OpenClipart-Vectors / Pixabay


トイレトレーニング中、おしっこができてもうんちが出来ない子は多いものです。
なかなか進まないトイレトレーニングに、やきもきしていませんか?
焦りは禁物ですが、うんちもトイレでできるようになってほしいですよね。私の経験談も含めて、いくつかの方法をご紹介します。
お子さんに合ったトイレトレーニングの方法を探してみてくださいね。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

どうしてうんちはトイレでしてくれないの?

Alexas_Fotos / Pixabay


トイレでおしっこできるようになっていても、うんちだけはおむつの中でしたがる子がいます。おしっこはたまれば自然に出てしまいますが、うんちはいきまないと出せません。トイレの慣れない雰囲気や、今までおしりを覆っていたおむつがないことに不安になり、自分が落ち着ける状態でないとうまく出せない子は多いのです。

うちの場合は、子供がうんちを隠れてするようになって、“うんちをする”ことを認識できるようになったということは、トイレでもすぐ成功するのでは?と思っていたのですが、なかなか理想通りにはいきませんでした。
うんちをしようといきんでる時に、「今だ!」とおむつを脱がしてみたはいいものの、おむつを脱ぐとでない・・・おむつを再度はかすと出る・・・ということを繰り返していました。
時間があるときは、脱ぎっぱなしにさせていたりしましたが、出したいのに出せない状態が続いて可哀想だったのと、おなかの調子も悪くなるのではないかと心配になり、一度中断したりもしました。

いつまでにうんちができるようになればいいの?

andrs-off / Pixabay


個人差はありますが、4~5歳までにできるようにしたいものです。
トイレトレーニングを始めて、おしっこのおむつはずれが完了してからでも大丈夫です。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

トイレトレーニングをするときの親の心得3つ

Anemone123 / Pixabay


まず、トイレトレーニングをする上で3つの親の心得を知っておいてください。
親も子もトイレトレーニングが嫌にならないことを大前提として進めていきましょう。
  1. 失敗してもしからない
    なかなか進まず、イライラすることもあると思いますが、怒ると子供がトイレ嫌いになってしまったりします。出てしまっても「今度は教えてね」とやさしく声をかけてあげてください。
  2.  成功率50%をめざす
    成功体験を増やすことで子供のやる気は成長していきますから、失敗の内容を見て少し早めにトイレに誘ったりしてみるなどしましょう。失敗は必ず通る道です。
  3.  後戻り・中断してもおおらかに見守って
    おむつはずれでの後戻り・中断などは誰にでもあることです。焦りすぎず、時期を改めることも成功へつながる一歩です。中断していても絵本を読むなどのイメージづくりは続けていきましょう。親子ともに「もう一度やるぞ!」という気分になったところで再開すればいいのです。

うんちが出来ない!を克服する方法

うんちがトイレで出来ないとき、試したい5つの方法をご紹介します。
  1. トイレを子供にとって快適な空間にする
    おしっことは違い、うんちが出るまでには時間がかかります。トイレに長い間いても快適でいられるように、子供が好きなキャラクターや色などを使って子供にとって快適な空間にしてみましょう。
  2. 絵本やDVDを活用する
    トイレやうんちにまつわる絵本やDVDを活用してみましょう。
    「うさちゃん、元気なうんちだね!」「みんな、うんち頑張ってるね!」などとイメージづくりをしていきましょう。
  3. トレーニングパンツにしてみる
    おむつを取ってパンツをはかせてみるのもいいでしょう。お兄ちゃんやお姉ちゃんになったような気分でやる気になる子もいます。
    お気に入りのパンツを大切にし、うんちを教えてくれるようになることもあります。
  4.  親も一緒にふんばってあげる
    子供がうんちが出そうだけど、出せないときにお母さんも一緒にふんばってあげます。
    子供もお母さんのまねっこをして、楽しみながら頑張ることができます。
  5.  トイレのタイプを見直す
    踏ん張りやすいタイプのトイレにしましょう。補助便座やおまるは取っ手がついているものの方が、うんちをする際に力が入れやすくなります。
私の経験ですが、我が子は補助便座をつけてトイレに座らせると、途中で「おしりが痛い・・・」と言って降りることもありました。足がついていないので、踏ん張るのも難しそうでした。
更に、うんちに時間がけっこうかかるタイプだったので、トイレにずーっと二人でいるのはなかなか辛かったです。空調もきかない空間ですし、夏場は汗だくになりながら、トイレに居座っていました。
おまるを部屋に置いてのトイレトレーニング方法に変えたところ、成功することが増えましたよ。

まとめ

失敗はつきものですが、なかなか進まないとイライラしたりしてしまいますよね。
思い切って中断してもいいんです。いつかは必ずはずれるものですから、焦らず進めていきましょう。
うちの子は、うんちの時に一緒に踏ん張ることで、少しずつできるようになりました。何回かできるようになると、逆におむつの中ですることが気持ち悪くなったようで、おしっこの失敗はあってもうんちはトイレでするという、うんちのおむつはずれが先に完了するといったパターンに・・・。
これが正解!というものはありませんから、いろいろ試してみて、お子さんに合った方法を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">