Alexas_Fotos / Pixabay

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るとき、なにを持っていけばいいの~?と悩むところ。
普段お出かけの時と基本は同じですが、飛行機内は電車や車のように途中で外にでることはできません。手荷物はできるだけ少なくしたいところですが、万が一!のためにあれやこれやと荷物も増えがちです。

今回は赤ちゃんと快適な飛行機の旅ができるように、必要であろう持ち物グッツと心得などをまとめてみました。
筆者が韓国旅行の際に、飛行機に搭乗した時の体験も交えております。必須な持ち物から、あれば便利なものまでご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください~!

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

何を準備していけばいい?機内持ち物リスト

【必須!アイテム】

・オムツ:飛行時間に合わせて枚数を用意+予備があると安心。
・おしりふき
・ビニール袋:使用済みの紙オムツを入れたり、ゴミをまとめたり何かと便利。
・粉ミルク(ミルクで授乳される方):スティックタイプが便利。(お湯の持ち込みはできないので、機内でお湯をもらってください)
・哺乳瓶(ミルクで授乳される方)
・ベビーフード(離乳食やおやつ・飲み物など):
普段食べなれているベビーフードを用意しましょう。液体持ち込み禁止となっている飛行機でも、ベビーフードは対象外なので、飲み物やレトルトなども大丈夫です。
・普段使っているマグ:
水平飛行に入るまでの機内や、LCCの場合は飲み物のサービスがありません。そのため、離陸時に赤ちゃんに飲ませる飲み物は持ち込むことがオススメ。
・使い捨ての容器やスプーン:
機内で食事するフライト時間であれば必要です。ベビーフードを入れる使い捨ての容器や、普段食べなれているスプーンなどは持ち込むようにしましょう。容器は機内で用意してくれる場合もありますし、頼めば温めてくれます。
・授乳用ケープ(授乳中の方):
飛行機内にはベビールームも授乳室もないので、座席で授乳しないといけません。周りから見えないようにするための目隠しアイテムを用意しましょう。
・スタイ・ガーゼ・タオル:
赤ちゃんのよだれを拭いたり、食事の時に口を拭いたりなどさまざまな場面で使えます。
・手口拭き(ウエットティッシュ等):
赤ちゃんの手や口を拭いたり、落としたおもちゃや口に入れそうなものを拭いたりするときに便利。
・予備の着替え:
うんちが漏れたり、ミルクを吐いてしまったなど、服を汚してしまった時のために予備の着替えはフライト時間に合わせて1~2セット入れておくとよいでしょう。また温度調整のための上着やブランケットなども準備しておくと安心です。
・おしゃぶり:
気圧の変化による耳抜き対策にも使えます。離着陸のときには、赤ちゃんにしゃぶってもらいましょう。
・チャイルドシート(別で席に座らせる場合):
0~2歳児を大人の人に膝の上ではなく、1つの座席に座らせる場合に必要となります。貸出を行っているところもあるので、確認してみましょう。
スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

【あれば便利!お役立ちアイテム】

jill111 / Pixabay

長時間のフライトは子どもにとって自由に動けないし、退屈な時間。飽きて当たり前ですから、あの手この手を考えておきましょう!
おもちゃ・絵本など:
お気に入りのおもちゃのほか、見たことがない新しいおもちゃなども持っていくと目がキラキラして長い時間興味をもってくれます。絵本も携帯用に小さいサイズのものがたくさん出ていますので一冊か二冊新調してあげると喜んでくれるかも。
1~2歳のお子さんは、折り紙、ぬり絵、お絵描きやシールブックなど、じっくり遊べるおもちゃを出してあげると長い時間もってくれます。狭い機内なので、音が鳴るおもちゃや落としたときにコロコロと転がってしまうおもちゃは避けたほうが懸命。投げてしまうこともあるので布製おもちゃもおススメですよ。
また小さい赤ちゃんはベビーカー用のおもちゃストラップがあると機内で落とさずに遊べます。ママバッグなどすぐに取り出せるところにつけておくと便利です。

