まぐまぐ 
生まれてすぐはおっぱいや哺乳瓶のみで水分補給していた赤ちゃん。生後6ヶ月から1歳頃になると、ストローで水分を取れるようになります。そこで必須になってくるのがマグ。月齢に合わせて様々な種類が販売されており、ストローの太さやハンドルの形状、容量、保温性、漏れにくさなど、特徴も様々です。

私は「ストローマグ」だけのことを指しているのかと思ってましたが、最近は「トレーニングマグ」とか「スパウトマグ」とか種類がたくさんありますよね~。これまたどっから初めていいか悩みます。実際赤ちゃんに使ってもらわないとわかりませんし、赤ちゃんによって好みも異なると思いますが、まずは下記の点に注意してマグを選んでみましょう!

買う前にチェック!選ぶポイント

・漏れにくさ
マグを選ぶときに一番重要なポイントが「漏れにくいこと」。
赤ちゃんはマグを丁寧には扱ってくれません!落としたり投げたりもしますので、その度中身が漏れてしまうと後片付けが大変!外出時にバッグに入れて漏れた…という体験はどのママでも一度は経験しているかもしれません。ジップロックに入れて持ち歩いている方も多いですね。
どのマグでも、冷たいままや熱いままで容器に入れると圧力の差で漏れやすくなってしまいます。漏れにくいタイプを選ぶと、ママにもストレスがかかりませんよ。

・容量
家で使用する場合や、短時間のお出かけに持っていく場合は、容量が150~200ml程度のマグで十分です。長時間のお出かけや、暑くて喉が渇きやすい天候の場合、また年齢が上がっていくにつれ、大容量のマグがあると便利です。

・素材
多くのストローマグは、赤ちゃんが自分で持ちやすく割れにくい素材でできています。
家庭で使用する場合は、軽くて持ちやすく割れる心配がないプラスチック製がオススメ。長時間持ち歩く場合や夏の暑い時期などはステンレスのマグも衛生的で重宝します。

・ストローの太さ・形状
弁がついていて噛んで吸うタイプのストローや、細くて流量が少ないストローなど、太さや形状も様々です。赤ちゃんによって好みが異なるので「このストローでは飲んでくれなかった!」ということもあります。これは実際飲ませてみないとわからないので試してみてくださいね。

・ハンドルの形状・持ちやすさ
月齢が低いうちは、両手用のハンドルがついているものがおすすめです。月齢が進むと、ハンドルのないマグでも、手のひらでしっかりと支えて持つことができるようになりますよ。
ハンドルを折り畳んで収納できるものや、ハンドルが外せるマグもあるので、赤ちゃんの好みや使い勝手の良さにあわせて選んでくださいね。

・洗いやすさ
マグはパーツの接続部分に汚れがたまりやすく、そのままにしておくとカビが生えてしまうこともあります!お茶の茶渋など気になります。
分解して洗えるか、パーツを別売りしているか、消毒できるかなどを事前に確認しておきましょう。

まぐまぐはこれ‼おススメ5選


1.ピジョン マグマグシリーズ


まずは王道なピジョンのマグマグシリーズのご紹介。
ベビーマグ、スパウトマグ、ストローマグと段階に沿ってすべてシリーズ化されています。
・漏れにくいこと
・ドラッグストアでもストローなどの替えが売っていること
でとっても便利。

スライドオープンタイプ式で、マグマグシリーズは持ち手部分がななめになっていて赤ちゃんが持ちやすいデザインになっています。
底部はやわらかい材質でコーティングされているので、すべりにくく倒してしまう心配もありません。本体部品は全て取り外しができ、煮沸・レンジ・薬液消毒が可能。いつでも清潔に保つことができるのはとっても安心です。
リニューアルしてより漏れにくくなったので、お出かけ時にも大活躍してくれそう。子供っぽすぎない動物のイラストがおしゃれなオレンジと、王道のミッキーマウスのイラストが入ったレッドから選べますよ。


