二人目不妊で悩んでいる人は多くいます。何が原因なんだろう・・・と心配や不安に押しつぶされそうになりますよね。
二人目不妊の原因は様々ですが、甲状腺やカンジダも不妊の原因になることがあります。
今回は、二人目不妊の原因について、甲状腺やカンジダが不妊に影響するわけについてまとめていきます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

二人目不妊とは?

二人目不妊の定義は、一人目が2歳になって妊娠がない状態を指します。
一般的に、夫婦共に健康で、妊娠を希望して性交を続けると、6周期までに89%が12周期までに99%の人が妊娠したという報告があります。

二人目不妊の原因

二人目不妊の原因はさまざまです。

・前回出産の帝王切開などの影響
・女性の高齢化による卵管、子宮環境などの変化
・育児などのストレス
・夫婦生活の減少
・女性ホルモンの低下
・最初の妊娠や出産が引き金になって体調を崩し、子宮や卵巣にトラブルが生じているケース

また、一般的な不妊治療を行っても、なかなか妊娠に至らない原因不明の不妊もあります。
そして、見逃せないのが年齢です。
最初の出産のときよりも、確実に年を取っているのですから、卵子の老化や造精能力の低下はさけられません。
一般的に30代後半から卵子が老化をしてきて、妊娠しづらくなる傾向があります。卵子とともに、子宮内膜も老化が始まり、内膜の血流も悪くなったり、せっかく精子と卵子が受精しても、それが子宮内膜に着床できず、妊娠しづらくなります。

一人目が自然妊娠し、無事に出産していると、自分の不調に気付かない場合があります。
子宮系の病気は、自覚症状がないことが多いのです。
前回の分娩のときに感染症があったり、出産後にクラミジアに感染したりして、卵管が詰まってしまうこともあります。

妊娠中に増えた体重が戻らないといった健康管理の問題も一因です。
このように、不妊にはさまざまな原因が考えられます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


カンジダ膣炎は不妊につながる?


カンジダ膣炎とは、膣内に常にある細菌が異常に増殖してしまい、膣の炎症を起こしてしまう状態を指します。
カンジダ膣炎は、発症を繰り返して炎症を起こしたままでいると、結果的に不妊につながってしまうこともあります。カンジダ菌が精子を殺してしまうこともあるからです。

カンジダという菌はだれもが持っている菌で、通常は免疫力で増殖を抑え込んでいるのですが、免疫力が低下したときに増殖してしまいます。
カンジダ膣炎が不妊の直接的な原因となることはありませんが、女性がカンジダ膣炎にかかっていると、膣内の酸性度が高まり、弱アルカリ性である精子が卵子にたどり着かないまま死滅してしまう可能性が高くなります。
そのため、妊娠を希望する場合は、性器カンジダ症の予防を心掛けルことが大切です。万一、性器カンジダ症にかかってしまったら婦人科を受診し、しっかりと治療を行い完治させておくことが大切です。

カンジダ膣炎の代表的な症状について

・強いかゆみ ・多量のおりもの ・カッテージチーズや酒粕、おかゆ状の白く濁ったおりもの

カンジダ膣炎の原因・治療法は?

カンジダ膣炎は、日本人の7割の女性が一生に一度は経験すると言われています。
カンジダ膣炎が発症する9割の原因は、自分が持っているカンジダ菌が悪さをする自己感染です。
カンジダ菌は普通の状態では悪さをしないのですが、免疫力が低下したり、善玉菌が減って悪玉菌が増えたりすると増殖して膣炎を引き起こすなど悪さをするようになります。

【カンジダ膣炎の主な原因】
・疲れやストレスの蓄積
・風邪などの免疫力低下
・膣の洗いすぎ
・下着の不衛生
・抗生物質や免疫抑制剤、ステロイドの服用
・ピルの使用
・生理前
・妊娠
・中絶
・肥満
・糖尿病

【カンジダ膣炎の治療法】
婦人科で膣内の消毒をし、殺菌作用を持つ膣錠を入れることで治癒します。
市販薬も売られていますが、受診する方が良いでしょう。

再発率が高いカンジダ膣炎、日頃から予防できることは?

