最初はおかゆやうらごしした野菜などしか食べれない赤ちゃんですが、離乳食を進めていくとタンパク質をあげられるようになります。乳製品であるヨーグルトはなめらかな食感のため、うらごしやすりつぶしたりする必要がなく赤ちゃんにも食べやすい食材なのでおすすめです。ここではヨーグルトをいつから赤ちゃんにあげられるのか、また加熱は必要なのかを解説していきます。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

ヨーグルトをあげられるのはいつから?

無糖のプレーンヨーグルトであれば、生後5~6ヵ月頃の離乳食初期から赤ちゃんにあげることができます。加糖のものやフルーツ入りのヨーグルトにはアレルギーのリスクもあるゼラチンが入っていたり、糖分も多く入っています。フルーツも果肉が入っていると赤ちゃんには消化できないので離乳食期にはあげないようにしましょう。乳製品のヨーグルトですが、タンパク質の分子量が牛乳よりも小さいのでアレルギーが起こる確率も低いとされています。
ヨーグルトには乳酸菌による栄養が入っているので便秘予防や免疫力強化、腸内環境の改善などの効果がありますので積極的に離乳食にとり入れましょう。

初めてあげるときにはほかの食品と同じようにベビースプーンひとさじを、アレルギー症状が見られた時にはすぐに病院にかかれるように平日の午前中にあげましょう。アレルギー症状が出ずに体調の変化も無いようならば翌日から少しずつ量を増やしていきます。一度にたくさんあげすぎると一時的ではありますが下痢を起こすこともあるので注意して下さいね。
家族に牛乳アレルギーを持っている人がいる場合は赤ちゃんにもその可能性がありますので1歳をすぎてからあげた方が安心です。

ヨーグルトのあげ方 加熱は必要?

ヨーグルトに加熱の必要はありません!プレーンヨーグルトであればそのまま赤ちゃんにあげることが可能です。また、赤ちゃん用のヨーグルトというものも市販でありますので大人も食べるような普通のヨーグルトを食べきれない場合には赤ちゃんには赤ちゃん用のヨーグルトをあげて新鮮なものを与えましょう。
プレーンヨーグルトは少し酸味が強いので赤ちゃんによっては嫌がるかもしれません。そんな時はすりおろしたバナナやリンゴ、イチゴなどの果物と合わせて自然の甘味を利用してあげてみましょう。
冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトは冷たいので赤ちゃんの未発達な胃腸には刺激が強すぎます。あらかじめ冷蔵庫から赤ちゃんにあげる分だけ出しておき、少し常温に戻してからあげるようにしましょう。
また、冷凍すると分離してしまうので冷凍はせずに赤ちゃんには冷蔵庫にある開封したてのものを与えましょう。

与えられる量

離乳食は、糖質食材+ビタミン類食材(野菜・果物)+タンパク質食材を組み合わせます。たんぱく質食材はその食品によって目安の量が変わります。
【中期開始~1ヵ月間】
魚:10g 肉:10g 豆腐:30g 卵:卵黄1個 ヨーグルト:50g
【中期開始2ヵ月目~】
魚:15g 肉:15g 豆腐:40g 卵:全卵1/3個 ヨーグルト:70g
を目安に、バランスよく与えましょう。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

ヨーグルトを使ったレシピ

そのままでもあげられて手間なしのヨーグルトですが、手間をかけなくてあげられる分、別の食材とマッチングするにも最適な食材です。そのままのヨーグルトに食べ飽きた頃に挟んでみてはいかがでしょうか?少しレシピをご紹介します。

初期
【ヨーグルトポテトサラダ】
プレーンヨーグルト(15g)とじゃがいもペースト(20g)を混ぜ合わせ、その上にほうれん草ペースト(小さじ1)とトマトペースト(小さじ1)を乗せるだけ!
普通はマヨネーズを使うポテトサラダですが、赤ちゃん用にヨーグルトで代用。初期だけでなく、離乳食の進み具合や月齢に合わせて食材の大きさや滑らかさを調整すればいつまでもあげられる赤ちゃんのお気に入りメニューにもなりますよ。

中期
【ヨーグルトと角切りリンゴのあえもの】
りんご(30g)は皮を剥き、5mm程度に角切りし電子レンジで30秒ほど加熱して柔らかくし、プレーンヨーグルト(50g)と混ぜ合わせます。
りんごだけでなくいろいろなフルーツと合わせると飽きも来なくておすすめです。

後期
【ヨーグルト蒸しケーキ】
ボウルにプレーンヨーグルト(30g)、ホットケーキミックス(50g)、牛乳を入れてよく混ぜ合わせ、レーズン(適量)、とうもろこし(適量)、湯剥きして種を抜いたトマト(適量)を加えてさらに混ぜます。
この生地を型に流しスチーマーに入れ、電子レンジで2~3分加熱、または蒸し器で10分程度蒸します。

まとめ

離乳食を進めていくと量や品数が増えて、離乳食を作るのが本当に大変になりますよね。そんな中ヨーグルトは加工の手間がなくそのまま出せるのでお役立ち食材です。栄養面でも、体のエネルギーになる糖質、タンパク質、脂質、骨や歯を強くするカルシウム、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が含まれており、ビタミン類では肌の健康を保つビタミンA・B2、疲労回復効果のあるビタミンB1・E、カルシウムの吸収を促すDも含まれており至れり尽くせり食品ですね。
ヨーグルトの酸味が苦手な赤ちゃんにはフルーツを合わせて、と上記で紹介しましたが、逆に苦手な野菜やフルーツがある場合にはヨーグルトと合わせることでマイルドな味に変わることもありますので必見です。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">