2.コンビ テテオ マグストロー バルーン Neo



テテオは最近とても人気があるようですが、その中でも特に今人気があるのがバルーンタイプのマグ。見た目がひょうたんのようで丸く可愛らしいデザインです。
「カチッとキチッとモレにくい」をコンセプトに、漏れにくい設計になっています。
ハンドルが斜めについているのが特徴で、マグを傾けたり、顔を上に向けたりしなくても飲むことができますよ。300ml入るというのはマグの中でも容量が多く、おでかけの際には途中でなくなることがなく安心です。
ストローのリーチが短く、細く作られているなど、飲みやすさへの配慮もたくさん詰まっています。洗うときはフタとハンドル部分を分解することが可能で、煮沸・電子レンジ・薬液による消毒や除菌ができるのも衛生的で安心ですね。
こちらもベビー、スパウト、ストロー、コップの4セットがあり、赤ちゃんの時期によって付け変えられるのはとても便利。
我が子はこちらのストローマグを7か月ごろから使い始めました。母乳育児で哺乳瓶の飲み口を嫌がっていましたので、スパウトは好かんだろうな~と思ったためいきなりストローで開始。
三日もしたら上手に飲んでいましたよ~!

3.ラバーメイド アニマルストローマグ フタ付


アメリカ発の家庭用品ブランド「ラバーメイド」から発売された、とっても愛らしいストローマグ。
ライオンやゾウ、クマといった6種類の動物から形が選べます。ボトル自体が動物の形になっているのは珍しいですね。子どもが好きな動物を選んであげると、喜んでゴクゴク飲んでくれそう♪
フタには特許を取得した「ガスケットパッキン」が使用されており、漏れにくさも抜群。ママのバッグのなかにいつもいれておきたくなりそうですね。

4. サーモス 真空断熱ベビーストローマグ FFH-290ST



魔法びん構造で、保冷しながら持ち歩くことができるストローマグです。暑い日のお出かけでも冷たいままの飲み物が飲めるので、赤ちゃんにも嬉しいですし暑さによる中身の劣化を防ぐことができるのも安心ですね。
シリコン製のボディクリップがついていて、滑りにくいのも赤ちゃんにぴったりです。
別売りの「トレーニングマグ飲み口」に付け替えれば、コップ飲みの練習もできます。
我が子の第二のマグはこちらにしようかな~と検討中。飲む量も増えてきましたし、夏の暑い時期は中身の劣化が気になりますもんね~。

5.サーモマグ アニマルボトル


サーモマグのアニマルボトルはユニークなデザインで一目惚れ必至!何種類も集めたくなっちゃいます!お洒落な雑貨屋さんにも売っているのをよく見かけます。
愛くるしい動物たちの表情を、赤ちゃんも気に入って大切に使ってくれるかもしれませんね。
口を開けるとシリコンストローが出てサッと飲むことができるデザインです。飲み物のにおいが移りにくいステンレス製で、衛生面でも安心です。
長時間逆さまの状態にすると漏れる心配があるようなので、持ち歩きの際は注意してくださいね。

まとめ

私自身、我が子の初の水分補給のとき、「早く飲ませる練習しないと~!」と少し焦っていた部分がありましたが、始めてみるとあっさりできてビックリしました。普段からミルクを与えていて哺乳瓶に慣れている赤ちゃんは、哺乳瓶の口からスパウトへ…で進めていくとスムーズかもしれません。

私は何個もパーツを購入するのが面倒だった(笑)ので「ストローで飲んでみるのだ!」と強制的にトライ。赤ちゃんの適応能力ってすごくて、ストローで飲ませると最初はむせたりお口から出たりが続くのですが、すぐ慣れます。
結局、一番使い勝手が良く長く使えるのはストローマグのようです。

現在コップのみができるようになったものの、お出かけの際はストローマグが重宝します。夏は特にです!赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合った飲み口を探すもいいですし、最初からストローでチャレンジするもいいと思いますよ。周りに先輩ママがいるかたは口コミを参考にするのもおススメです。お気に入りのマグを見つけて、長く使えるといいですね♪