脂漏性
脂漏性湿疹は生後2ヶ月頃から赤ちゃんの顔やからだの一部に見られる乳児湿疹の一つです。産まれてきたばっかりなのに肌荒れなんて…とかわいそうですし、親としてはとっても不安ですよね。その中でも多い「脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)」は皮脂の分泌からよるもの。今回は、脂漏性湿疹の原因とその対処法、その中で保湿剤としてよく耳にするワセリンの上手な付き合い方などをご紹介します。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">



脂漏性湿疹とは?

脂漏性湿疹とは、脂漏性皮膚炎とも呼ばれ、皮脂の分泌の多い頭皮や鼻の周り、耳の後ろ、わきの下などに発症します。
発症すると、かゆみを伴い、赤くなり、皮膚が荒れてカサつき、皮膚がはがれてくることもあります。赤ちゃんの場合、頭部(前頭部から頭頂部)に黄色がかったうろこ状の皮膚炎が生じます。



かゆみはありますが、通常はあまり強くはありません。中でも皮脂腺の多い髪の毛の生え際、まゆ毛、頭の中にできて、かさぶたがべったりと付いています。

見た目はアトピー性皮膚炎と似た湿疹の状態となり、短期間に広がっていきます。。

気になるワセリンの効果は?


乳児湿疹と言えば、ケアの方法としてワセリンを塗ることが挙げられます。
でも、ワセリンを塗ったらよくなるの?と疑問に思うことがありますよね。
結論から言うと、ワセリンだけでは治らないことがほとんどです。
それは、ワセリンはあくまで皮膚の乾燥を防ぐためだけのものであって、「薬」ではなく「保湿剤」だからです。
赤ちゃんの肌は薄くて刺激に弱いため、乾燥やこすれ、よだれなどですぐにトラブルを起こします。
そんな外からの刺激から肌を保護するために、ワセリンを使います。
「塗ったのに、乳児湿疹が全然よくならない!」
と思ってしまいますが、治すためのものではなく、あくまで保湿剤なのを念頭に置きましょう。
ワセリンの塗り方のコツは次の3つです。

・清潔な手で塗る
・柔らかくしてから塗る
・少量を薄くのばして塗る

この三点を踏まえて、以下のケアで試してみてください。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


上手に使おう!ワセリンで脂漏性湿疹ケア

赤ちゃんは、皮脂腺の働きが活発なため、皮脂の分泌がとても多くなり脂漏性となることが、主な原因となります。
そのため、安易にステロイドを塗るということではなく、かさぶたの様になった皮膚のカスに、ワセリンなどをやや厚く塗り、柔らかくしてからオリーブ油でしめらせて、入浴で洗い流すといった方法があります。
軽い症状なら、ベビー用石けんでよく汚れを落として皮膚を清潔にしてあげれば、良くなってしまう場合もあります。
「乳児脂漏性湿疹」の場合、逆にかさぶたが取れて黄色くジュクジュクすると、そこからばい菌が入ってしまう可能性もあるので、そのときは抗生物質入りの軟膏を塗ってあげたり、皮膚を保湿するような薬を使ったりします。どんなに手をキレイに洗っても、湿疹にさわる頻度が多くなると雑菌がつく可能性も高くなるので、できればさわらずに乾かしてください。



頭の中に湿疹ができている場合は、石けんやベビー用のシャンプーをよく泡立てて、その泡で洗うようにしましょう。力を入れずに、円を描くように優しく洗います。
まゆ毛に湿疹ができている場合は、ガーゼにせっけんの泡をつけて、かさぶたをこするような感じで洗います。洗った後は、濡らしたガーゼで石けんをきちんと流します。
貼り付いたかさぶたは無理に剥がさず、白色ワセリンやオリーブ油をつけて、まずふやかします。その後にお風呂で石けんを使って洗うと、少しずつ落ちていきます。

ママは赤ちゃんがいる部屋の温度を下げすぎないようにと気を配るものですが、暖かくしすぎると逆に体温が上がり、皮膚血管が拡張してかゆみが強くなりがちです。
日本の夏は湿度が高く蒸し暑いので、クーラーや除湿機などをうまく使って、こまめに除湿をしましょう。「今日は暑くて過ごしにくいな」と感じたら、クーラーの効いた涼しい部屋に赤ちゃんを連れて行ってあげてください。

ちなみに、ワセリンはすべての乳児湿疹に効果があるわけではありません。
かゆみを伴っている乳児湿疹には逆効果になります!以下で記載してある場合はまず医療機関を受診してくださいね。

こんな場合は病院へ

湿疹がジュクジュクして膿んでくると、二次感染でほかの部分にうつることもあります。
また肌が乾燥していると赤ちゃんがひっかいてしまい、その傷が「とびひ」になる可能性もあるので、その場合は、ひどくなる前に病院を受診することをおススメします。。
処方されるお薬は、部分的に抗生物質入りの軟膏を塗ったり、症状がひどければ、内服の抗生物質などを飲ませたりすることがあります。
とはいえ、乾燥だけかな?と思うときは、市販の保湿剤を塗ってあげて病院へ行く前に様子を見るのもひとつの手だと思います。
また、「アトピー」や「アレルギー」を疑うような場合には、症状や経過を根気よく見守り、なるべく症状を悪化させないよう、食事や周りからの刺激に対応することが大切です。

まとめ

たくさんの情報を読んだり目にしたりすると、すごく難しく考えてしまいます!私も我が子が湿疹でひどいときは毎日スマホで情報を探して、「ふむふむ」と納得したつもりでも、また次の日には不安で検索‥なんてことが日課になっていました。しかし!乳児湿疹は、治るものなのでご安心を。と、その時の自分にも伝えてあげたい。笑

乳児湿疹は、きちんと肌を清潔に保っていれば、どんなに長くかかっても1年くらいで治ってしまうそうです。本人の皮膚のバリア、つまり抵抗力がしっかりできてくるとだんだん症状が良くなってくるのです。ですので、それまでは細菌が侵入するのを防ぐため、お風呂に入れて肌を清潔に保ってあげましょう。

症状がひどい場合は、赤ちゃんの頭や顔を洗ってあげる回数を増やすのも良いですよ。ママパパも不安な気持ちもあると思いますが、赤ちゃんの体質を知って日々のケアで改善していくことを願います。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">