大人気の洗剤「オキシクリーン」をご存じでしょうか?インスタグラムでは#オキシ漬けというハッシュタグで主婦を中心に話題になりました。
オキシクリーンはアメリカ発の万能クリーナーで、様々な場所の汚れを落とすことができます。もちろんトイレ掃除にも大活躍します。
掃除がしにくいトイレのタンクの中も洗浄することが可能です。
今回はオキシクリーンの使い方や、オキシクリーンを使ってトイレ掃除をする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">




オキシクリーンってどんな洗剤なの?

オキシクリーンは、アメリカ発の漂白洗剤で、世界中で支持されている万能クリーナーです。
塩素や蛍光剤を使用しない酵素系漂白剤で、衣類やキッチン、浴槽などの掃除に活躍するアイテムです。
お洗濯からキッチンのお掃除まで色々なにおい、汚れを丸ごと洗浄してくれます。
お洗濯で取り切れない汗染みや黄ばみ、お風呂場や流し台、トイレの汚れなどに、高い洗浄力で答えてくれます。
塩素系漂白剤とは違いツンとした刺激臭もなく、色柄ものにも使用できるのが特徴です。
自然に戻りにくい塩素や蛍光剤を使用せず、自然界に存在する生分解性の高い成分で構成されているので、どこでも気軽に使えます。

オキシクリーンは2種類ある!アメリカ製と日本版の違い


パッケージに英語が印刷されているアメリカ製と、パッケージに日本語が印刷されている日本版(生産国は中国)の2種類があります。
アメリカ製には、界面活性剤が入っており、白い粉に青い粒が混ざっています。泡立つのも特徴です。

日本版のオキシクリーンには、界面活性剤が入っておらず、肌や環境に優しい仕様になっています。


二つの洗浄力に大差はありません。泡立つことで、しっかり洗えている感覚を実感したい方はアメリカ製、赤ちゃんがいたり界面活性剤を使いたくない方は、日本版がおすすめです。

アメリカ製・日本版、それぞれの内容量や付属されているスプーンの大きさも異なります。使用する際は、それぞれに記載されている配合を目安にしましょう。(アメリカ製スプーン1杯:約113g、日本版スプーン1杯:約28g)

あわせて読みたい

オキシクリーンはどこで買えるの?


オキシクリーンの使い方と注意点

・溶け残りがあると、効果が薄れてしまいます。しっかりと溶かすようにしましょう。
・オキシクリーンを使用する際は水の温度が大切です。40~60度のお湯に溶かすことで最大限に効果を発揮できます。
・オキシクリーンを溶かしたお湯に20分以上漬けましょう。
・6時間経つと溶剤の効力は消えてしまうので、作り置きはできません。
・肌荒れ防止のためにゴム手袋を使用しましょう。
・保存時には密閉容器を使用しないでください。湿気により少しずつ酸素が発生するため、密閉容器に入れると爆発する可能性があります。
・溶液も密閉容器で作らないでください。同じく爆発する可能性があります。
・塩素系漂白剤や、他洗剤を同時に使用しないでください。
・使用できない素材もあるので注意してください。

オキシクリーンでトイレ掃除をしよう


1.お湯でオキシクリーンを溶かします。
40~60度のお湯2ℓに、オキシクリーン(今回はアメリカ製)付属スプーン1杯分を入れて溶かします。

2.オキシクリーンを溶かしたお湯を、便器内に流し込みます。

3.液が浸かっていない部分は、オキシクリーンを溶かした液をブラシに付けてこすります。
上部は、オキシクリーン溶液が届かないので、ブラシに液を付けてこすりましょう。

黒ずみや黄ばみがひどくて汚れがひどい場合は、ペーパーで湿布します。
オキシクリーンの液を、キッチンペーパーに浸し、つけ置きできない部分に貼り付けていきます。
キッチンペーパーはトイレに流すことができないので、流す前には取り除いてください。誤って流してしまうと、トイレに詰まってしまうので注意してください。
トイレットペーパーでも出来ないことはありませんが、すぐに破れて面倒な上に、結構な量を使うことになります。トイレットペーパーの場合も流すときは、注意が必要です。
大量に流すと詰まってしまうので、少量ずつ流すように気をつけましょう。

4.2時間~6時間つけ置きします。
一晩つけ置きしてもいいのですが、オキシクリーンの効力は6時間でなくなるので、無理に一晩おく必要はありません。

5.水を流して完了
ペーパーを貼り付けていた場合は、取り除いてからブラシなどで軽くこすりましょう。

トイレの床に関しては、オキシクリーン溶液を作って、その溶液でぞうきんを絞って床を拭くだけでOKです。
床とトイレの境目にも、キッチンペーパーで湿布をしてもいいでしょう。

トイレのタンクも同時に洗浄しよう

トイレの水がたまっているタンクの部分、たまに見るとカビだらけになっていることはありませんか?
洗おうにも、中が狭くて磨きにくく、トイレタンクは掃除がしにくいですよね。
オキシクリーンを使ってトイレのタンク内の汚れも綺麗にしましょう。

トイレタンクの掃除の仕方

1.トイレの水の栓を止めて新しい水が出ないようにします。
2.そ今たまっている水を流してタンクの中を空っぽにします。
3.バケツにお湯を入れて、オキシクリーンの粉をよく溶かします。
4.オキシクリーン溶液をトイレタンクの中に流し込みます。
5.そのまま2時間程度放置します。
6.2時間経過したら、水を流してブラシが届く部分は、こすって汚れを落とします。
7.水の栓をもとに戻して、水を流します。
これで完了です。

オキシクリーンはどこで買えるの?


オキシクリーンはコストコで購入するのが一番安く買えるようです。
コストコ会員ではない方は、楽天やAmazonなどの通販でも販売されています。近頃は、一般スーパーでも手に入るようになってきたようです。
アメリカ製は4.98㎏と容量が多く、たっぷり使えます。日本版は1.5㎏や500gと使いやすい容量で、試しやすいです。

まとめ

オキシクリーンは、いろんな所に使えるので、洗剤をあれこれ買わなくてもこれ一つで様々な汚れに対応できます。
お湯を用意するのはひと手間かかりますが、それに慣れれば放置するだけで汚れを落としてくれます。
トイレの汚れも、オキシクリーンが大活躍します。トイレ掃除をするときには、オキシクリーンを便器内やタンクに入れてからしばらく時間を置くので、先にトイレを済ましておいてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">



スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">