よだれ かぶれ スタイ
赤ちゃんの肌は、敏感ですぐにかぶれやすくなります。とくに、よだれかぶれは、多くのママが経験していることだと思います。なかには、ひどい痛みやかゆみで、一日中ぐずっている赤ちゃんもいることでしょう。
今回は、赤ちゃんのよだれかぶれの原因や対処法についてご紹介しますね。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">




赤ちゃんのよだれかぶれの原因は?

赤ちゃんのよだれかぶれの原因は、何でしょうか?ここでは、いくつか考えられる原因についてご紹介します。

よだれかぶれ原因その①「よだれ」
まず、よだれかぶれの原因として考えられることは、よだれです。
赤ちゃんはよだれが出やすいため、よだれが出ることは問題ありません。
問題は、そのよだれをずっと放置していることです。
よだれが肌に長時間付着しているとかぶれやすくなります。
赤ちゃんのよだれが出たら、すぐにガーゼでふき取ってあげてください。

よだれかぶれ原因その②「母乳やミルク」
赤ちゃんの肌は薄く敏感です。
そのため、母乳やミルクの残りが口の周りに付着したままだと、かぶれやすくなります。
授乳後は、口の周りも拭いてあげましょう。
また、口周りのご飯の残りも放っておくとよだれかぶれの原因になります。

よだれかぶれ原因その③「おしゃぶりやスタイ」
多くの赤ちゃんが身に着けているものといえば、おしゃぶりやスタイですが、おしゃぶりやスタイもよだれかぶれの原因になりやすいです。まず、おしゃぶりですが、一日中同じおしゃぶりをしているとおしゃぶりに付着したよだれや細菌などが原因で肌荒れを起こしやすくなります。時々、変えてあげましょう。
また、スタイもよだれが洋服に付着するのを防げて便利ですが、一日中同じスタイを付けていると、スタイに付着したよだれが洋服にしみ込んで、肌荒れを起こしやすくなります。
スタイが湿ってきたら、変えてあげましょう。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">




赤ちゃんのよだれかぶれはいつからいつまで?

赤ちゃんのよだれかぶれが始まったママは気になると思います。
よだれかぶれは、いつまで続くのでしょうか?
大体の赤ちゃんは、生後2ケ月ころからよだれが増え始め、とくに歯の生える生後5ケ月~7ケ月ころによだれの量がピークになります。
しかし、いつまでも続きませんので、安心してくださいね。
赤ちゃんが唾液を飲み込めるようになれば、よだれの量も減り、よだれかぶれも治ります。
赤ちゃんが唾液を飲み込めるようになる目安は、自分でストローやコップを使って飲めるころですので、早くて生後8ケ月~1歳半ころですね。
しかし、1歳を過ぎると自分でご飯を食べられるようになるため、うまく噛めず口周りにご飯がこべりついていることもあります。
このご飯のこべりつきもよだれかぶれの原因になります。
ママは大変ですが、2歳ころまでは、食後に口の周りを拭いてあげてくださいね。
ちなみに、うちの子も生後5ケ月ころがよだれの量が半端なく多かったですが、生後10ケ月ころからスタイをしなくても大丈夫なくらいよだれも減りました。

赤ちゃんのよだれかぶれに薬は使って大丈夫?

afferi / Pixabay


もし、赤ちゃんのよだれかぶれがひどい場合は、薬を使っていいのか気になりますよね。薬を使う場合は、まず病院で診察を受けることをおすすめします。いきなり、きつい薬を使って、余計ひどくなるといけませんからね。

病院では、保湿としてワセリンやヒルロイド、ステロイドはロコイドやキンダベートが処方されると思います。かぶれには、まず清潔にして保湿することが大切です。そのうえで、ひどい場合は、患部にステロイドを塗りましょう。
うちの子の場合は、病院で、ワセリンを毎日塗って、かゆい部分にステロイドを塗るように教えてもらいました。

赤ちゃんのよだれかぶれ対処法は?

薬はありますが、できれば、赤ちゃんがよだれかぶれにならないようにしたいですよね。ここでは、赤ちゃんのよだれかぶれ対処法についてご紹介します。

ポイントはたった二つです。

・赤ちゃんのよだれかぶれ対処法その①「こまめによだれを拭いてあげましょう」
よだれかぶれを防ぐためには、とにかく清潔にすることです。
授乳後や食後は、口周りを拭いてあげましょう。
スタイをしている赤ちゃんは、こまめに好感してあげましょう。
洋服によだれが付着している場合は、着替えましょう。

・赤ちゃんのよだれかぶれ対処法その②「普段から保湿してあげましょう」
清潔にした後は、しっかり保湿しましょう。赤ちゃんの肌は、薄く敏感です。保湿によって、「バリア」をつくってあげます。保湿をすることで、かぶれにくくなります。保湿におすすめなのが、ワセリンです。大人も使えますので、ひとつあると便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんの肌によく現れるよだれかぶれ、かゆそうだし、痛そうですね。赤ちゃんのよだれかぶれの原因は、よだれや母乳やミルクの残りカス、スタイなどが考えられます。とくに、生後3ケ月ころからよだれが増え、1歳までの赤ちゃんはよだれかぶれに悩まされます。一時的なことですが、日頃から清潔にして、保湿をすることで、よだれかぶれを防ぐことができます。もし、よだれかぶれがひどくなったら、病院で薬をもらってくださいね。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">



スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">