radiobj5 / Pixabay


今回は赤ちゃんとの海外旅行をテーマとして書いていた総まとめとして、「子連れ韓国旅行体験記」と題し、旅行を振り返ってみました!家族事情もちょっと盛り込みつつ日記のようになっています。(笑)
初めての子連れ海外旅行、この記事を読んでいただいている方たちと同じように、私も旅行前は「旅行体験記」を目当てにネットサーフィンしまくり。

これから旅行に行く!という方たちの、少しでも参考になれば嬉しいです♪
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


初めての海外旅行

韓国に行こう!と私から提案し、バタバタと準備が進んでいった今回の韓国旅行。
主人の育ったまちでもあり、すでに他界した主人の両親のお墓もある釜山には
「行かなければならない」と私自身すいぶん前から思っていました。
昨年子どもが生まれてからは、ご挨拶に行かないとね~と何度も口にしては全く行動しようとしない主人に「行く気があるのか」とイライラしていた私。
2歳までは飛行機タダだし~!ということもあり何故が焦っていた部分もありました。料金については行き先でも異なるので事前に調べてくださいね。

子どものパスポートも取らなければ!ということでまずぶち当たったのが顔写真撮影。
パスポート申請だけでも何万もかかるので、出来るだけ経費を抑えようとスマホのアプリでトライしました。
が、案の定うまくいきません。子どもは真っすぐカメラなんてみません。そしてフラッシュをたくと、珍しいやら眩しいやらで何とも言えない(親にとっては爆笑ものでした)表情になってしまいます。
しょうがないですが、プロのカメラマンにお願いしたらすっごく綺麗に仕上げてくれました。さすがプロ!
パスポートの写真は審査も厳しいので、あれ程度意思疎通ができるまでの年齢まではプロに頼んで方が良いかと思います。

いかにしてぐずるのを食い止めるか

aditomo68 / Pixabay

子ども(赤ちゃん)を連れての海外旅行!まず一番に出てくる心配は飛行機ですよね!
私自身なんかは飛行機に乗るのは非日常のことで大好きなのですが、主人はあまり好かないようでフライト中はいつもの覇気がありません。(笑)ましてや子どもの立場になったら…と考えると、「初フライトなんてどんな気持ちだったっけ~?」と思い出してみるも、私の初フライトは既に12歳で恐怖感はなかったと思います。
子どもにとったら、じっとするということが一番の恐怖(?)なのかと思い、とりあえず退屈しないように、何度もシュミレーションをして準備を進めました。
家から空港への道のり、搭乗手続きからフライトまでの時間、飛行機に乗り込んでから離陸するまでの短いけれど退屈な時間、フライト中などいつ何が必要かを考えます。
基本的に必要なもの(オムツなど)を除き、持って行って重宝したのは、おもちゃとお菓子やジュースですね!おもちゃは普段からのお気に入り(我が子はミニカー)と目当たらしいもの。お菓子はポロポロこぼれない、手でつかめるサイズのものがおすすめ。ジュースは紙パックの子供用のものが飲み切りやすくて耳抜き対処にもなります。
気合を入れて購入した、手のひらサイズのパペット絵本や100均のシールブックは飛行機では興味をしめしませんでしたが、旅行中の空いた時間には遊んでいたのでこちらもおススメ。
あまりお金をかけずに、どうやったら機嫌がよくなり夢中になってくれるか、普段からの観察が大切ですね!

食事は五日間ほぼ海苔巻き

旅行 赤ちゃん 私が子ども連れで海外旅行に行ったとき、一番後悔したのが子どものご飯問題でした。
おやつはたくさん持っていっていたのです!
しかし、もう一歳も過ぎていたしほとんど大人と変わらない食事をしていたので、日本と同じように取り分ければいいかな~なんて軽く考えていました。
でも行き先は韓国。
私自身も旅行の2日前あたりから謎に口の中が大荒れ、口内炎が大量にできるという事態に。辛い物はおろか塩っ辛いものも沁みるという悲惨な目にあいました。
離乳食を終えていても、あれ程度レトルトを持っていったほうがいい!と強く思いました~。日本のご飯はやはり美味しいですね。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

悪化してしまった肌荒れ

我が息子は肌が弱いようで、生後三か月ごろからの乳児湿疹もひどく結構長引いていました。
一番ピークの時は、顔全体が腫れあがり夜も自分で引っ搔いて血が出る始末。もちろん機嫌もわるく何度も起きてしまうので、私も眠れずお互い滅入っていました。
一歳をすぎてだいぶ強くなりましたが、お風呂上りは軟膏を必ず塗っております。

韓国に行き、食生活が変わったせいか、到着して二日目あたりからお肌が荒れているご様子。
子どもって限界なく掻くから見ていて苦しいですよね…。
旅行中雨は降らなかったものの、ずっと曇っていて湿度が高かったのでムシムシしてジワっと汗をかいたからかもしれません。
もちろん普段から使っている薬も持っていきましたが日本に戻るまでは改善しませんでした~!

子どもなりにストレスに感じていたのでしょうね。
日中ももっと着替えさせれば良かったな~と後悔しました。

韓国旅行振り返り&まとめ


今回の旅行は4泊5日と初めての海外にしては長かったかなと思いますが、現地に知り合いもいたため個人で全て調べて行くよりは行動しやすかったな~と感じました。
子どもが増えることで準備物や行き先も変わりますが、普段からよくお出かけしたり日本でも旅行したりするご家族であればそんなに大げさなことでもありません。
今は昔より海外旅行も一般的になりましたし、不安なことはすぐネットで調べられますしね。
持ち物も色々書きましたが、アジア圏であれば現地調達しやすいものもあるのでやはり事前調査が一番です!

今回は韓国で距離が近かったこともあるので、航空会社もLCCにして旅費を抑えましたが、ヨーロッパなどの長距離の場合はゆったりできる環境でストレスのない移動をオススメします。これは次回の教訓ですね。
帰りのフライトでぐずった息子を機内でお散歩させていたとき、CAさんが話しかけてくれたりシールをくれたりしたの助かったな~。挙句、調子に乗った息子がCAさんの胸ポケットのボールペンを振り回して一時紛失しておりましたが…。(CAさんごめんなさい)

韓国旅行体験記はいかがでしたでしょうか。
国によって雰囲気も訪れる場所も食事も違いますし、下調べを十分して、家族みんなで異国の文化を楽しんでくださいね~♪
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">