妊娠中に引き続き、授乳中も薬は控えた方がいいと言われています。とはいうものの、赤ちゃんを育てていると、睡眠不足や慣れない子育ての疲労で頭痛を感じやすくなります。私も、授乳中はできるだけ薬に頼らないようにがんばってましたが、偏頭痛だと3日くらい痛みが続くんですよね。そんなときは、我慢しないで薬を飲んでもいいんですよ。今回は、授乳中の市販でも飲める頭痛薬について、赤ちゃんへの影響についてご紹介します。

授乳中に頭痛薬は飲んでもいいの?

「授乳中に、頭痛薬は飲んでもいいの?」

この質問の答えは、YESです。
病院で処方された薬ならまず問題ありません。「内科」や「産婦人科」で「授乳中です」と相談すれば、授乳中でも飲める薬を出してくれます。私も、一度内科で授乳中でも飲める薬を出してもらいましたが、1回の効果が薄いため、数回飲んでやっと効果が出た感じでしたね。

授乳中に飲める市販薬は?

先ほどは、病院で処方された薬をご紹介しましたが、赤ちゃんの面倒を見ながら、自分の頭痛薬をもらいに病院に行くのは本当に大変ですよね。とくに、月齢の低い赤ちゃんがいる場合、他の病気をもらってこないか心配になりますよね。
そんなときは、市販薬を飲んでも大丈夫ですよ。

ここでは、授乳中に飲める市販薬についてご紹介します。
授乳中に飲める市販薬は、「カロナール」です。カロナールに含まれる「アセトアミノフェン」は妊娠中や授乳中でも服用できるようになっています。しかし、他の市販薬と違って効果が薄いです。有名な「バファリン」と違い即効性はありませんので、安静にして過ごしましょう。

頭痛薬を飲むことで赤ちゃんに影響はないの?

頭痛薬を飲むことで赤ちゃんに影響はないのでしょうか?母乳に薬の成分が出ないか心配になりますよね。なかには薬を飲んでしまって、やむなく授乳を中止された方もいることでしょう。薬の成分は、母乳に出てしまいますが、ほんの少しです。ほんの少しの量で、赤ちゃんの成長などに影響があるのかというと、ほとんどないようです。そのため、無理に授乳をやめ、粉ミルクにする必要もありませんよ。

しかし、効果の強い「バファリン」などの頭痛薬は避けた方がいいですね。

授乳中、頭痛薬を飲まずに済む方法はある?

市販薬でも大丈夫とはいえ、できれば薬は飲まないに越した方がいいですよね。そのためには、頭痛にならないように気を付けましょう。

頭痛にならないためには、日頃からあまり無理をせず、赤ちゃんのお世話に疲れたら、赤ちゃんと一緒に寝てください。
また、体を動かすことも大事です。運動不足が原因で、頭痛になることもありますよ。血管が収縮することが頭痛の原因になります。他には、しっかりと栄養バランスの整った食事をしましょう。

チョコレートやチーズなどは頭痛を起こしやすくなるため、食べ過ぎにご注意くださいね。私は、授乳中は大豆や野菜をたくさん摂ってました。そのおかげか、授乳中の頭痛は数えるくらいしか経験しませんでした。

授乳中の頭痛薬は大丈夫?市販で飲めるものは?まとめ

いかがでしたでしょうか。授乳中、赤ちゃんのお世話だけでも忙しいのに、頭痛に悩まされるのは、本当に大変ですよね。でも、安心してくださいね。授乳中でも、飲める頭痛薬はあります。

一番良いのは、病院で処方してもらうことですが、行けないときは、「カロナール」という市販薬でも大丈夫ですよ。
しかし、薬には頼りたくない方は、とにかく安静に過ごすことです。一晩休めば、大分よくなると思いますよ。
どちらにしても、我慢は禁物です。無理だと思ったときは、思い切って薬に頼ってくださいね。