カンジダ症に一度かかると、45%の確率で再発すると言われています。
再発を繰り返して慢性化すると非常にやっかいなので注意が必要です。

・ぴったりすぎる厚手のジーンズなどは避けましょう。
デリケートゾーンの風邪投資が悪くなり、カンジダ膣炎が発症しやすくなることがあります。

・免疫をあげる食材を意識的に摂りましょう。

・睡眠不足を解消しましょう。
特に生理の1週間前はカンジダ膣炎が起こりやすい時期。注意して体を休めるといいでしょう。

・尿もれシートはこまめに取り替えましょう。
生理用のナプキンに比べ、交換する頻度が少なくなりがちです。トイレに行ったら交換するように心掛けましょう。

甲状腺の異常と不妊の関係は?


甲状腺機能に異常があると不妊になることがあります。甲状腺は口の中ののど仏の下にある器官です。
甲状腺ホルモンは脳下垂体によってコントロールされホルモンの量が一定に保たれています。甲状腺の病気があると体に様々な異変が現れ、排卵が起きなくなったり、黄体機能が低下して、不妊症・不育症の原因になったりすることがあります。

甲状腺の病気の中で、甲状腺機能亢進症の代表的な病気が「バセドウ病」、甲状腺機能低下症の代表的な病気が「橋本病」です。どちらも自己抗体ができて自分の体を攻撃してしまう自己免疫疾患の病気です。
甲状腺ホルモンは、女性ホルモンの分泌にも関係しており甲状腺ホルモンのバランスが崩れると女性ホルモンのリズムにも影響し不妊を引き起こしてしまいます。
甲状腺ホルモンと不妊についてはまだ知らない人も多く長年の原因不明の不妊が、実は甲状腺ホルモンの異常だったということもあります。

甲状腺ホルモンのセルフチェック

バセドウ病の主な症状
・頻脈や不整脈 ・動悸、息切れ ・のどが渇く ・食欲はあるのに痩せる ・血圧が高くなる ・体温が高い、汗をよくかく ・暑がりになった ・イライラしやすい ・興奮しやすい ・筋力の低下 ・指先の震え ・流産してしまう

橋本病の主な症状
・首が腫れる ・のどに違和感がある ・寒がりになった ・食欲がないのに太る ・肌が乾燥する ・からだがかゆい ・からだがむくむ ・便秘がちになる ・昼間も眠い、よく居眠りをする ・やる気が出ない ・排卵障害などの不妊

甲状腺に関した不妊治療内容は?

甲状腺の機能が正常に働いているかは、血液中の甲状腺ホルモンの量は抗体を測ることですぐに調べられます。

異常がある場合は、薬による治療を行います。使用する薬は妊娠中、出産後にも母体や胎児、赤ちゃんに影響しない安全な薬を使用します。
医師の指示のもとに薬をきちんと飲んで甲状腺機能を厳格にコントロールすることが大切です。

甲状腺異常を予防するには?

甲状腺機能異常の原因は分かっていませんが、自己免疫異常によって起こる病気で、ストレスもひとつの要因となります。ストレスによって活性酸素が増えると、正常な細胞が攻撃されてしまします。活性酸素をためないように抗酸化力のある食品を取ることが有効です。

免疫力の低下も発病の引き金になることが多く、免疫力を高めることは予防につながります。免疫細胞は、腸で7割が作られると言われていますので、腸内環境を整える食品を意識して摂るようにしましょう。

【抗酸化作用の高い食品】
・バナナ ・アボガド ・ナッツ類 ・大豆
【整腸作用のある食品】
・ヨーグルト ・納豆 ・たまねぎ ・にんにく

まとめ


二人目は妊娠しにくいと決まっているわけではありません。
ただ、一人目の時はタイミング良く妊娠できたとしても、二人目はなかなかうまくいかないということがあります。不妊の原因は多くありますが、カンジダ膣炎や甲状腺の病気も不妊に関係していることは、まだ認知している人は少ないのです。
心配なときは早めに婦人科を受診して相談しましょう。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">