ノロウイルスは、特に冬場に流行する感染性胃腸炎の原因ウイルス。症状が重く出る場合もあり、恐い病気のひとつです。
ノロウイルスは、感染した人の嘔吐物や便から二次感染するケースが多いのですが、感染を防ぐために、きちんと消毒をする必要があります。
近年、ノロウイルス対策の消毒薬は薬局で市販されていることが増えました。
ノロウイルスの特性を知って、消毒方法を身につけておけば安心できる部分も多いので、家族を守るためにも準備しておきましょう。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


ノロウイルスに感染するとどうなるの?

ノロウイルスに感染すると、24~48時間ほどの潜伏期間を経て、37~38度の発熱と痛みを伴う下痢や嘔吐を繰り返し、吐き気などの症状が出ます。

軽症の場合は、気持ちが悪い程度で終わりますが、いきなり辛い症状が起こります。
お腹がチクチク痛み出し、やがてこみ上げるような痛みや、吐き気をもよおします。
嘔吐は、2~3回から何度も吐いてしまう場合があります。そして、下痢が続き水のような便が出ます。

ノロウイルスは冬場に多い「ウイルス性胃腸炎」のひとつですが、免疫の強い大人なら約3割の人は感染しても下痢や嘔吐に苦しまない場合もあります。
乳児や5歳前後の幼児、高齢者の場合は症状が重く出たり、症状が長引くこともあり注意が必要です。
重症になると、脱水症状になり、まれにけいれん、腸重積などが起こります。

ノロウイルスの感染源は?

牡蠣などの二枚貝にいるノロウイルスを、加熱が不十分なまま食品を食べて感染するほか、感染者の吐いたものや、便から人の手を介して二次感染します。

感染した人の世話や看病をした人が、吐しゃ物を介して二次感染をするケースが多いため、適切な汚物の処理、触れたものの消毒、除菌を行わないと感染者を広めてしまう可能性があります。

ノロウイルスは100個以下という少ない数でも感染症を引き起こします。増殖スピードが速く、感染時は100個以下だったウイルスが、約1日の潜伏期間を過ぎて症状が現れる頃には、嘔吐物の中には約1万個~10万個/g、便の中には約10億個/gものウイルスが存在するようになります。

実際、食品からの感染より、人から人への感染の方が3倍以上多く報告されています。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

ノロウイルスの消毒法は?

ノロウイルスは、アルコールや40℃ほどの高温でもそれに対する耐性があります。
乾燥や酸にも強く、水の中でも生き延びられるため、生命力が非常に強いウイルスです。

ノロウイルスを除菌するには「塩素濃度200ppm以上の次亜塩素酸水」「次亜塩素酸ナトリウム」などが有効です。洗剤などで綺麗に拭き取ったとしても、残存しますので注意が必要です。
ちなみに、加熱の場合は、85℃以上で1分以上加熱することによって不活性化すると考えられています。(二枚貝の場合は、中心部が85~90℃以上で90秒以上の加熱が望ましい)

もしも、カーペットや絨毯に嘔吐してしまった場合は、アイロンでも殺菌することが可能です。熱に強い素材ならば、嘔吐物を処理した後に、アイロンを2分ほど押しつけましょう。

消毒薬に関しては、家庭で簡単に手に入る次亜塩素酸ナトリウムの漂白剤を薄めるだけで、消毒薬をつくることもできます。
最もメジャーなのは、「キッチンハイター」です。


ノロウイルスの消毒に必要な次亜塩素酸ナトリウムの濃度は、嘔吐物がついた場所は0.1%、それ以外の手に触れるような場所は、0.02%です。
キッチンハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は約6%。
なので、500mlのペットボトルに5ml入れて混ぜれば0.1%になります。更にそれを5倍に薄めれば、0.02%の消毒液を作ることができます。
ちなみに「ワイドハイター」は塩素家漂白剤なので使用できません。

デメリットとしては、ハイターを使った消毒液は、長期間の保存はできないため、基本的にはその場での使い切りになります。希釈を間違えてしまう可能性がありますし、色落ちや手荒れをすることもあります。

緊急時は、家庭にあるキッチンハイターでも消毒薬が作れますが、市販品も便利で安心して使える商品があります。

ノロウイルスに有効な市販薬3選

市販で手軽に手に入る消毒薬が便利です。
アルコール耐性を持つノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどに対し、強い除菌率を発揮します。しかも、人体には安全なので、小さいお子様やペットがいる家庭も安心です。スプレータイプで使いやすいのでオススメです。

1.ノロキラーS


ノロウイルスだけでなく、インフルエンザや大腸菌にも対応可能な消毒薬です。
食品加工場や病院など厳しい衛生管理基準を守るプロの現場で培われた技術を基に開発し、安全性にも配慮した「瞬間消臭・強力除菌」ミストです。
食品添加物に使用される次亜塩素酸ナトリウムを使用、弱酸性化してあり体にも優しい消毒薬です。

強力除菌効果:一部のウイルス、菌類、カビなどを強力に除菌。
瞬間消臭効果:パーマやヘアカラーなどのアンモニア臭を分解消臭。タバコの臭い、ペットの臭い、トイレ、お風呂場、生ゴミなど嫌な臭いを瞬間消臭。

2.ノロパンチ


アルコールでは効きにくい広範囲のウイルス・細菌に対応した新しいタイプのアルコール除菌スプレーです。クエン酸でPHを酸性にし、有効成分エタノールの効果を高めています。さらに、食中毒やカビの原因菌も除菌します。
食品添加物のため、キッチン周りはもちろん、食器や食品などにも幅広く使用できます。
塩素を含まないため、金属製品にも使用可能です。使用後の拭き取り、水洗いは必要ありません。

3.アルタンノロエース


広島大学との共同研究によって開発された消毒薬です。こちらは次亜塩素酸ナトリウムではなく、ウイルスに抵抗力のある渋柿を含んでいるのが特徴です。
口に入っても安全な食品添加物を使って作られています。

まとめ

冬場になると、ノロウイルス感染のニュースはよく耳にしますよね。
このウイルスは生命力がとても強く、知識を持っていないと家族全員がかかってしまう恐れがあります。ノロウイルスに多い二次感染を防ぐために、しっかり消毒することが大切です。
薬局で市販されているものが増えてきているので、家族を守るためにも準備しておいてはいかかでしょうか。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">