Alexas_Fotos / Pixabay

トイレトレーニングは親子一緒になって頑張るものです。失敗は必ずあることですが、イライラしたり嫌になったりしないように、少しでも負担を軽くしたいものですよね。
昔ながらのおまるや、今は定番になっている補助便座、どっちを使ってトイレトレーニングをした方がいいのか迷っている方も多いと思います。
今回は私の経験談を踏まえて、どっちがオススメかお話していこうと思います。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

おまるのいいところ

おまるは、赤ちゃんをだっこして乗せなくても、自分でまたいで座ることができます。一日に何度もすることなので、座らせる行為をしなくていいのは体の負担軽減にもなり、おっくうになりません。また、赤ちゃんがおしっこをしたかどうかの判断が容易で、うんちの際にはうんちの状態もチェックしやすくなります。新生児の頃から、うんちは健康のバロメーターとしてチェックしていたお母さんも多いと思います。量やかたさや色などをチェックできるので安心です。

おまるの問題点

PublicDomainPictures / Pixabay

置くスペースを考えなければなりません。一般的な家庭のトイレ内には、おまるをおいて座らせるスペースがない事がほとんどだと思います。ですので、部屋の室内におまるを置くところを作る必要があります。また、うんちの時は特ににおいが出るので、部屋ににおいがこもることもあります。窓のない部屋には換気ができないので、置かないようにしましょう。

補助便座のいいところ

rizzidesigns / Pixabay

大人のトイレに取り付けられるため、新たスペースを取らずにトイレトレーニングができます。通常のトイレに慣れることで、外出先でも怖がらずスムーズにトイレができるようになりやすいです。
ジャーっと流すことが楽しみになったり、お父さんお母さんと一緒のことができることが嬉しく感じ、やる気がでる子もいます。

補助便座の問題点

赤ちゃん一人では座れないため、毎回またがせてあげる必要があります。また、トイレ内の狭いスペースは動きが取りづらいです。通常のトイレには封水という水がはられているので、おしっこがでたのか赤ちゃんのことをじっくり観察しておく必要があります。うんちも同様で、トイレの奥に入っていってしまうと、どれくらいどんなうんちが出たのか分からなくなる可能性も高いです。便秘やおなかの調子などを見逃してしまう可能性があります。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

おまると補助便座、どっちがオススメ?

個人的には、おまるです。
最初は、おまるをおくスペースがないし、大人のトイレに慣れてくれた方が楽だと思ったので補助便座で始めました。ですが、「トイレ!」というたびに連れて行って、かかげて座らせる・・・でも出ない、ということが繰り返され、面倒くさくなってしまいました。トレーニングパンツをはかせていたのですが、何度も失敗し、私も子供もトイレトレーニングが嫌になっていました。
しかし、おまるを購入してから、心身の負担が減りました。子供が遊ぶスペースのところに置いておき、トイレに行きたそうだな?と思ったら声かけして座ってもらいました。しかも、自分で「トイレ!」と言って座りに行くようになりました。
最初の失敗した時期が嫌だったのか、かなりひんぱんに自ら座っていましたね。夏の暑い時期だったこともあり、パンツを脱がせたままにしたこともありましたが、しばらくすると、トレーニングパンツを自分で脱いで、おまるに座り、用を足せるようになりました。
もちろん失敗もたくさんしましたが、おまるが近くにあるという安心感が子供にも私にも合っていたようです。

あると便利な+αの商品


おまるだと、床の上に直に置くのは抵抗がありますよね。私は、赤ちゃん用のプレイマットの大きいものの上に置いていました。
そして便利なのが、ペット用のトイレシートです。犬や猫のおしっこ用なのですが、このシートをおまるの下に置くことで、飛び散ったおしっこや、隙間から漏れたおしっこを吸収してくれるので、掃除が簡単になりました。汚れたらゴミ箱にポイして、新しいものを敷くだけです。
おまるのタイプによって違いはあると思うのですが、座る部分と受け取り部分が分かれるものだと、勢いよくおしっこが出たときに、隙間から出てくることがたびたびありました。

ssalae / Pixabay

男の子のトイレトレーニングしか経験がないので、もしかしたら女の子だと大丈夫なのかもしれません。
赤ちゃん用のトイレシート(便器の中に敷くタイプ)も売っていると思うのですが、赤ちゃん用品の専門店に行かなければならなかったり、値段が高めだったりします。その点、ペット用シートは、スーパーやドラッグストアにもありますし、断然安いです!消耗品なので、気兼ねなく使えるのでオススメです。
そのシートは、外出中のトイレ時にも活躍しました。

子供を連れてトイレにいって、トイレ内でズボンを脱がせて座らせるのは、結構大変なんですよね。外出先のトイレではドアを開けっ放しにするわけにもいかず、広いトイレがあるとも限りません。下半身全部を脱がせるとなると、靴も片方脱がして・・・と狭いスペースではなかなか難しい作業です。靴を脱がせた子供の足が、床についちゃったりすることも多々あります。

衛生的に好ましくなかったので、このシートをおむつバッグに1枚入れておくと、子供の足をシートにのせてあげたり、お母さん自身もひざをついて作業ができるので、とても楽にできます。ひざをつけるのとつけないとでは体への負荷が違いました。
せっかくトイレトレーニングが進んでも、外出中におっくうになってしまうともったいないので、荷物は多いでしょうが、1~2枚かばんに追加してみてはどうでしょうか。
私はペットを飼っていないので詳しくはないのですが、ワイドサイズやレギュラーサイズがありました。私はレギュラーサイズで十分でしたよ。

まとめ

andrs-off / Pixabay


私は、おまるをオススメしましたが、トイレ内を好きなキャラクターで飾り子供が気に入る空間にして、補助便座で楽しくトレーニングすることも素敵だと思います。
私は出たものをチェックしたいタイプだったのもあり、おまるが合っていたんでと思います。
おまるでできるようになった後は、補助便座も併用しながら、「今日は大人のトイレに行く~!」と子供に好きに選ばせて両方使っています。
失敗したときに絶対怒ってはいけないと言われているので、始める前はそうしようと思っていたのに、いざ始めてみると・・・そんなに理想通りにいきませんでした。
子供と試行錯誤しながら、頑張ったなぁと思います。
これからトイレトレーニングを考えている方は、子供と親がプレッシャーを感じないですむ方法を考えてみ

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">