PublicDomainPictures / Pixabay

トイレトレーニングはどうやって始めればいいのか、初めてのことだと分からないことがたくさん。お母さんとお子さんの気持ちを考えて、ゆったりとした気持ちで取り組みたいものですが、失敗は必ずついてまわります。焦ったりイライラすると、子供もトイレが嫌いになり悪循環に陥ってしまうことに・・・。
今回はトイレトレーニングのやり方や、始める時期は2歳、3歳、いつからがいいのか目安をまとめていきます。トイレトレーニングのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


始める時期はいつから?

おむつ外れをスタートする時期は、子供の体と心の発達と関係しています。その目安となるのが、下記の3つの条件です。

①一人で歩ける
 一人でトイレに行くための条件です。また、一人歩きができると自分の手足のコントロールがある程度できるようになります。
②おしっこの感覚があく
 膀胱が発達し、おしっこがたまると尿意をはっきり感じます。おしっこの感覚が2時間くらいあけば始められます。
③言葉を理解する
 自分から「おしっこ」と言えるようになるためにも、「おしっこ」の言葉の意味を理解していることが大切です。

2歳代になるとこれらの条件をクリアする子が増えてきます。それ以前は、「おしっこ」や「トイレ」のイメージづくりをしてみてください。3つの条件がそろったら、トイレに誘い始めましょう。嫌がっているのに無理矢理させるのは逆効果ですから、3歳になってからでも遅くはありません。

トイレトレーニングのやり方

ssalae / Pixabay

【1歳ぐらいのとき】
① イメージ作りを始めましょう
「おしりがぬれていると気持ち悪い」「新しいおむつは気持ちいい」といった快・不快の感覚は、大人が繰り返し言葉にして伝えることで育ちやすくなります。おむつ替えの時、「気持ちいいね」と声かけをしてあげてください。
おしりをぬれたままにしないよう、おむつをこまめに替え、気持ちいい感覚を実感させてあげてください。

② 絵本やDVDを活用しよう
子供は、絵本などの中に自分の知っているものを見つけたり、同じことを認識して楽しむことが大好きです。ですので、トイレに関する絵本やDVDはとても役立つアイテムです。ただし、教科書のように使って強制したり、教え込んだりするのはNGです。遊びの中にトイレを取り入れてあげましょう。

③ ママがトイレに行くときに、一緒に連れて行きましょう
子供は大人の真似をしていろいろなことを覚えていきます。「トイレでおしっこ」もママの姿を見て理解していくので、子供がトイレについてきたら「ここでおしっこをするんだよ」と見せてあげてください。また、手洗いまでの一連の動作も見せましょう。

【2~3歳ぐらいのとき】
① おしっこの間隔の計ってみましょう
おむつのぬれ具合を見て、おしっこの間隔をはかってみましょう。最初は1時間おきにおむつをチェック。毎回ぬれていれば間隔は1時間弱。ぬれていなければ、1時間後に再チェック。それでぬれていたら次は2時間後にもう一度チェックしてみましょう。間隔は一定ではないので、数日間続けてみましょう。
子供のおしっこの間隔を大まかにつかんでいると、次はいつ頃出るか予測してトイレに誘えます。でも、その日の天気や飲み物の量、汗をたくさんかいたかどうかなどでおしっこの量や間隔も変化しますから、様子を見ながら調節してください。時計とにらめっこで、きっちり何時間おきかに誘う必要はありません。生活がおむつはずれに振り回されないように、おしっこの間隔はあくまで目安にしましょう。

② トイレに誘いましょう
トイレで「おしっこしよう」と誘い始めましょう。おしっこの間隔に合わせたり、朝起きたときや食事前など生活の節目を目安に、ママが毎日続けられる方法で誘いましょう。おしっこが出る、出ないよりも、ママが誘って1日に何回かトイレに行って座ることから習慣にしていくといいでしょう。

