製をオススメします。

オキシクリーンの使い方

・アメリカ製と日本版では、付属のスプーンの大きさも違います。記載されている量を守るようにしてください。
・オキシクリーンに限らず、酸素系漂白剤は水の温度が大切です。40~60度のお湯にしっかり溶かすことで最大限に効果を発揮できます。
・溶け残りがあると、効果が薄れてしまいます。しっかりと溶かすようにしましょう。
・オキシクリーンを溶かしたお湯に20分以上は漬けてください。浸すことが難しい箇所は、ペーパーや雑巾などに溶液をしみこませて貼り付けてください。
・6時間経つと溶剤の効力は消えてしまうので、作り置きはできません。
・肌荒れ防止のためにゴム手袋を使用しましょう。

オキシクリーンの注意点


保存時には密閉容器を使用しないでください。湿気により少しずつ酸素が発生するため、密閉容器に入れると爆発する可能性があります。
・溶液も密閉容器で作らないでください。同じく爆発する可能性があります。
・塩素系漂白剤や、他の洗剤と同時に使用しないでください。
・使用できない素材もあるので注意しましょう。


オキシクリーンを使って、お風呂を掃除しよう

お風呂の残り湯を使っても大丈夫なの?

お風呂の残り湯を使ってオキシクリーンを溶かすのは、大丈夫なのかな?と不安に思う人もいるようです。
お風呂の残り湯でオキシクリーン溶液を作ることは可能ですが、いくつかの注意点もあります。

《お風呂の残り湯を使用するときの注意点》

1.キッチン用品には使わない
洗濯物、洗濯槽、お風呂場の汚れ落とし時などにお風呂の残り湯を使用し、キッチン用品などは衛生上向かないので、使わないようにしましょう。

2.入浴剤を使っている場合は、不向き
入浴剤は衣類に色素沈着を起こすことがあります。衣類には使わないことと、長時間つけ置きする場合には、入浴剤なしの残り湯を使用しましょう。

3.温かいお湯を使う
オキシクリーンを溶かす温度は40~60度がベストですので、追い炊きする・お湯を追加するなどして、残り湯を適温にした状態で使うようにしましょう。

お風呂の残り湯を使って、浴槽・お風呂グッズを掃除する方法


1.残り湯の温度を確認して、ぬるいようなら追い炊きで40~60度程度にします。
(追い炊きできない場合は、熱めのお湯を足してください。)
量はお風呂のサイズにもよりますが、100~200ℓ程度。

2.オキシクリーンを5杯ほど入れ、しっかり溶かします。
(使用量は、湯量と汚れの度合いを考慮して加減してください。)
直接入れてもいいのですが、完全に溶かすにはかなり混ぜることになります。溶け残りを防ぐために、バケツや桶でオキシクリーンをお湯に溶いてから浴槽に入れる方が楽です。

3.つけ置きしたいものを浴槽に浸します。
バスチェア、洗い桶、蓋、掃除用スポンジ、シャワーヘッド、洗濯機の水取りホース、排水溝の部品、子供のおもちゃなど、洗いたいものを浴槽に入れます。
お風呂のものだけではなく、衣類やカーテンなどを入れてもいいでしょう。

4.2~6時間ほど放置します。
一晩おいてもいいですが、オキシクリーンの効果は6時間までです。

5.つけ置きしたものをしっかり洗い流します。

6.浴槽をしっかり洗います。

オキシクリーンでお風呂の床を掃除しよう

お風呂の床は、くぼみに汚れがたまりやすく、スポンジやブラシでもなかなか落ちないこともあります。オキシクリーンを使ってお風呂の床もきれいにしましょう。

1.排水溝から、オキシクリーン溶液が流れないように、ビニール袋に水を入れて排水溝に置くなどします。

2.オキシクリーン粉末を床にかけ、50度くらいのお湯のシャワーをかけてつけ置きします。
お風呂場から脱衣所に水が漏れないように、念のため扉部分の外側にバスタオルなどを置いておくと安心です。

3.3時間ほどつけ置きし、流します。
水で一通り流した後、くぼみ部分をブラシで軽くこすります。

これで完了です。

まとめ

オキシクリーンは様々な箇所の掃除ができるので、あれこれ洗剤を買わなくてもこれ一つで家中の掃除をすることができます。
お湯を準備するのにひと手間かかりますが、それに慣れてしまえば、あとはオキシクリーンの溶液に漬けるだけで、汚れを落としてくれます。
お風呂は、手でこするにも広範囲で大変ですよね。床の凸凹にカビが生えると取り除くことに一苦労します。オキシクリーンとお風呂の残り湯も有効活用して、お風呂場をすっきりピカピカにしてみてください。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">