名古屋港水族館は東海地方を代表する、愛知県名古屋市にある水族館です。遊園地や動物園を含めても、東海エリア屈指の人気を誇るスポットと言っても過言ではありません!そんな名古屋港水族館に実際に行く計画をたてようとすると、混雑具合や駐車場情報が気になりますよね。そこで今回は、名古屋港水族館の混雑状況、駐車場の料金や到着しておくべき時間についてお伝えします!
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


名古屋港水族館とはどんなところ?


愛知県名古屋市にある名古屋港水族館は、1992年にオープンし、約500種、24000点もの海洋生物を展示しています。
南館と北館に分かれており、南館のテーマは「南極への旅」、北館のテーマは「35億年はるかなる旅」とテーマを分けてわかりやすく紹介しています。

延べ床総面積41529平方メートルに及ぶ世界でも指折りの水族館なんですよ~。多種多様な海の生き物の展示やイルカショーが人気で、全国でも2か所でしか飼育していないシャチを見ることができますよ。

ちなみに館内でも目玉なのが「メインプール」。北館にあるこちらのプールは、長さ60メートル・幅30メートル・水深12メートルの世界最大級のプールです。こちらで行なわれるイルカやシャチのショーは圧巻!何度見ても飽きません。ウミガメやベルーガ、シャチの繁殖や研究も盛んで、多くの成果をあげているらしいですよ。

事前チェック!混雑状況

そんな魅力あふれる名古屋港水族館。一度は行ってみたいですよね!混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

名古屋からのアクセスが良いこともあり、週末は混み合いやすいです。
平日はそれほど混雑するというイメージはありません。ショーなども落ち着いてみたいという場合は平日(特に朝の時間帯)を選ぶと良さそうです。
また、ゴールデンウィークやなどの繁忙期に遊びに行く場合は、事前にどの時間帯のショーを見て、どこの水槽を順番に回っていくかなどを決めておくと楽ですよ。

土日でも時間帯としては11時~15時の時間帯が混雑しやすくなっていすので、比較的混雑の少ない朝~午前中から出かけるのもいいと思います。普段の1.5倍~2倍の待ち時間や混雑になりますので、これらの時期に行く時は特に注意しておきましょう!

人が多いと水槽がよく見えなかったり、待ち時間が増えてしまったりするので、できるだけ人が少ない時を狙って行けたら堪能できますよね~。

チケット窓口では、通常営業時の平日なら特に問題なく利用できるのですが、土日祝日の混雑時間帯になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間がかかることがあります。コンビニや旅行会社などでもチケット購入ができますので、事前に入手しておきましょう!当日スムーズに入場することができるのでおすすめです♪
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


大人気イルカショー攻略法

イルカショーは名古屋港水族館のイベントの中でも1番人気です!ショーが始まる時間になると会場の席はほぼ満席状態になっていることがほとんどです。一番前の席は水がかかる恐れがあるので注意してほしいのですが、会場真ん中の中段あたりの1番良い席を確保したいのであれば、ショーが始まる30分前から、少し離れた位置でも大丈夫であれば20分前までに場所取りをしておきましょう!

待っている間は会場内でBGMが流れており、目の前のスクリーンにはライブ映像で客席の様子が映し出されていますので、お子さんが退屈せずに楽しく過ごすことができますよ。

ちなみに、イルカショーは1日に何回か行われていますが、午前中のショーの方が比較的に人が少ない傾向にありますので、午前中から利用するのがおすすめです

駐車場はあるの?

小さなお子様を連れてのお出かけならば、やっぱり車で移動するのが便利ですよね。この名古屋港水族館には、専用駐車場はありませんが、指定の駐車場がありますのでご紹介いたします。

水族館の近くにガーデンふ頭駐車場(約700台)があります。水族館までは徒歩約5分です。
営業時間:8:00~21:00
料金:30分で100円、1日の最大料金は1,000円

同じく指定の駐車場で「ガーデンふ頭西駐車場」もあります。
料金は同じく30分で100円、1日の最大料金はこちらも1,000円です。

両方とも営業時間1時間前から同じ料金で利用する事ができますよ。
ご紹介した駐車場は、平日ならば特に心配することなく駐車できます。

観光シーズンや土日祝日は混雑のため、駐車場の出入りに時間がかかる場合があります。満車になる事は少ないですが多くの車が利用するため、時間帯によっては入場ゲートまで遠く離れた駐車場しか空いていない事もあるので注意が必要です。午前中から行かれる場合は、9時ごろまでに駐車できるように早めに行くことをおすすめします。遅くても混雑し始める11時よりも前に到着できるよう行動しましょう!

ちなみに駐車場料金が高いので、もうちょっと安い駐車場を利用したいなと考えている人もいると思います。周辺にはいくつか有料駐車場があるのですが、「MAYパーク入船」という有料駐車場を利用するのがおすすめです!周辺にもたくさんの駐車場がありますが、どこも駐車台数が比較的に多いですし、名古屋港水族館まで徒歩約10分の位置にあるので、不便なく利用できますよ。しかし、混雑時期になるとすぐに満車になりやすいので、できるだけ早めに利用するようにすると安心です。

まとめ

ご家族やご友人とお出かけするときは、共有の時間を堪能できるように少しでも快適に時間を過ごしたいものです。私自身は、子どもが生まれてからというもの、出かける時は周りの状況や環境にすごく気を使います。世のお父さんお母さんもそうでしょう。待ち時間があるかとか、スムーズに行動できるかで、その日のスケジュールが大きく変わりますもんね。
今回テーマにした名古屋港水族館は、混んでいても一度は行っていただきたいスポットです。少しでも快適に楽しめるように、今回まとめた内容をご参考にしてみてください。みんなが海の世界を心から楽しめることを願ってます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">