スマートフォンやタブレット内の通信機なし動画アプリや写真・動画
nvtrlab / Pixabay

離着陸を除いて、電子機器OKになったら、iPadやパソコン、ポータブルDVDプレーヤーなどでお気に入りの幼児番組やアニメを見せてあげるのもひとつの手です。どの子どもも興味を持って静かに見てくれますよね。周りのことを考えて子どもが聞けるようなイヤホンも持っていくと良いでしょう。動画やアニメはあんまり…という方は自身で撮影した写真を見せるのもおススメ。帰りの機内ならば、旅行中に撮影した写真や動画を見せてあげると喜びますよ。

抱っこ紐・スリング
空港から飛行機内まで一貫して使える便利なアイテムです。普段から使い慣れているものを準備してください。

保温できる水筒
赤ちゃんのミルクを作る際に便利です。お湯の入ったものは持ち込めませんが、機内で客室乗務員に頼めばお湯を入れてくれます。

機内に乗り込む前のチャックポイント

100mlを超える液体は機内に持ち込めませんが、赤ちゃん用の飲み物は制限の対象外になります(制度は変わることがあるので事前確認してくださいね)。
飲み物を持って行かない場合は、手荷物検査が終わった後に購入するか、飛行機に乗ったらすぐにCAさんにお願いするのも良いでしょう。筆者が旅行したときは、普段使っているマグと子ども用の紙パックジュースを持っていきました。

機内に乗り込む前のちょっとした心得

・周りの人に気配りをする
赤ちゃんが泣くことは当然のことなのですが、様々な人が乗ってくる機内では泣き声がうるさいと思う人もいて当たり前。パパママが「赤ちゃんは泣くもの」と開き直ってしまうと、うるさいな~と思っている人は文句を言いたくなる気持ちにもなります。申し訳ない気持ちを持つことが大切ですね。

・フライト中もママパパは笑顔で
また、ぐずったときに早く落ち着かせようとお母さんが焦ってしまうと、その気持ちを察知して逆効果になってしまいます。みなさんご経験があるかと思いますが、そのときは一息ついてから落ち着いて笑顔で対応しましょう。
もし泣きだしてしまった時は、とにかく注意を引きつけるようにすることです!
音で落ち着かせるのもひとつの方法です。一歳未満の赤ちゃんですと、大好きなビニール袋を耳元でガサガサしたり、お顔にフッと息をかけたりするとビックリして泣き止んでくれたりします。

初フライト体験記&まとめ

lukasbieri / Pixabay

赤ちゃんにとっても、パパママにとっても気持ちよくフライトするためには、事前の準備が大切。私も初フライトの際は、乗る前に何度もシュミレーションを繰り返しました。
基本的には普段赤ちゃんとお出かけするセットがあれば大丈夫ですが、少し多めに持っていくと万が一の場合安心です。赤ちゃんを飽きさせないアイテムも準備するのを忘れずに。旅行のちょっと前にお気に入りのおもちゃを見つけておいたり、購入しておくと安心です。

私の我が子との初フライトの際は、とりあえず長い時間興味をもってくれそうなものを事前購入しておきました。
お気に入りの車のおもちゃ+事前調査してオススメされていたものをいくつか購入。パペットがついている手のひらサイズの絵本、百均で購入できるシールブック・おもちゃなど。

機内で座席に座った直後からぐずりだす我が子に、これでもかと言わんばかりに準備物を贈呈。(笑)
しかし絵本はもって10分、シールブックはまだ上手くシールをはがすことが出来ず、思い通りにならなくて叫ぶ、といった散々な結果でした。(旅行中の移動では活躍)結局お気に入りの車をにぎりしめ、飛行中ほとんどお菓子でモグモグしていることで静かになっていました。旅行中は…ということで大目にみましょうということで。
事前調査で一番「為になった~!」というのは、耳抜き情報。離陸着陸の際はみごとに機嫌がわるくなったので用意しておいたジュースで難を逃れました。

ポイントをおさえておくだけで、不安要素がだいぶ取り除かれます!行き先情報も含めて、赤ちゃんも旅行を楽しめるように事前リサーチで快適なフライトを満喫してくだ


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2990470111568965"
data-ad-slot="4289431136"
data-ad-format="auto">