出産した後、ゆるんだ骨盤を締めるために、骨盤ベルトを付けようと思っているお母さんも多いのではないでしょうか。付けるだけでサポートしてくれるので大変便利なアイテムです。
経膣分娩ではなく、帝王切開の産後にも使用していいのでしょうか?
今回は、帝王切開の産後に骨盤ベルトを使用することについてまとめていきます。また、帝王切開オススメの骨盤ベルトも紹介していきます。



骨盤ベルトとは?

出産時に開いてしまった骨盤は、半年ほどかけて元の位置に戻りながら閉じていきます。しかし、一度開いてしまった骨盤が自然に元の位置に戻ることは非常に困難です。
骨盤ベルトは開いた骨盤を締めるサポートをしてくれるアイテムです。
妊娠中から使えるタイプと産後に使用するタイプのものがあります。

骨盤ベルトの効果

一番の効果は、骨盤が安定し、出産前の正しい位置にもどりやすくなることです。
また、おしりや下半身のぽっこり、腰痛、産後の体の不調などさまざまな悩みをサポートしてくれます。



骨盤ベルトの巻き方

ポイントになる骨は、おへそからまっすぐ下に指を下ろすと当たる硬い骨盤の骨“恥骨”と、その恥骨から外側に指をたどると当たる出っ張った太ももの骨“大転子”です。
この恥骨と大転子を結ぶラインに骨盤ベルトを巻いて使用します。

きつく巻くほど効果があるように思われがちですが、きつすぎると血流が滞り腰痛やむくみを引き起こす原因になります。
恥骨あたりに手のひらがスッと入る程度の余裕を持たせて巻きましょう。
また、体を動かしているとずれやすいので、時々位置を確認しましょう。

そもそも帝王切開って?

帝王切開とは子宮切開によって胎児を取り出す手術方法。

帝王切開は、逆子や微弱陣痛などさまざまな理由から、経膣分娩ではリスクが高いと医師が判断した場合に選ばれる分娩方法です。

帝王切開は、大きく分けて“予定帝王切開”と“緊急帝王切開”の2種類があります。手術内容はほぼ同じですが、自然分娩が難しいとあらかじめ分かっている場合、手術日を決めて実施されるのが予定帝王切開です。
自然分娩を予定していたものの、分娩前や分娩中に何らかのトラブルが起きたときに実施されるのが緊急帝王切開です。

帝王切開後に骨盤ベルトを使っても大丈夫?


帝王切開の場合も、産む直前まで赤ちゃんは産道に向かって降りてきているので、経膣分娩と同じく骨盤はゆるくなっています。

経膣分娩の場合、出産時に骨盤が大きく開きますが、脳はその衝撃を受け「赤ちゃんを産んだ」ということを認識します。そして、骨盤を締め、産前の体型に戻すように働き始めます。
しかしながら、帝王切開の場合は骨盤を開く衝撃がないため、脳は赤ちゃんを産んだと言うことを認識しづらいのです。
そのため、骨盤の戻りが悪く、産後も脂肪をためやすい状態が続きがちになります。

体型を戻すには骨盤ベルトが有効ですが、傷口にあたらないように気をつけてください。
産後1ヶ月ほどは控えておいて、その後は傷口に当たらないようなデザインのものを使用しましょう。

帝王切開の痛みはいつまで続くの?

帝王切開後の痛みは、傷口の痛みと後陣痛の痛みがあります。個人差はありますが、術後1週間ほどでほとんど痛みはなくなります。
帝王切開は退院までに8日ほどかかりますが、退院する頃には動けるようになっています。
退院時に多少の痛みが残っていても、1ヶ月もすれば痛みはなくなり、日常生活に支障はないでしょう。

帝王切開の傷跡、いつごろ治まるの?

傷跡は時間とともに薄くなっていきますが、完全に消えることはありません。体質によっても残り方の程度は違ってきます。少しでも傷跡を薄くするには、かさぶたをはがさないなど、傷をいじらないことです。
下着のゴム部分などが当たらないように、下着選びや骨盤ベルトの着用方法にも注意しましょう。

帝王切開オススメ骨盤ベルト5選

近年では5人に1人が帝王切開によって出産しています。
しかしながら、マタニティグッズや産後用品には、大々的に「帝王切開用」などと書かれているものはありません。
今回は、骨盤ベルトで幅があまり広くないものを5つ紹介します。使用する際は、傷口に当たらないように気をつけましょう。

1.青葉 産前産後トコちゃんベルト2


産前・産後はもちろん、思春期~老年期まで幅広い人が使用できる骨盤ベルト。
古来の「腹帯」を進化させて使いやすくアレンジしたものです。
医学的な根拠に基づいて設計されており、産後すぐからの着用を推奨している産院が多いのも信頼のポイントです。

2.ダッコ 産後用骨盤ベルト きゅっとベルト


伸縮性のある生地で、引っ張ってテープで留めるだけのワンタッチタイプです。
肌に優しい柔らかい素材が使用されており、座ったりしゃがんだりするという日常の動作も楽にできます。

3.犬印本舗 産後骨盤ケアベルトN3810

「犬印本舗」はマタニティウエアのトップブランド。
こちらの骨盤ベルトはサイドのテープで締め具合を微調整でき、自分の体調や好みに合った適度な締め付け感で使用できます。
お腹部分は細めの作りになっており、座ったときにずれにくいのもポイントです。

4.ワコール 産前・産後兼用 骨盤サポートベルト マタニティMGY620

公益社団法人である日本助産師会とワコールの共同開発で生まれた商品です。
付け心地の楽さと、骨盤周りのサポート力を両立しており、装着しやすく設計です。
産前から産後まで長く使えるものポイントです。

5.ピジョン 助産師推奨骨盤ベルト


ピジョンと助産師さんと共同で開発した商品です。細めの本体ベルトで引き締めた後、外側の補助ベルトで固定するのが特徴。
腰部分はメッシュ素材が使用されており、蒸れにくく、カーブ設計が、腰にぴったりフィットします。

まとめ

帝王切開の場合は骨盤が開かないのでは?と思う人も多いようですが、実はそうではありません。
出産方法が帝王切開であっても、骨盤は開いていますから、骨盤ケアは必要なのです。
産後に、骨盤が正しい位置に戻らないと、血流が悪くなり、脂肪もつきやすく、下半身ががっちりした体型になりやすいです。
また骨盤が開いていることで、生理痛や腰痛、むくみを悪化させる原因になるとも言われています。

帝王切開の方は、傷を治すことに専念してから、傷口に負担がかからないよう骨盤ベルトを使い始めることをオススメします。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">