オキシクリーンは、アメリカ発の漂白洗剤です。世界中で支持されている万能クリーナーで、日本ではコストコで安く購入できると話題になり、人気がでました。
中でも、洗濯槽はオキシクリーンを使って掃除するオススメの箇所!びっくりするほど汚れが落ちると話題です。
オキシクリーンは使い方や量を守ることで、効果を最大限に発揮できます。
今回はオキシクリーンの使い方や、オキシクリーンを使って洗濯槽を掃除する方法・量などについてまとめます。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

オキシクリーンとは

アメリカをはじめ全世界で展開しているオキシクリーンブランド。
塩素や蛍光剤を使用しない酸素系漂白剤で、衣類やキッチン、浴槽などの掃除に活躍するアイテムです。

お洗濯からキッチンのお掃除まで色々なにおい、汚れを丸ごと洗浄してくれます。
お洗濯で取り切れない汗染みや黄ばみ、お風呂場や流し台の汚れまで、ご家庭で「ここ、どうにかならないかなぁ」という悩みに高い洗浄力で答えてくれます。
塩素系漂白剤とは違い、ツンとした刺激臭もなく色柄ものにも使用できます。

自然に戻りにくい塩素や蛍光剤を使用せず、自然界に存在する生分解性の高い成分で構成されているので、どこでも気軽に使えます。

オキシクリーンは2種類ある!アメリカ製と日本製の違い


パッケージに英語が印刷されているアメリカ製と、パッケージに日本語が印刷されている日本版(生産国は中国)の2種類があります。

これらは成分に違いがあります。
青いつぶつぶの有無に差があるのですが、青い粒が入っているのがアメリカ製です。
この青い粒の正体は界面活性剤です。
界面活性剤とは洗剤成分のこと。汚れを水に溶けやすくして汚れを洗い流せるようにします。泡立つのも特徴です。

日本版のオキシクリーンには、界面活性剤が入っていません。肌や環境に優しい仕様になっており、漂白剤成分のみが入っています。
界面活性剤を使いたくない方は、日本版がおすすめです。


洗濯槽を掃除しよう!

使用する量はどのくらい?

アメリカ製・日本版では、それぞれに付属されているスプーンの大きさが異なります。使用する際は、それぞれに記載されている配合を目安にしましょう。(アメリカ製スプーン1杯:約113g、日本版スプーン1杯:約28g)

洗濯槽掃除に使用する量は、水10ℓに対して約100g
アメリカ製では5杯
日本版では20杯が目安となります。
洗濯機の大きさによって満水の量が異なりますので調整してください。

《準備するもの》

・オキシクリーン
・40~60度のお湯
・ゴム手袋
・ゴミをすくうネット(100均にも売っています。使用済みストッキングとハンガーで作ったものでもOKです)

●縦型洗濯機の場合


1.洗濯槽は空にし、ほこり取りネットを外します。
ほこり取りネットの部分にも洗剤を行き渡らせるために、ネットは外しておきます。

2.満水の位置まで40~60度のお湯を入れます。
この40~60度という温度は非常に重要です。オキシクリーンの働きが一番活発になります。
高温すぎても低温すぎてもダメなので、この温度にしてください。
洗濯機の耐熱温度も50~60度のことが多いので熱すぎることにも注意してください。

お風呂の残り湯を追い炊きで温めて、バケツで洗濯機に入れる、洗濯機についている専用のホースで入れるなどしてください。
入浴剤を使った残り湯を使うと、害があるということがありませんが、成分が混ざり除菌や汚れ落ちの効果が薄まることもあるそうです。何も入れていないお湯を使うようにしてください。

3.オキシクリーンを入れます。
水10ℓに対して100gのオキシクリーンを入れます。
直接入れてもいいのですが、オキシクリーンはしっかり溶けることで効果を発揮するので、事前にバケツや桶でしっかりオキシクリーンをお湯に溶いてから入れてもいいでしょう。

4.洗いコースで5~6分回します。
洗濯機の「洗い」コースのみに設定して、一回洗濯機を回します。
洗濯槽全体にオキシクリーンを行き渡らせるためにすすぎや脱水はしません。