③おしっこのサインを観察
日中、比較的ママに時間があるときは、子供の様子を観察して、おしっこのサインで誘うのも効果的です。出た後のサインでも、おしっこが出たことを意識させるきっかけになります。「おしっこでたね」と声をかけてトイレやおまるに座らせてみましょう。
おしっこサインとは、おしっこする前後に、おむつを見たり、触ったり、動きが止まる、などです。サインのない子もいるので、ない子はママのリードで誘うようにしましょう。

③ 誘い言葉は「行く?」ではなく「行こう!」
誘いはじめの頃は、子供はまだおしっこが出そうな感覚はわかりません。「出る?」とか「トイレに行く?」と聞いて、返事を求めるのはやめましょう。ママがタイミングを見極め、「行こう!」とリードしましょう。

⑤成功が増えてきたら、パンツに替えてみましょう
トイレでおしっこができた!という成功体験が増えてきたら、おむつを取ってパンツをはかせてみるのもいいでしょう。お兄ちゃんやお姉ちゃんになったような気分でやる気になる子もいます。一方、肌に触る感覚の違いや、おむつに比べてスカスカした感じを不安に感じる子もいるので、無理させる必要はありません。子供が「おしっこ」と教えてくれなくても、誘い続けることは大切ですが、ついつい誘いすぎると、逆に子供が反抗的になったり、トイレ嫌いになったりすることもあります。子供のペースを尊重しましょう。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">


おむつはずれ完了までの親の心得

①失敗してもしからない
トイレに行く前におしっこが出てしまっても、「おしっこが出て気持ちよかったね」と優しく声をかけてあげましょう。自分で教えるけれど間に合わない場合は、「教えられるなんて、すごい!」とたくさんほめてあげましょう。

②成功率50%をめざす
成功体験を増やすことで子供のやる気は成長していきますから、失敗の内容を見て少し早めにトイレに誘ったり、おしっこの間隔を再度チェックしても。また、おもらししてもしからず、「今度は教えてね」と声をかけましょう。

③後戻り・中断してもおおらかに見守って
おむつはずれでの後戻り・中断などは誰にでもあることです。焦るのは禁物。中断していても絵本を読むなどのイメージづくりは続けていきましょう。親子ともに「もう一度やるぞ!」という気分になったところで再開しましょう。

うんちはどうする?


おしっこはたまれば自然に出てしまいますが、うんちはいきまないと出せません。また、自分が落ち着ける状態ではないと、うまく出せない子も多いのです。トイレでおしっこできるようになっていても、うんちだけはおむつの中でしたがる子もいます。4~5歳までにできるように、おしっこのおむつはずれが完了してからでも大丈夫です。

外出先のおしっこは?

外出先では、慣れないトイレを怖がったり、緊張しておしっこが出ないというのもよくあることです。出かけたときは、ママに余裕があって、誘えるときに誘う程度でOK。子供が嫌がるのに無理にトイレに連れて行く必要はありません。出かける前のトイレを習慣にして、おもらしに備えて、着替えを用意したり、紙おむつやパッドも上手に使いましょう。

おねしょはいつまで?

夜寝ている間のおしっこには、昼間のおしっことは別の体の機能が働いています。夜中におしっこをしなくなるのは、膀胱が発達してたくさんおしっこをためられるようになるのと、尿量を調節する抗利尿ホルモンが盛んに分泌されるようになり、睡眠中のおしっこの量が少なくなってからです。これらの体の機能が整うのは、個人差もありますが、5~6歳頃です。

まとめ

私の子供は3歳の時点で日中のおむつははずれていましたが、早いほうでした。3歳児の集団検診では、パンツよりもおむつの子の方が断然多かったです。
早くはずれた方が楽だと思っていたのですが、早く始めれば始めた分だけ、失敗も多くイライラした時期もありました。一度、中断して夏の気候が暑い時期に再度始めました。脱ぎ着が楽で、洗濯物も乾きやすいので年齢に関わらず始めやすい時期だと思います。
「まだおむつ?」と言われると焦ると思いますが、小学生でおむつをしている子はいないといいます。必ずはずれるものなので、焦りすぎず、中断してもいいという気持ちで取り組んで欲しいと

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">