子供はいつ病気になるか、けがをするかは分かりませんよね。
突発性発疹は4ヶ月から2歳くらいにかかりやすいとされている病気です。これはあくまでも目安で、この月齢・年齢以外の3歳、4歳でも突発性発疹にかかることがあります。以前かかったのに2回目ということもあり得るんです。
今回は、赤ちゃんがかかる代表的な病気・突発性発疹について、3歳4歳でもかかる原因・2回目の原因などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


突発性発疹はこんな病気


ヒトヘルペスウイルス6型、7型の感染によって起こる病気です。突然、38~39度の高熱が出て、3~4日続きます。熱のわりには比較的機嫌が良く、食欲もそれほど落ちないことが特徴です。

4ヶ月から2歳くらいにかかりやすく、季節は問わず通年でなりやすい感染症です。
乳幼児がかかった感染症をアンケートしたところ、第1位が突発性発疹だったそうです。
赤ちゃんが最初にかかる病気の代表格と言えます。

熱が下がる頃から、あせもに似た赤くて細かい発疹が胸やお腹に出て、やがて全身に広がります。手や足にはあまりみられません。
急に不機嫌になったり、下痢をする子もいますが、2~3日すると発疹の色も薄くなり消えていきます。
高熱がでることで、熱性けいれんのきっかけになったり、急性脳症などの合併症を起こすこともあるので注意が必要です。

あわせて読みたい

突発性発疹の治療法は?

発疹が出るまでは突発性発疹の診断がつきにくいため、経過観察が必要です。機嫌が良く、水分も十分にとれているなら、ほとんどの場合は処方薬なしで自然に治まります。4~5日たっても熱が下がらない場合は、ほかの病気も疑われるため再度受診しましょう。

熱のため、いつもより食が進まなかったりすることがありますが、十分に水分を補給して、安静を心がけてください。元気ならば入浴もOKです。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


治療薬はあるの?

残念ながら突発性発疹のウイルスを抑える治療薬はありません。
鼻水や咳などの症状がひどい場合に、その症状を緩和する薬が出されることもあります。

突発性発疹にかからない子もいるの?

突発性発疹のウイルスは一度感染すると、体内に潜んでいます。
人の唾液から感染しますが、風邪のような症状や下痢などだけで発疹が出ずに終わることもあります。
そのため、感染したか分からない場合もありますが、ほとんどの子が4歳ごろまでに、何らかの症状を伴って発症しています。

突発性発疹の発疹はかゆくないの?


突発性発疹の発疹は、皮膚が炎症を起こしているものではなく、皮膚内の毛細血管が部分的に拡張して見えているだけです。血管の拡張によるものなので、跡が残ることもありません。
じんましんなどの発疹でかゆみが伴うのは、体内にヒスタミンという物質が出るのが原因です。突発性発疹の発疹はヒスタミンが出ないので、かゆみはありません。

発疹が出ていなくても、発熱だけで突発性発疹と判断できる?

発疹が出てからでないと突発性発疹だとはいえません。
どんな病気も発熱のみで判断することはできません。発熱後の経過を観察した上で判断します。そうしないと全く違う病気の可能性を見逃してしまう危険があるからです。

突発性発疹の高熱でけいれんを起こす心配は?

発熱によって起こる熱性けいれんは、熱が急にあがり始めるときに起こります。発症には遺伝的要素があり、突発性発疹で高熱がでたからといって、けいれんにつながるとは限りません。けいれんを起こしやすい体質の子が突発性発疹にかかるなどして高熱が出ると、けいれんを起こすと考えられています。

突発性発疹に2回かかることがあるの?

突発性発疹を起こすウイルスは、ヒトヘルペスウイルス6型と7型の2種類が分かっています。他にも似たような症状を出すウイルスもあるので、突発性発疹に2回以上かかることはあります。
感染した後に、体に潜んでいたウイルスが、体調を崩したときに再活性化して発症する可能性もあります。

3歳4歳でもかかる原因は?

突発性発疹は、遅くても3歳までには感染する病気ですが、それ以降の感染はほとんどありません。
ウイルスは2種類あるので、1回目を2歳前後にかかり、2回目を3歳4歳くらいにかかってしまった、ということが考えられます。
ごくまれに6歳までの子にも症状が現れる場合があるようです。
それ以上大きくなった大人の場合は、免疫がついているために突発性発疹にかかることはまずないとされています。

まとめ

突発性発疹は赤ちゃんがかかる代表的な感染症です。熱が出てから、発疹が出るのですぐに診断されず、親も心配ですよね。
後になって「突発性発疹だったのね!」と気付くことが多いんです。最初から発疹が出ていれば分かりやすいのに・・・と思うかも知れませんが、発疹が現れたら「完治のサイン」で、それから2~3日もすると後も残らず綺麗になり治りますから、きちんとホームケアをしてあげてくださいね。
1回かかったからといって、2回目はないと思いがちですが、2回以上かかることはありますし、3歳4歳でもかかることがあるんです。
高熱で考えられる病気はたくさんありますが、親として最低限知識をもっておきたいですね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">