毎日、数時間おきにやってくる赤ちゃんのミルクタイム。可愛い赤ちゃんとふれあえる癒やしの時間でもありますが、一日に何度も粉ミルクを作るのはちょっと大変ですよね。
特に夜中は寝起きで頭も回っていないので、哺乳瓶に粉ミルクを入れている最中に「あれ?何杯入れたっけ?」となってしまうことも。
できるなら、少しでもミルク作りを楽するためにミルクを作り置きしたい!冷蔵庫にいれておけば大丈夫かな?と考えるママも多いはずです。
しかし、粉ミルクを調乳して作り置きをすることはいいのでしょうか?
今回は粉ミルクの作り置きについて、時間、冷蔵庫での保存などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


粉ミルクの作り置きはしても大丈夫なの?


赤ちゃんのミルクは、栄養価が高く、温かいために雑菌が繁殖しやすいです。
作り置きをして時間が経ったミルクの中に雑菌がうじゃうじゃ・・・ということも考えられます。
赤ちゃんのことを考えると、作り置きしない方が安全です。
ただでさえ、赤ちゃんは私たち大人より抵抗力が低いので、雑菌が口に入る危険な行為は避けたいところです。

ただ、忙しい子育て中のママは、なんとかミルクの作り置きをしたい!という方もいらっしゃるでしょう。
ミルクの作り置きは、100%NGというわけではありません。
WHO(世界保健機構)とFAO(国連食糧農業機関)が発表しているガイドラインで、調乳後のミルクの保存時間が明記されています。

WHOとFAOが発表しているガイドラインによると、

・授乳されなかった粉ミルクは全て調乳後2時間以内に破棄する(冷蔵状態のものは除く)
・調乳後の粉ミルクは冷蔵庫(5℃以下)で24時間まで保存できる


と記載されています。
つまり、上記の保存時間を守れば作り置きしたミルクを使用しても大丈夫と言えます。
だた、これはあくまでもWHOとFAOの考え方であり、国内の粉ミルクメーカーでは、多くのメーカーが作り置きはしないように、と注意を促しています。
ですので、作り置きのミルクを赤ちゃんに飲ませるかどうかは、最終的には自己責任となります。

飲みきれなかったミルクの残りを冷蔵庫で保存しても大丈夫?

赤ちゃんが最後まで飲みきれなかったミルクを捨てるのは、もったいなく感じてしまうかも知れませんが、飲み残しのミルクはすぐに捨てましょう。
ミルクは雑菌が繁殖しやすいので、一度口に付けたものは保存せず、授乳のたびに作り直しましょう。

作ったミルクを水筒や魔法瓶に入れて、お出かけ時に飲ませてもいい?

2時間を超える場合は、雑菌の繁殖の問題があるためやめましょう。
熱湯で作ったミルクは2~3時間後に飲ませても大丈夫です。

哺乳瓶にあるかもしれない空中落下菌を死滅させるために、熱湯でミルクを作り、哺乳瓶をタオルに包んでそのまま持ち歩き、冷ました頃に与えるということです。

こちらの方法をとっている方もいるようですが、こちらもママの考え方次第になります。
まず、哺乳瓶がきちんと消毒されていることが大前提です。
調乳グッズは荷物になりますが、お湯と湯冷まし、ミルクと哺乳瓶を持ち歩く方が安全です。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


湯冷ましを作るのがちょっと面倒・・・ミネラルウォーターを使っても大丈夫?

ミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富なのにものです。ミネラルは、赤ちゃんの未熟な消化器官などに負担をかけ、下痢をしやすくなります。
ミルクはおっぱいとほぼ同じミネラル分になっています。ミネラルが豊富な水で調乳すると、栄養バランスが悪くなるのでやめましょう。

市販の水を使用する場合は、ミネラルの含有量の少ない軟水(国産のナチュラルウォーター)を選び、そのまま使用して大丈夫ですが、外国のミネラルウォーターは硬水がほとんどなので、一度煮沸してから使用します。

簡単なミルクの作り方

ミルクの作り置きはNGではないものの、リスクがあるのでできれば避けたいですね。
授乳は、毎日、何回も行うことですから、簡単にミルクを作れるように準備しておきましょう。

・ミルクケースにいれて、1回分の量を測っておく。または、キューブタイプを使う。

キューブタイプは粉タイプよりも割高なので、夜間や外出先だけにするなど使い分けても。粉ミルクをミルカーに小分けしておくと便利です。

・湯冷ましを冷蔵庫で冷やしておく
すべて熱湯で作ると、冷やすのに時間がかかります。
熱湯を半量ほど入れてミルクを溶かし、湯冷ましを完成量まで注いで、冷ます時間を短縮します。

・調乳ポットを活用する

調乳専用のポットなら、お湯を70度で保温してくれるため、すぐにミルクを作れてとても便利です。

まとめ


ミルクの作り置きはリスクが高いので、よほどのことがない限り避けたいところです。
絶対にNGというわけではないですが、家庭では完璧に除菌できているか分かりませんし、赤ちゃんが体調を崩して後悔しないように毎回作るようにしたいですね。
できるだけ簡単に作れる方法をとるなど、工夫をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">