洗濯コースが終わったら、浮かんできたゴミをゴミすくいネットなどである程度すくいます。(完全に取り除かなくてOK)

5.再び「洗い」のみで洗濯機を回す

4と一緒の手順で「洗い」のみで5~6分回し、ゴミを取り除きます。
まだまだ汚れがひどいと感じたら、もう一度繰り返してください。

6.そのまま3時間~1晩置きます
水がたまっている状態で3時間~1晩置きます。

7.浮かんでいる汚れを取り、再度「洗い」コースで5~6分回します。

8.すすぎ、脱水を行います。
洗うが終了したら、汚れを取り除いて、すすぎ→排水→脱水を行います。
終了後、底や側面に汚れが付いていれば、ティッシュなどでふきとります。

9.通常のコース運転を行います。
取り外していたほこり取りネットを付け、「洗い→すすぎ→脱水」を行います。
終了後にゴミが付いていれば取り除いて終了です。
まだまだゴミが気になるようでしたら、この作業を繰り返してください。

あわせて読みたい

オキシクリーンはどこで買えるの?


●ドラム式洗濯槽の場合


1.オキシクリーンをお湯に溶かして溶液を作ります。
オキシクリーン300g程度を桶やバケツに入れて、40~60度のお湯で溶かします。

2.1で作った溶液を洗濯機に直接入れます。
オキシクリーンを溶かしたお湯を、洗剤入口ではなく、直接洗濯槽に入れます。

3.ギリギリまで50度のお湯を入れます。
こぼれないギリギリの所まで50度のお湯を入れます。

4.「洗い」コースで洗濯機を回します。
洗濯機の設定を「洗い」10分程度、水位を一番下の設定にして回します。(すすぎや脱水はこの時点では行いません。)

5.3時間ほど放置して、ゴミをネットですくいます。
つけ置きしたら、扉を開けて、浮いているゴミをゴミ取りネットで取り除きます。

6.「洗い」5~10分を2~3回繰り返します。
「洗い」をして、浮いてきたゴミをすくう行程を2~3回繰り返します。

7.すすぎ、脱水を行います。
脱水が終了したら、排水フィルター、ドアパッキンの内側、ドアガラスの内側に汚れがたまっているので、取り除きます。

8.普通洗いコースで洗い→すすぎ→脱水まで行います。
洗剤を入れずに、通常通りのコース運転を行います。

9.ゴミが付着していないか確認します。
ゴミが付いている場合は、拭き取って終了です。
カビ繁殖防止のために、槽乾燥をしてもいいでしょう。

洗濯槽掃除の頻度はどのくらい?

洗濯槽の掃除は1~3ヶ月に1度くらいとされています。
梅雨時期は、1ヶ月に1度した方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">



オキシクリーンを使用する際の注意点


・溶け残りがあると、効果が薄れてしまいます。しっかりと溶かすようにしましょう。
・オキシクリーンに限らず、酸素系漂白剤は水の温度が大切です。40~60度のお湯に溶かすことで最大限に効果を発揮できます。
・オキシクリーンを溶かしたお湯に20分以上漬けましょう。
・6時間経つと溶剤の効力が消えてしまうので、作り置きはできません。
・肌荒れ防止のためにゴム手袋を使用しましょう。
・保存時には密閉容器を使用しないこと。湿気により少しずつ酸素が発生するため、密閉容器に入れると爆発する可能性があります。
・溶液も密閉容器で作らないこと。同じく爆発する可能性があります。
・塩素系漂白剤と同時使用しないこと。
・使用できない素材もあるので注意してください。

まとめ

オキシクリーンは万能クリーナーで、様々なところで使用できます。
洗濯槽が汚れていると、臭いの原因になったり、雑菌が繁殖して不衛生ですよね。
オキシクリーンの洗浄力は高いようで、「他製品の洗濯槽クリーナーで掃除していたのに汚れがどっさりでてきた!」と驚く人も多いんです。
一般スーパーで売られている所も増えているようですが、コストコや通販などで購入できます。
家中の掃除にぜひ役立ててみてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">